初セリを喰らう!

こんばんは。

私ごとですが、今日から実父が入院することになりまして、今朝から、

ランプの発送、
ワンコの散歩、
病院2往復、
ステンドグラス教室のレッスン、
長男の塾の送迎2往復

と、まぁよくがんばりました。

↑ と自画自賛   ( ̄∇ ̄);

 

 

そんな母を横目に、息子たちはとってもマイペース。

今日も、ワンコの散歩に行ったと思ったら、なかなか帰ってこない。

 

 

“う〜ん、念入りに散歩行ってくれとるの〜!”

と思ったら、

なんか袋持って帰って来ました。

 

 

「母ちゃ〜ん!セリ採ってきたよ〜!!」って、

なんて楽しげな小6と小4の2人なんだ(笑)

 

 

そして2人揃って、何も言わずとも、食べれるところと食べれないところを見極め、水洗いし、電子レンジでチン!

もちろん母は何もしませぬ。

 

 

そして数分………、

 

 

マヨネーズ醤油と、生姜醤油をスタンバイして、

「母ちゃんも食べていいよ!」

っと言っていただきました。

 

 

母ちゃんも初セリ、頂きました。

とってもおいしかったです!

 

 

 

少々おじいちゃんみたいな趣味ですが(笑)、これから春はしばらく、毎日こんな自然が我が家の食卓には並びます。

 

 

 

ええ、きっと、彼らは母ちゃんと父ちゃんが死んでも、とりあえず1週間程度は生きぬくであろうと思う母でした。


ここ掘れワンワン♪

こんにちは。

先日次男が仰天告白をしたので、Facebookにちょこっと投稿しました。

それがこれ  ↓

 

 

 

小4次男が突然、「去年の春、庭に500円埋めたんだけど、場所を書いた地図を失くしてどこに埋めたかわからんくなった〜!」と言ってきた。
えっ?
犬かっ!(笑)

 

 

 

実はこの投稿には続きがありまして、昨日次男がなくした地図を隠した場所を思い出したそうなんです。

隠したところは、粘土箱の中。

急ぎ確認したところ、無事地図が見つかりました!

 

その地図がこちら。

 

 

えっ?

これ地図なん?!(笑)
「見つかったーっ」てとっても嬉しそうだったけど、次男も自ら書いた地図の解読に苦戦。

おもしろがって、兄ちゃんと父ちゃんも解読に参加してきました。

そして、数分後…。

 

 

「わかったー!」と家を飛び出て行きました。
そしてまた数分後、次男がニコニコで帰ってきました。

 

 

「500円、あったよ〜!」

って。

よかったね。

 

 

あながち間違いでもなかったんだね!

犬的隠し技(笑)


家族会議「ゲーム!」

こんばんは。

最近我が家、毎晩のように家族会議をしてます。

議題は「ゲーム!」
初めは何もなかったルールですが、家族の誰かが嫌な気分になったり、希望がでると、家族会議の議題になり、その度に話し合い、ルールが増えてきました。

つい数週間前、ついに父ちゃんから

「ゲームをやると、機嫌が悪くなって、喧嘩したり、周りに八つ当たりして、みんながイライラするからもう〜ヤダ!」

という意見が出ました。

「だからイライラして八つ当たりしたり、機嫌が悪くなったり、喧嘩になったらゲームは翌月は禁止な!」と父ちゃん。

意外にも可決で(3人賛成したら我が家はルール化)、それが我が家のルールになりました。

翌日、次男はゲームで負けたのか、うまくいかなかったのか、やはりとても機嫌が悪くなりました。

その夜のこと、「ということで、来月はゲーム禁止な」と父ちゃん。

すると次男が、考えて考えて考えて言いました。

「ねぇ、1週間、1週間ゲームなしで生活してみて、もっと機嫌が悪くなったら、ゲームまたできることにしない?」

と真面目な顔して言う。

…………………えっ?!

えええっー?!

と頭の中を整理する3人(父ちゃん、母ちゃん、長男)

「そりゃあかんでしょう!」(笑)

「それはないわー!!」

と3人大爆笑!!

長男「そんなんわざと1週間機嫌悪くしたらゲームできるやん!」

次男「あっ、そっか!(笑)」
と納得する次男。

我が家って、いつもこんな感じ(笑)

子育てって、命令しちゃいけないとか、あれ言っちゃいけないとか、これ言っちゃいけないとか、考え出したら難しい。

でも、「私はこう思う。」とか「私はこう感じる」とかは、言っていいんじゃないかな。

我が家の父ちゃん、昔からよくいるなかなかに自己中な命令形が多い父ちゃんデス(笑)

(→が、時々機嫌がいいとめちゃくちゃイイ父ちゃん)

でも社会に出たらそんな上司、わんさかいます!

なので、父ちゃんは父ちゃんの言いたいように言う。

母ちゃんが違う意見なら母ちゃんは「いや、母ちゃんはこう思う」と言う。

子ども達も自分が違う意見なら、相手が父ちゃんだろうと、母ちゃんだろうと、学校の先生だろうと自分の考えを言う。

学校では「退場!」と言われることもあるらしいが(笑)、きっとまずは自分の考えを話すことからだなって思う。

自分の考えを話せて、相手にちゃんと聞いてもらえたら、相手の違う意見もちゃんと聞けるようになるんだよなぁって思う。

「へぇ〜、そんな考え方もあるんか」とか、「そう言われてみると、全然違う風に見えるなぁ」と思えるようになるには、まずは自分の考えを言えて、それを相手が聞いてくれてから、そこからがスタートなんだよなぁ〜って子どもたち見てるとそう思う。

家族会議でね、時々次男が話してる途中で、長男や父ちゃんが話を短く切ったり、話をかぶせようとすると(次男はまだ話を簡潔にまとめられないから長い)、次男はもうそれだけで話す気がなくなるし、人の意見や話を聞かなくなるんです。

「それはいかんね」って、「人が話してる時は最後まで待とうね」って父ちゃんや長男と約束してからというもの、次男も遠慮することなく自分の考えを話すようになりました。

家族会議って、我が家にとっては家族のルールを決める場だけじゃないんです。

自分の考えを聞いてもらう場でもあるし、人の考えを聞く場でもあり、そして、みんなにとっての大切なもの、ベストな方法を考える時間でもあるんです。

我が家の家族会議、お次の議題はなんじゃろね〜。


どんなお味?!

こんばんわ。

最近ブログを書けないのはなぜだ?
それは………、文章が長いからだ!!

と発見してまいました(笑)

短いのはFacebookに投稿しやすいので、ついついFacebookの投稿記事の方が増えちゃうんですよね。
ということで、今日は短いのをブログへ。

今日はスーパーの魚屋さんでおもしろいものを発見しました。

「はしきめん」のお刺身。

我が家の小6長男、大の魚好きなんです。

2歳くらいの時からでっかい魚図鑑をず〜っと読んでいて、保育園の頃は「お魚博士」的な存在でした。

そしてもちろん、「さかなクン」は憧れの人でした。

(しかし絵を描くのが苦手なので、さかなクンのようになろうとは思っていないらしい)

なので、我が家は魚屋さんで変わった魚がお値打ちに売られているのを見かけたら、ついつい買ってしまいます。

というわけで、今日も「はしきんめ」、買ってきました!

長男によると、「はしきんめ」は深海魚だそうで、なかなか美味なのだとか。

知られてないからか、お店には激安なのにたくさんの「はしきんめ」が残ってました。

で、家族でドキドキしながら食べてみたら、なんと、

「うま〜い!」とか「アジみたい!」と大評判!

わさび醤油で食べましたが、長男曰く、

「これはゆずポンで食べたら絶対おいしい!食べてみて」

とゆずポン持ってきはりました。

うんうん、確かにおいしかった!
ゆずの香りがちょっと高級感感じるは〜。
料亭の味やな。って、料亭行ったことないけど(笑)

みなさんも是非、「はしきんめ」みたら挑戦してみてくださいね!


「結果を急がないこと・信じて待つこと」が教えてくれたもの

こんばんわ。

今日は、高学年になったムスコ達の個人懇談でした。

 

 

小6の長男は小学校最後の個人懇談です。

5年前「肝っ玉母ちゃんになるぞー!」って誓ったあの日から、もう5年も経ってるなんて、ホントびっくりです(笑)

 

そんな5年前のブログはこちら↓

肝っ玉母さんになると決めた日!

 

 

さて、最初の個人懇談は小4次男から。

次男はこの半年間で物凄く変わりました。

 

 

昨年の"高田純次もびっくりポンなテキトーっぷり”覚えてますか?!

時には帽子を6つほど体にぶら下げて帰ってきて、給食袋は5つほどまとめて持ち帰り、忘れ物は多いわ、字は汚いわな低学年時代(笑)

まあ、お兄ちゃん(長男)もそうでしたが(笑)

 

 

そんな次男がね、今年はびっくりですよ。

・忘れ物をしなくなった

・字を丁寧に書くようになった

・周りや全体の状況をよくと見て、動いたり発言している

・みんなとはちょっと違う視点で、みんなが気がつかないことに気づいて声をかけてくれる

・「誰か手伝って」と言うと1番に動いてくれる

・放課のトラブルを教室に持ち込まなくなった

・率先して手を挙げ、自分の意見をちゃんと言う

・ひとつの単元の中で何かにつまずいても、ちゃんとその単元の中で理解し、克服している

 

 

などなどとにかくめちゃくちゃ褒めて頂いてビックリポンです!

1年前の次男のテキトーっぷりを振り返りながら、先生と今年の変わりようをお話しました。

 

 

実はね、次男は4年生になって初めは、厳しい今の担任の先生が苦手だったんです。

でも先生は、次男が言われたことを直したり、努力したりして行く過程で、ちゃんと見てほめてくださったんです。

そこが次男の自信になり次男は、誰かが見ていなくても、自分が正しいと思うことをするようになっていきました。

そしてある時こういったんです。

 

 

「母ちゃん、次男、先生のこと嫌いだと思ってたけど、それは次男がグチャグチャの字でノート書いたり、忘れ物したりしてたからなんだなってわかった。

次男が、ちゃんとキレイな字で書いたり、先生の手伝いしたりすると先生は次男のことすごくほめてくれるんだって〜。

だから自分次第なんだなってことがわかった。

だから今は〇〇先生で本当に良かったって思うよ」
って、母ちゃんもビックリな大人の発言で、こんな風に子どもの心に火をつけてくれる先生は素敵だなって思ったのでした。

 

 

そして長男はというと、こちらもビックリ!

「長男くん、いいですよ〜。」と始まり、

 

・友達ともいい感じ

・学校生活を楽しんでいる

・周りの状況を見て自分を出すところ、抑えるところ、引くところを考えている

・引きずらないし、割り切りが早い

・最近先生のところにも色々話をしに来てくれる

・授業中も挙手をして色々意見を言う

・今年になって自信がついたのか、イキイキしている

 

 

まぁ、長男は、体操服を毎回次男に借りて来ているとか、そんなこともあるけれど、先生も2年目にして長男のキャラがわかったのか、そういうところも笑って受け止めてくださるようになったんだなぁ〜と感じました。

 

 

 

というわけで、2人の個人懇談、とてもいいお話を聞くことができました。(笑)

なんかね、今日だけのブログ読んだらね、「そりゃあんたのところはいいわさ。」ってムスコの自慢話で終わるようにみえるけどね、ブログを長いこと読んでくださってる方には伝わるかしらん?

いろんな時期を乗り越えて、の今日、今なんです。

時々ね、私、お会いした方にこんなことを言われることがあるんです。

「ブログ読んでます。

子育て真似したいけど、担任の先生に叱られてやめました」とか、

「宿題ほっといても全然やらないから、やっぱり挫折しました。」とかね。

わかります。

わかりますよ〜。

見えないですもんね。

今、この目の前にいるこの子が、どうな風に育つかって。

 

 

でもね、子ども達って、本当はスゴイんですよ。

何にも考えていないようで(笑)、めちゃくちゃ考えてる。

 

 

 

これは昔の話になりますが、私は昔保育士をしていました。

年少さん(3歳児)を持った時のことです。

 

気の利く保育士はおやつの時間にお菓子の袋を全部一気にダーッと開いて子ども達にお菓子を配り「頂きます」をしていました。
でも私はお菓子をそのまま配り「頂きます」をしていました。

 

 

するとね、

 

ハサミを持って来てお菓子の袋を開ける子

歯でお菓子の袋をちぎって開ける子

「先生〜、お菓子あけて〜!」って言う子

黙〜って、ただただ黙〜ってずっと座っている子

そして、その黙ってる子の様子に気づいて「先生〜〇〇ちゃんがお菓子あけれないって〜」っていう子

「〇〇ちゃん、お菓子あけてあげよっか?」って話しかけてる子

とまあ、みんなそれぞれが自分で考えて、一生懸命おやつを食べようとするんです。

 

 

そして、ずっと黙ってた子も、私が近くに行って

「どうしたの?」というと、

「お菓子があかない」と言います。

ちょっぴし意地悪な私が、「あら?あかないの?どうしよう?」って言うと

「あけて」って自分でちゃんと伝えてくれました。

 

 

そして翌週にはだいたい「誰か、あけて〜」って言ったり、馬力で開けられるようになってて私はもう用無しです(笑)

 

 

子どもって、すごくないですか?

本当は、考える力も、乗り越える力もきっと持ってるんです。

でも大人が大人のタイミングで、ついつい結果を急いでしまうんですよね。

子どもにもそれぞれのタイミングがあるのに。

 

 

そして子どもを信じて待つことよりも、自分がダメ母だと押印されるのが嫌で、ついつい言っちゃいますよね。

わかる!

わかりますよ!

なので私もそんな時は自分に問いかけています。

 

 

誰のための子育てなの?

私は、何を大切にしたいの?

結果って、すぐに出さなきゃダメなの?

 

迷った時は、ここを振り返るようにしています。
我が家のムスコ達もきっとこれからだってまだまだ紆余曲折あるでしょう(笑)

いや、ある!

絶対ある!

 

 

でも、やっぱり親が大切にしていることを、ちゃんと子ども達に伝えようと努めれば、それはちゃ〜んと時間をかけて伝わっていくんだなって思います。

 

 

「結果を急がないこと、信じて待つこと」は、子ども達がたくさんのことを私に教えてくれました。

 

 

 

 

ちなみに私が子ども達に伝えたいことの参考文献はこちらデス↓

 

お手伝い至上主義! ―「自分で決めてできる」子どもが育つ

ぼくに7つの習慣を教えてよ!

 

 


お散歩当番!

おはようございます。秋空ですね。瀬戸のお空は今日もとってもキレイです。


我が家は日の長い夏時間は子どもたちが、日の短い秋冬は大人が朝のワンコのお散歩当番!

なので今月10月からは大人が担当しています。


そして当番変わって気付くこと、たかが犬の散歩ですがたくさんあります。それはみなさんが声をかけてくれるから。

「ああ、いつも男の子が散歩してるワンチャンダネ?!おとなしい子だねぇ」とか

「この前さ、ボクたちが柿を採ろうとしててね。(野生の柿)危ないからとってあげたよ〜」とか

「毎朝、ボクたち2人で散歩してエライねぇ!」とか
地域のみなさんが子どもたちを知っててくれて、見守ってくださってるのがよくわかる。そして、子どもたちも、無愛想に散歩してるんじゃなくて、色んな人と関わり、話をして、コミュニケーションをとっているんだなと。
この2年半、ワンコさんが来て、大変なことがいっぱいあって、きっとこれからも、まだまだたくさんあるけれど、我が家はワンコさんに成長させてもらってるんだなと、散歩しながら思う朝!
さて、今日も1日がんばりましょ♪


りんごと読書会

こんばんは。

今朝は「りんごの皮は剥かなくていい」と無愛想に言った長男が、黙ってりんごの皮を剥き出しました。

 

“なんだ、何か気にくわないところがあったのか”と思ったら、

 

振り返りざまに…

 

 

「うさぎ…」   って、
 

(笑)

 

 
えっ?!

 

 

なんや、可愛いやないの!

そういえば長男の、初うさぎやないの!

 

 

というわけで、記念写真、撮ってみました。

 

 

これまた、そこは嫌がらないけどこの顔(笑)

思春期?!反抗期?!

よ〜わからんけど、このツンデレが現在の母の笑いのツボです。

 

 

 

さて、話は変わりまして、今朝は少し早起きして、チビども起きる前にひと仕事して、久々の「7つの習慣読書会@瀬戸」に行ってきました。

 

今日の宿題は、「第5の習慣 理解してから理解される」。

ここは本当に家庭においても、親子の関係においても、ママ友でも、仕事の人間関係においても、あいたたた事件が多発する場面(笑)

 

 

ついついやってしまう自分の自叙伝。

 

 

そこ、一度棚上げして、誠意をもって相手を理解する努力をしてみるといいのだそう。

 

 

私もかなりあいたたたな自分を、顧りみましたが、ここは反省する場所というよりは、これからをどうするかが大事なのだと思っています。

ここでは、「まず相手を理解するように努め、その後で、自分を理解してもらうようにしなさい」ということ、理解する努力によって自ら学ぶことについて書かれていました。

 

 

これ、本当に大事。

 

 

1年前、「読書会@日進」で学んでからというもの、我が家も随分夫婦関係がかわったと思います。

 

 

写真はいつもながら、私の顔は切れてますが、今日も素敵な学びの時間をご一緒くださったみなさま、どうもありがとうございました。


3連休!

こんばんは。

今週は3連休!

みなさんはいかがかお過ごしでしたか?

私は土曜は1日ステンドグラス教室、日曜は早朝から地域の敬老会スタッフ、今日は大掃除でした。
敬老会へ出席するのは、小学校の時の代表の作文以来 ♪

どこに行っても知らない人によく話しかけられるタイプの私。

敬老会でもおじいさんの修学旅行や校歌の話を永遠に聴く(笑)

どんなに歳が離れていても、同じ学校を卒業したという共通の繋がりは、心の扉を開くものなんですね。

昔懐かしい地域のおじさんや、友達のお父さんもお見えになってくださって、なんだか嬉しい時間になりました。

そして、今日から我が家は2016年度の大掃除開始!

そう!

我が家は、旦那はんの仕事情、年末年始の休みは特にないので、週末に全員揃って一緒に過ごすのは、ほぼ月1か多くて2回。

なので、秋頃から年末に向けて大掃除に入ります。

今日は、まずは全員揃って家族会議から。

誰がどこの担当をするかを、挙手制で決めました。

そしてまずは雨上がりのチャンスを利用して、本日は庭の草狩りから。


始めは気合たっぷり ♪

そして時々脱線…   (^_^;)

そして1時間程働くと、そろそろ飽きてきましたわ。

おチビさんたちはそれぞれの担当部署へ移動。
長男はオーブンの掃除、次男は本棚の掃除へと移って行きました。

大掃除、家族みんなのみんなごと

我が家のルールは今年も引き続き実行中です。


我が家の夏休み2016 ②

おはようございます。

昨日から小学校の給食が始まり、次男が「2学期の目標は字を丁寧に書くこと」と言いながら宿題をやる姿に、成長を感じる今日この頃。

先日、夏休み最終日の夜8時に、「思い出の絵、何描けばいいのかわからな〜い」と大泣きしていた次男とは思えません(笑)

 

 

さて、今日は昨日のブログの続きです。

ムスコ二人で参加したオーストラリア遠征は、二人ともそれぞれにいろんな経験をしてきたようです。

 

 

小6長男は、行きの飛行機で3度吐き、高所恐怖症であるものの、世界遺産の山登りに参加し、飲食の無駄遣いをできるだけ削って、お土産をスーツケースにいっぱい買って帰ってきました。

そのお土産がコレ。

 

 

インスタントコーヒー ♬

突っ込みどころ満載!

我が家ではあまりコーヒーを飲まないので、きっとこれが日本のスーパーに売られていることは知らなかったんでしょうね(笑)

 

 

そして小4次男の波乱は、ホームステイ先から始まったようです。

なんと、2人で行くはずだったホームステイ先へ、急遽1人で行くことになったのだとか。

おまけに夕食がニンジンとグリンピースだけ出てきて、びっくりしたそうな。

もしかしたら、その前に何か会話があったのかもしれませんが、全くしゃべることができず、母ちゃんのご飯がいかに美味しいかわかったそう(笑)

うんうん、それもいい経験だ!

 

 

そして帰りの機内では、「ビーフ」とCAさんに伝えたのに、次男だけ機内食がいっこうに届かず、我慢に我慢を重ねた結果、「僕だけご飯が届いてません」と言ったそうな。

もちろん、その後、ちゃんと機内食はきたそうです。

そうよね。

言わなきゃ伝わらないことってたくさんあるよね。

その後、次男はお金を飲食に使いまくり、兄とは逆に、お土産を節約。

 

 

兄弟二人、全く別の行動、お金の使い方をしてきた二人でした。

 

 

何はともあれ、まずは無事二人が帰宅してくれたことに感謝です。

そして、支えてくださった指導員の先生方や、オーストラリアでお世話をしてくださった方々に本当に心から感謝ですね。

どうもありがとうございました。

 

 

親から離れ、頼れる大人やお兄ちゃんはいたものの、きっと自分で考え、決めて、行動する1週間だったと思います。

そして、親ではない大人からの教えや、自分よりちょっと先輩のお兄ちゃん達からの学び、それから全く違う文化の国の方々に触れ、いろんなことを知り、感じた1週間だったことでしょう。

これからそんな経験が、少しづつムスコ達の血となり肉となることを楽しみにしたいと思います。

ありがとうございました。


我が家の夏休み2016 ①

おはようございます。

久々の投稿となってしまいました。

 

ようやく長かった夏休みが終わりましたね!

みなさまはいかがお過ごしでしたか?
我が家はこの夏休み、いろんな事が起こりました。

昨日からようやく、夏休みモードから脱出した母デス(笑)

 

さて我が家の夏休みのできごとを少し、振り返ってみたいと思います。

 

 

7月、6年生長男は友人宅へお泊まり会。

 

そして昨年度、当日の朝、高熱で行けなくなってしまったバスツアーへ、友達と参加しました。

今年度は、色々予定が重なって、「我が家にはもう予算なし」とバスツアーの参加費は出せないと伝えたところ、ここ数ヶ月間、お小遣いを貯め始めました。

週末になるとジシ・ババに電話しては、庭の木を切りに行ったり、物置の片付けを手伝ったり、私の実母が腕を壊した時などは、父の送迎時の車椅子の上げ下げを手伝ったりして、バスツアーの参加費を貯めたのでした。

あっ、もちろん母からは祖母に、「しっかり働かないのに、やすやすとお小遣いは渡さないで」と念押ししておりました(笑)

 

 

そして8月、ムスコら2人は瀬戸ラグビースクール30周年記念で、オーストラリアの海外遠征へ行きました。

親としては正直、お金もたくさんかかるし、特に次男は大丈夫なのかと、夫婦で散々参加させるか迷い、話し合いました。

その結果、

①海外遠征の話が出てから出発まで1年という準備期間があったこと

②一緒に参加くださる瀬戸ラグのコーチ陣が、しっかりと信念や理念を持ってる方が多く、とても信頼でき、安心して預けることができたこと

③夫婦で話し合った結果、「限りあるお金の中で、我が家が何にお金をかけるか選ぶとしたら、それは子ども達の経験にかけよう」という想いが重なったこと

などから、海外遠征へ送り出すことにしました。

 

img_4194.jpg

 

こちらはオーストラリアからfacebookに投稿された写真です。

 

私たち夫婦は、1週間、ムスコらのいない生活を満喫する、予定でした。

 

 

が、しかしここでなんと、旦那はんが原因不明の病気にかかる!

 

 

原因不明だから皮膚科に行ったり、整形に行ったり。

あっちの薬もこっちの薬も効かずで、なかなか良くならず。

「満喫」ではなく、結局、点滴の送り迎えや、家事と仕事と社協と実家の手助けに奮闘することになったのでした(笑)

 

 

幸いなことに、旦那はんの病気も病名もその後わかり改善に向かいました。

そして、あっという間にムスコら帰宅!

 

 

波瀾万丈のオーストラリア遠征だったようですが、その話は次のブログで。
今日も素敵な一日を  ♪


1 / 2512345...1020...最後 »