ランプができるまで

Nijiiro Lamp の制作の様子 (ステンドグラス 作り方)
オリジナルステンドグラスの商品は、作家がひとつひとつ丁寧に心をこめて製作しています。

1.パターン制作
 
デザインや立体模型ができて、イメージが決まったら、
それをもとにパターンを作ります。
これが実際にカットするガラスの形になります。
パターンが決まったら必要な分だけ板ガラスをカットしていきます。
 
2.パターン写し
 
ガラスに、型紙を当て、サインペンなどでカットするラインを引いていきます。
ガラスには、色や模様、厚さ、作られた年代などによって、1枚1枚に特色があるため、
そうしたガラスの性質を考慮しながら、ガラスの使う部分を決めていきます。
 
3.ガラスカットⅠ
 
先ほど書いたカットラインに沿って、ガラスをカットしていきます。
ガラスカットには、オイルカッターやダイアモンドカッターを使います。
この時、紙をカッターで切るのとは違い、直線的なラインのカットは
比較的簡単にできますが、曲線を切るのには、経験と技術が必要です。
ある程度の力を押し当ててカットしていきます。
 
4.ガラスカットⅡ
 
ガラスの歯を当てたラインにカッティングオイルが広がり、
ガラスが割れやすくなります。
歯を当てたラインの裏側に、ガラスカッターの金の部分で、叩いて割りとります。
 
5.ガラスの成形Ⅰ
 
カットしただけのガラスはエッジが尖り、そのまま扱うのはとても危険です。
ルーターというグラインダーを使い、ガラスのエッジを削り、
ガラスの形をパターン通りに整えていきます。
 
6.ガラスの成形Ⅱ
 
ガラスはルーターという機械を使い、ダイヤモンド粒子のついた
刃で研磨していきます。
この時、ガラスとパターンを何度も合わせ、形を確認しながら、
カットラインが滑らかになるようにしていきます。
 
7.ガラスパーツの水洗い
 
成形されたガラスパーツは、研磨の際のガラスの粉や油分で、汚れています。
ガラスにやさしいスポンジタワシで洗い、汚れをしっかり洗い落とします。
この時、しっかり洗うことで、この後の銅テープを巻く作業の付きをよくします。

手順写真

手順写真

8.銅テープ巻きⅠ
 
ガラスピースの側面に銅テープの幅が表と裏に均等に出るように
丁寧に折り込みながら巻きつけます。
 
9.銅テープ巻きⅡ
 
ガラスによって厚みや模様も違います。
銅テープの幅をどれくらい出したいか考えて、銅テープの幅も変えています。
テープの粘着面に指先が触れないように、注意しながら巻いていきます。
 
10.銅テープを押さえる
 
張り付けた銅テープを、ヘラを使ってしっかりと押さえ、
フラックスや水分などが入らないようにしっかり密着させます。
この時、巻いたテープが破れないように、
しわが伸びるように注意しながら押さえていきます。
 
11.全体の構成チェック
 
銅テープを巻いたガラスパーツをデザイン画の上に並べ、全体の色や模様、
形などをチェックします。この段階で完成イメージを固めます。
ここで、イメージと違うピースがある場合は、何度もイメー通りになるように、
ガラスピースを入れ替えます。
ここがNijiiro Lamp が1番こだわっているところです!
 
12.ハンダ付け
 
銅テープの部分にフラックスを塗ります。
ハンダゴテにハンダを少しとり銅テープ全体にのばしていきます

裏面も同じ作業をします。
 
13.洗浄
 
先ほど塗ったペースト(フラックス)、手あか、油分などの汚れを、
しっかり中性洗剤とタワシを使って、洗い流します。

14.ハンダの染色Ⅰ
 
Nijiiro Lamp では、よりランプに深みと味わいを出すために、
染色をしています。
 
15.ハンダの染色Ⅱ
 
パティーナという薬剤をスポンジに含ませ、
ハンダや銅線の表面を擦りつけるように染めていきます。
パティーナにもブラックやアンティークなどの色があり、
ガラスやデザイン、もしくはお客様のご要望に応じてパティーナの色は決めています。
 
16.洗浄
 
パティーナをスポンジでやさしく、よく洗い流します。
 
17.クリーニング
 
水洗い後、クリーニング剤を使い、パティーナや汚れ、
ガラスのくもり等を手作業で丁寧に落としていきます。
ここで専用のタワシで磨くことにより、ハンダの部分にもツヤが出てきます。
また、Nijiiro Lamp では、ここで特別なオイルを施しています。
 
18.フレームへの取り付け作業
 
ペンダントランプ、テーブルランプなど、
それぞれのフレームに取り付け作業をします。
ランプにあったフレームがないモノはオリジナルフレームから
作っているものもあります。
 
19.ラストチェック
 
出来上がったランプには、電球をつけ、灯りをともして最終チェックします。
灯りはつくか、ガラスにヒビ等は入っていないか等、
お客様の視線に立って確認し、完成となります。

手順写真