嫁が変われば旦那も変わる?!山田家の夫婦の話①

おはようございます。

先週の日曜日、夫婦でトークセッションに行った日のことです。

とても驚くことがありました。

 

 

旦那さんが、

 

 

「久しぶりにさ、また脱ワンワールドやろっか!」

 

 

と家族に呼びかけたからです。

 

 

 

とても驚きです(笑)

 

 

 

こんな話を書いていると、”とてもよくできた旦那さんでよかったね”なんて思っている方もみえるかもしれませんが、実はそんなできた旦那さんではありませんでした。

と言ったら、旦那さんに怒られますかね。(爆)

ごめんなさい。

 

 

 

でも、私たち夫婦は、今だから言えることですが、本当にヤバイ時期がありました。

 

 

結婚して当初は、お互いにあらわにしていなかった部分が見えたり、お互いに

 

”何でこうしてくれないの?”

”何で気づかないかな”

”何でわかってくれないの!”

”どうして今、それする?”

 

なんてことが互いにあるものの、お互い時間的余裕も、体力的余裕もあったので、寛容に受け止めることができたものです。

 

 

しかし、子どもが一人生まれ、二人生まれた頃には、お互いにそんな余裕もなくなりました。

 

 

 

結婚前から元々おっちょこちょいの嫁のやることは、結婚前ならかわいいと思えたことだとしても、

結婚してからの生活の中では、ただの有りえないことをする面倒くさい嫁。

 

おまけに、結婚前には当たり前にやっていた家事が回っていない。

疲れて帰って来ているのに、家の中はぐちゃぐちゃ。

 

 

次第に洗濯物を雨で濡らしたり、当時我が家は旦那さんの職場の夕食時間に合わせて5時過ぎに夕食を摂っていたんだけれども、5時半にハンバーグをこねていて怒鳴られるなんてことが増えていきました。

 

 

我が家の旦那さんの仕事は、いつも24時間拘束で、夜も仮眠が取れないこともしばしばあるし、その後さらに残業ということも度々ありました。

だから当時の私は、

 

”旦那さんの機嫌が悪いのはしょうがないことだ。

私が我慢すればいいんだ。”

 

そう思っていました。

 

 

それに今でもときどき見聞きしますが、当時私が情報として持っていた夫婦円満の秘訣はこうでした。

 

 

・思いやりを持つ

・「ありがとう」と感謝する

・旦那さんを立てる

・旦那さんを大事にする

・家事を完璧にこなす

・美味しい料理を作る

 

 

というわけで、私はどんどん、どんどん自分の思いを言葉にすることをやめ、ひたすら

 

「ごめん、ごめん」

「ありがとう」

「はい、わかった」

 

 

を繰り返していくようになりました。

 

 

そしてその結果、私たち夫婦はどうなったかというと、

 

 

 

 

 

⇨ つづく

 

 

 

 

 

 


テスト終わりの楽しみのために

おはようございます。

今日は中2長男テスト最終日!

 

 

朝から何やら動き出した。

 

 

何年振りに見ただろうか!

てるてる坊主作ってる(笑)

そういえば長男、テスト終わりの貴重な部活のない半日休みに、友達と遊びに行くの楽しみにしてたな。

 

 

かわいい(笑)

 

 

 

雨、夕方までもつといいね!

 

 

 


“家族ではぐくむ 未来を生きる力”トークセッション

こんばんは。

今日はお昼から旦那さんと一緒にお隣豊田市へ行って来ました。

 

 

柴田朋子さんと三谷宏治さんのトークセッション、もうおもしろくないわけがない。

 

 

 

一応旦那さんにも報告。

「父ちゃんも行けるけど、行くか行かないかは自分で決めてね。」

って言うと、

 

 

「ん〜、よしっ!行く」って(笑)

 

 

子ども達はそれぞれに、父ちゃんと母ちゃんは二人揃って豊田へ行くことにしました。

 

 

 

我が家は、只今中2長男が反抗期真っ只中。

 

 

最近は夫婦であ〜でもない、こうでもないと、長男の考えていることを想像してみたり、子育ての方法を相談して挑んでみたりと、試行錯誤を繰り返す日々。

それでも何か悶々としていて、突破口を見出したい。

もう一度原点に戻って確かめたい。

という思いから、私は今日参加することを決めました。

 

 

 

参加して、本当に良かった。

 

 

 

三谷さんのお話を初めて聞いて、7年。

その間にも何度かお話を伺ってきましたが、毎回心に突き刺さる部分は違います。

 

 

反抗期の息子をきっかけに来た私でしたが、今日私の心にグサッと来たのは、

「人と違うことをする」

「ほめるも叱るも相手に響かなければ意味がない」

 

 

 

普段から、みんなが右を向いていても、本当に心から右、と思わないと右を向けない私は、ここ最近そんな自分と向き合うことが続きました。

そんな中で聞いた、三谷さんや柴田さんのお話は、今の私の生きる力になりました。

 

 

 

そして、旦那さんはというと、初めは若干反り返りぎみに聞いているなぁと思っていたら、だんだん上半身が前に、前に(笑)

最後の三谷さんの長女さんの話になると、前のイスにぶつかるんじゃないかというほど前のめりになって「うんうん」頷いていました。

 

 

 

帰りの車の中で、旦那さんに心に響いた言葉を聞いてみると、三谷さんの

「学歴と幸せはイコールではない」

だったそうです。

 

 

そして柴田朋子さん三谷さんとのトークセッション、やっぱりおもしろかった。

私に初めて三谷さんの本を紹介してくださったのが柴田朋子さん。

あれから自分の子育てに自信が持てるようになったし、その先の子育ても、三谷さんや柴田さんの経験談や失敗談が自分の子育ての礎となりました。

そして子育て以外にも、私自身の人生において、お二人から学ばせていただいたことは、今でも自分の指針となっています。

 

 

 

まだまだたくさんいいお話はありましたが、今日来られなかった方にも、すっごくいいモノがあります!

 

 

それがコレ!

三谷宏治さんの新刊「戦略子育て」

6月28日発売ですが、もうすでにアマゾンで購入できるそうです ⇩

 

「戦略子育て」

 

 

 

そして僭越ながら、男の子の事例として我が家のエピソードも載せていただきました。

 

 

うわっ!

目次だけ読んでるだけでも引き込まれる(笑)

早く読みたい!!

 

 

個人的にはこの挿し絵とこのコミュニケーションの違いを指した言葉も100回頷く(笑)

 

 

みなさんも是非、手にとってご覧くださいね。

 


新作ペンダントランプ「ストライプ クリア」できました!

こんばんは。

今日は6月の新作ランプをご紹介します。

「ペンダントランプ ストライプ クリア」です。

 

 

 

 

昼間は初夏の日差しを浴びて、キラキラとみずみずしく輝き、

 

 

 

 

 

 

夜は、夜風を浴びながらゆるりとステンドグラスのほんのりとした灯りを眺めて楽しむ。

 

 

 

そんな暮らしのひとときを楽しむランプ、作りました。

 

 

 

ぜひ、オンラインショップでごゆるりとご覧ください。

詳細はこちら⇩

「ペンダントランプ ストライプ クリア」

 


生徒さんの作品!

こんにちは。

今日はステンドグラス教室の生徒さんの作品をご紹介します。

 

 

瀬戸市にお住いの森さんの作品です。

今日は、生徒さんに許可をいただいて、お名前も公表させていただいております。

お母さまからのご依頼で、色選びから、ガラス選びと、こだわり抜いて作られたオーナメントです。

色鮮やかな黄色、緑、赤が映えるとても素敵な作品に仕上がりました。

 

 

ステンドグラスは、実はハンダの盛りが腕の見せ所です。

こちらのオーナメントは、そのハンダがとてもキレイに盛られています。

ハンダは程よい量で盛られると、線が細く見えます。

ハンダが少ないと、強度も弱く、ガラスとガラスの継ぎ目が生々しくさらけ出します。

また、ハンダが多過ぎると、それはそれで線が太く野暮ったくなり、必要以上に重い作品になってしまいます。

こちらの作品は、その強弱で、より優雅で迫力ある作品に仕上がりました。

 

 

ハンダの盛りや強弱で作品の雰囲気も変わるので、ステンドグラス作品に出会った時には、是非そこのところも見てみてくださいね!

 

 

 

また、ガラスカットの中でも”えぐる”カットはとても難しいのですが、森さんのこちらの作品、えぐってえぐってえぐってと、えぐりカットを重ねることにも挑戦しました。

こちらのオーナメントを作ることで、いくつもの挑戦を乗り越え、着実に腕を上げられました。

 

 

こちらの作品、しばらくはこのままオーナメントとして楽しまれるそうです。

そして、”ランプにしたくなった時には、ランプにしようね!”と森さんと相談しています。

 

 

 

 

 

 


怪しいものではありません!

こんばんは。

今日は小6次男の夕食当番です。

「今月は6回やる!」

と気合の入る次男。

 

 

 

6月1回目の当番では、カレーを作ってくれました。

 

 

「お米をカップで測る時は、い〜ち、に〜ってこれからは声に出して数えることにしよう。」

とな。

夕食当番やっていくうちに、自分でルールを作っていくのがおもしろい。

 

 

 

今日は、ホワイトシチューのよう。

突然、「これいいでしょ!」

って現れた次男(笑)

 

 

考えたな!(爆)

 

 

母ちゃんが子どもたちのお言葉に甘えて、お風呂から出てくると、次男が夕食を全部準備してくれてました。

 

 

自分で作ると、よく食べる!(笑)

ごちそうさまでした。