2018年、家族会議その2

こんばんは。

早々ですが、2018年、家族会議の続きです。

ひとつ前のブログはコチラ↓

2018年、第1回家族会議その1

 

 

でゲームをできるようにしたい次男が提示してきた提案書がこれでした ↓

 

 

次男がゆっくり全てを読み上げると、早々長男から物言いが付きました(笑)

 

長男、

「火曜日と木曜日は最初にやらないって言ってるのにさ、また火・木は3DSを持って行かないとかさ、友達が来たときは火・木はやったらダメとかさ、言ってることが矛盾してるんだって。

それにこれ『預金』じゃないだろ!貯金だろ!」

 

母、

「矛盾してるとは、よく出てきたもんだ!

長男よくそんな言葉知ってたね(笑)

確かに、何度も火・木の話がでてきてよくわからないから、もう少しわかりやすく整理して再度提案を願いたい!」

 

次男、

「矛盾ってどういう意味?」

 

父、

「辞書で調べなさい。」

 

次男、

「わかった!じゃあもう一度、書き直します!」

そして、翌日提示されたものがこれです ↓

 

 

それにしても、誰も何もルールについては触れていないのに、以前みんなで作ったルールを破ってしまったからか、甘いルールだと賛成を得ることができないと思ったか、かなり厳しいルールを自分に課している(笑)

 

 

 

ついに、3人以上の賛成可決で、後日3DSは購入されました。

 

 

 

が、なんと!

買えたのは、本体と充電器のみ(笑)

ゲームソフトは予算がなく買えなかったのだとか。

そこから2日間、何か仕事はないかと翻弄する次男。

母の名刺整理を手伝ったり、玄関ドアを磨いたり、野菜の皮むきをしたりとコツコツ、コツコツ臨時お手伝いに明け暮れる正月。

どうやらゲームソフトを購入する金額はあと数百円だったようで、念願かなって2日前に

「ソフト代貯まった~!」と報告を受けました。

 

 

 

よかった、よかった。

と普通ならここで終わるが、更なる続きがあるのがやっぱり山田家(笑)

実は今朝、次男から更なる報告がありました。

「母ちゃん、3DSをやっぱり返品しようと思う…。」

 

 

 

えっ?ええっ!!

 

 

 

なんで?

 

次男、
「3DS買ってからさ、ずっと考えてて、やっぱりもったいないかなって思って。

お金は大切に使わなきゃなって思ったんだ。」

 

 

 

母、あまりの驚きの展開で、空いた口ふさがらず…。

 

 

 

母、

「まぁ、いいんじゃない、次男がよければ。

それにしても、返品なんてできるの?」

 

次男、

「できるよ。

1か月以内なら良いってお店の人が言ってた。」

 

 

 

母、「ふ~ん。」

といいつつ、そこまで確認していることにもビックリな母。

 

そして、父ちゃん曰く、

「急にどうしたんだろうね?」

とこちらも驚きを隠せない様子。

 

 

 

ということで、年末からすったもんだした3DS事件は、次男のプレゼン力の成長が見えた、かけがえのない数日間となりました。

長々と最後まで読んでくださったみなさま、どうもありがとうございました。


2018年、第1回家族会議その1

 

2018年もNijiiro Lamp、また公私ともにお世話になっております皆さま方、本年もどうぞよろしくお願い致します。

(喪中につき、新年のご挨拶は控えさせていただいておりますこと、重ねてお願い申し上げます。)

 

 

さて、山田家では年末の大反省家族会議に続き、本年も早々に小5次男召集の家族会議が行われました。

議題は、「3DSについて」です。

新年早々、長文になりそうな気配(笑)

 

 

 

我が家にはDSはありません。

確か6.7年前に、知人に一つお古でいただいた小さいのはどこかにあったような気がします。

長男が小学生の時にも、1,2度、”DS買ってちょ時代”はありました。

しかしそれも、工夫をし、考え方を変え、友達の協力も得て、その熱は数日で消えていったように記憶しています。

 

 

 

そしてあれから数年、次男にもついに、第2期?!”DS買うぞ時代”がこの年末、やってきました。

11月の誕生日プレゼントと、”お正月のお年玉の1部を使って中古の3DSを買うぞ”というのです。

 

・中古3DSを買えるだけの予算は集めた。

・ただし昨年秋から家族会議で決めた『ゲームのルール』を破ってしまい、ゲームができない状態になっている。

・果たしてこの状況下で3DSを買ったところで、家でそれができるのか!!

 

といったところが、次男の思惑だったのではないかと母は推測しています。

 

 

 

正月早々、夜勤明けの父ちゃんが帰って来たところを、次男が家族を招集、

 

「3DSを買いたいと思います!」

 

と発表しました。

 

 

 

中1長男は、

「次男、こんなの買うなんてもったいないって。

絶対いらんくなるし。」

 

父ちゃん、

「いや、これは絶対にいらんでしょ。

反対!中古なんて…。

もっといいやつが絶対欲しくなるって。」

 

母、

「『誕生日は5000円までのものなら好きなものを、お年玉は好きなものには5000円まで、それ以外はオトナ貯金へ。』っていうのは家族で決めたルールで、そのルール内なので、反対する理由は何もない。

それに足りない分は次男が貯めたお小遣いを充てるんだから、買うのは次男の自由なんじゃない?」

 

 

と意見は二手に分かれました。

 

 

 

そして父ちゃんは、続けます。

「そうか~………。

でも中古なんてどんなんかわからんし、だまされるかもしれんし、絶対後悔するって。」

 

母、

「いいじゃん、それでも。

中古買ってすぐ壊れても、もしかして変なの買ってだまされても、『もったいないことしたな~。』って後悔しても、全てが次男のいい経験になると思うよ。

人から言われただけでは想像できないことも、自分が実際に痛い思いをしたことは、きっと将来の次男の力になると思う。

将来大きな金額で痛い経験をする前に、そういう経験があれば、またより一層考えられる人になるんじゃないかな。」

 

 

 

というわけで、3DSを購入することは家族みんなから了解を得ることができました。

 

 

 

そして次は第2の壁を乗り越えるべく、次男からこんなものが提示されました。

 

 

我が家では、自分のやりたいことを通したいのなら、交渉するか、プレゼンするか、とにかく味方を二人付けなくてはなりません(笑)

子ども達の作戦も、だんだん色んな方法が出てきておもしろいです。

 

 

 

実はこの後もすったもんだ、色々ありました。

この続きは、次のブログへ!


家族会議「ゲーム!」

こんばんは。

最近我が家、毎晩のように家族会議をしてます。

議題は「ゲーム!」
初めは何もなかったルールですが、家族の誰かが嫌な気分になったり、希望がでると、家族会議の議題になり、その度に話し合い、ルールが増えてきました。

つい数週間前、ついに父ちゃんから

「ゲームをやると、機嫌が悪くなって、喧嘩したり、周りに八つ当たりして、みんながイライラするからもう〜ヤダ!」

という意見が出ました。

「だからイライラして八つ当たりしたり、機嫌が悪くなったり、喧嘩になったらゲームは翌月は禁止な!」と父ちゃん。

意外にも可決で(3人賛成したら我が家はルール化)、それが我が家のルールになりました。

翌日、次男はゲームで負けたのか、うまくいかなかったのか、やはりとても機嫌が悪くなりました。

その夜のこと、「ということで、来月はゲーム禁止な」と父ちゃん。

すると次男が、考えて考えて考えて言いました。

「ねぇ、1週間、1週間ゲームなしで生活してみて、もっと機嫌が悪くなったら、ゲームまたできることにしない?」

と真面目な顔して言う。

…………………えっ?!

えええっー?!

と頭の中を整理する3人(父ちゃん、母ちゃん、長男)

「そりゃあかんでしょう!」(笑)

「それはないわー!!」

と3人大爆笑!!

長男「そんなんわざと1週間機嫌悪くしたらゲームできるやん!」

次男「あっ、そっか!(笑)」
と納得する次男。

我が家って、いつもこんな感じ(笑)

子育てって、命令しちゃいけないとか、あれ言っちゃいけないとか、これ言っちゃいけないとか、考え出したら難しい。

でも、「私はこう思う。」とか「私はこう感じる」とかは、言っていいんじゃないかな。

我が家の父ちゃん、昔からよくいるなかなかに自己中な命令形が多い父ちゃんデス(笑)

(→が、時々機嫌がいいとめちゃくちゃイイ父ちゃん)

でも社会に出たらそんな上司、わんさかいます!

なので、父ちゃんは父ちゃんの言いたいように言う。

母ちゃんが違う意見なら母ちゃんは「いや、母ちゃんはこう思う」と言う。

子ども達も自分が違う意見なら、相手が父ちゃんだろうと、母ちゃんだろうと、学校の先生だろうと自分の考えを言う。

学校では「退場!」と言われることもあるらしいが(笑)、きっとまずは自分の考えを話すことからだなって思う。

自分の考えを話せて、相手にちゃんと聞いてもらえたら、相手の違う意見もちゃんと聞けるようになるんだよなぁって思う。

「へぇ〜、そんな考え方もあるんか」とか、「そう言われてみると、全然違う風に見えるなぁ」と思えるようになるには、まずは自分の考えを言えて、それを相手が聞いてくれてから、そこからがスタートなんだよなぁ〜って子どもたち見てるとそう思う。

家族会議でね、時々次男が話してる途中で、長男や父ちゃんが話を短く切ったり、話をかぶせようとすると(次男はまだ話を簡潔にまとめられないから長い)、次男はもうそれだけで話す気がなくなるし、人の意見や話を聞かなくなるんです。

「それはいかんね」って、「人が話してる時は最後まで待とうね」って父ちゃんや長男と約束してからというもの、次男も遠慮することなく自分の考えを話すようになりました。

家族会議って、我が家にとっては家族のルールを決める場だけじゃないんです。

自分の考えを聞いてもらう場でもあるし、人の考えを聞く場でもあり、そして、みんなにとっての大切なもの、ベストな方法を考える時間でもあるんです。

我が家の家族会議、お次の議題はなんじゃろね〜。


家族会議はおもしろい!

こんばんは。

昨日のブログの続きです。

 

 

今月も、やって来ましたお手伝い会議!
最近は、毎月率先して議長を務めている小4次男から、召集がかかるのが常の我が家です。

さて、我が家が月極めお手伝いを始めて、早9か月が経ちました。

 

全員が一通りのお手伝いを経験し、だんだん自分の好みのお手伝いもわかってきました。

次男は、どちらかというとお掃除系が好き。

 

 

もう何か月もお風呂掃除は次男だし、最近のお気に入りは、階段掃除に玄関掃除、トイレ掃除です。

そんなことを聞くと、

「ええっ!?そんなに次男くんがやってるの!!」

って、思うかもしれませんが、慣れてきた次男は大体毎日風呂掃除、階段掃除、玄関掃除を合わせて

10分少々で終わらせます。

そして、掃除の嫌いな長男の最近のお気に入りは、洗濯機セット、洗濯ものの取り込み、

そして洗った食器のお片付け、そしてゴミ捨てです。

 

 

まぁ、ちょっと反抗期に入った長男は、どちらかというとお手伝いを後回しにしがちだったり、

適当だったりするときもあるんです。

 

 

先日は、長男が洗濯ものを物干しハンガーごと取り込み、ファミリールームのど真ん中にド〜ンと置きまして。

するとすかさず、「こうやって取り込んだら洗濯ばさみが絡まって、取れんくなるだろー!!」って、

次男が長男に注意してました(笑)

 
全員がどの仕事も経験済みなので、みんながいろんなことに気づくんです。

 
でもね、そういうのをお互いにいつも言われたら、やっぱりやる気が失せるじゃないですか。

 

 

だから、そういうことは、家族会議で、意見として言おうね、ということになりました。

 

 

実は我が家で一番気になるのが、父ちゃんからの「早くやれー」という命令形。

これもね、とっても気になっていたので数ヶ月前に家族会議で議題になりました。

 
どうせ言うなら、せめて「お願いだから、これやって」って言うのはどうだろうか。

 

 

家族で仕事を割り振って、みんなで協力している段階で、もうどちらが上も下もない!

お互い対等なのだから、お互い相手を尊重して「ありがとう」とか、「助かったよ」とか

「ご苦労さま」って感謝があっても、命令はおかしい。

 

 

やって欲しいならちゃんと言い方を考えようって。

 

 

そして母ちゃんには、もう一つ思っていることがありました。

 
どうも父ちゃんは子ども達には「早くやれい!」っていうけれど、滞っている仕事を見ると、

どうやら父ちゃんの担当の仕事である。

父ちゃんが仕事でいない時と、明けで帰ってきたときは、母ちゃんがやるようにはするものの、

お休みの時には、父ちゃんにも自分の仕事を遂行してもらいたい。

 

 

でもね、話していくうちに、父ちゃんの思いと、母ちゃんの思いには相当ギャップがあることがわかりました。

 

 

それは父ちゃんは仕事がないときは、いつもいつも鍋を洗ってる気がしている。

でも母ちゃんからしたら、月1か、週1だ。

 
そこで、

 

よし!

見える化しよう!

 

 

というわけで、父ちゃんには鍋を洗った日はカレンダーに丸を付けてもらうことになりました。

 

 

するとどうでしょう!

 

 

父ちゃんの鍋洗い率向上!!

 

 

そして我が家の家族会議は、最近では、大人が子どもを評価するのではなく、先ずは

全員が自分の仕事に自己評価をして、その後にそれについてみんなが意見を言う

ということになってきました。

 

 

そしてなんとなんと、今月は母ちゃんにとってこの家族会議で、とってもうれしいことがありました。

 

 

「母ちゃん担当ー朝食」と次男が言うと、

 

「母ちゃんいつもありがとうございます。」と次男が言いました。

 

母、「あら?

いいの?

今の朝食に何かリクエストとか文句とかないの?」と言うと、

 

 

父ちゃんと長男が「はい。ありがとうございます。」と言いました。

 

そして「母ちゃん担当ー昼食」

「はーい、ありがとうございまーす!」と3人(笑)

 

 

「母ちゃん担当ー夕食」

「いつもおいしいゴハンをありがとう。」

 

 

母ちゃんビックリ仰天!

 

 

母ちゃんの担当の、ご飯係と洗濯物干し係に感謝が付きました!

 

 

そしてお次は、「洗濯物たたみ係ー父ちゃん」

 

「んー、タオルは畳んでくれてるんだけど…、それ以外がちょっと…。」と黙るみんな。

すると父ちゃんから自己評価で、「洗濯物が畳んでないから、ファミリールームの掃除もできんかった。

よし!来月こそリベンジだ!!」
と、自己反省。

 

 

決して父ちゃんに仕事を押し付けるつもりはありませんが、我が家のお手伝い、

立候補制なので、父ちゃん来月もリベンジに挑戦することになりました。

 

 

なにはともわれ、今月の家族会議では、父ちゃんが、子ども達に命令する割には、

自分の担当の仕事を後回しにしていたことに父ちゃんが自覚!

 

 

我が家も毎月進化しているのでありました。

 

 

とはいえ、フォローするわけではありませが、我が家の父ちゃん、機嫌がいい時は

めっちゃよく働いてくれます。

ただただ、仕事の都合上、24時間寝れない日もあるし、夜中にすんごい音で、

起こされることもしばしばあるようなお仕事です。

 

 

家族みんなが、無理のないように支え合っていけたらいいなと、思っています。

 

 

ということで、今月ももう始まりましたよ、

月極めお手伝い10カ月目!

 

 

ではまたご報告致します!


家族会議、長男の裏の手!

こんばんは。

我が家には毎月恒例の家族会議があります。

毎月月末には、月極めお手伝いの反省会&お小遣い会議があるのですが、家族のルールを増やしたり、変えたい人は、いつでも家族を召集して家族会議を開くことができます。

 

 

我が家で家族会議を1番召集する人、誰だと思いますか?
実は小5長男なんです。

 

 

最近、長男の家族会議を攻略する方法に、少し変化が加わってきました。

 

我が家のルールは、家族が4人なので、3人が賛成すればどんなルールでも家族のルールになります。

なので、いくら兄弟で協定を結んだって、どちらかの大人を攻略しなければ、ルールは変わりません。

はじめは一生懸命家族会議で、父ちゃんと母ちゃんを説得しようとしていた長男。

しかし父ちゃんや母ちゃんが納得するように説得するのは、なかなか難しい。

そこで、長男が考えたのが、会議を召集する前に1人ずつ説得し、落としていくことでした。(笑)

 

 

そうなんです。

要は根回しをするんです。

 

 

二人を一気に説得するのは難しいけど、一人ずつなら説得できると思ったのでしょうか(笑)
まず最初に説得にかかるのは父ちゃんです。

お風呂は父ちゃんが1人になるいいチャンス。

長男は、お風呂場でくつろいでいる父ちゃんを少しずつ少しずつ説得していくようになりました。
すると、父ちゃんは、ついつい「いいよ!」なんて言っちゃうこともある!

しかし、そう簡単にはよしと言わない母ちゃん。

会議では今度は母ちゃんが、父ちゃんをもう一度こちらへ引き込むべく、意見を言います。

そうすると父ちゃんも、改めて冷静に判断し、自分の考えをもう一度示してくれるようになりました。

 

 

ところがどっこい!

そんなことでは諦めないのが我が家の長男。

今度は、片方だけ説得して切り崩すのではなく、母ちゃんと、父ちゃん、どちらにも別々に根回しをするようになったんです。

これには母ちゃんもやられました!

 

 

なかなか「うん」とは言わない母ちゃんですが、だんだんただ自分の考えを押し通すだけではなく、なぜそうしたいかを感情を込めて話したり、妥協点を見つけて説得してきたり、代替え案を打ち出してきたりするようになってきました。

そうして母ちゃんも父ちゃんも、どちらも「まぁ、それならいいんじゃない。」となったところで家族会議召集!

 

まだまだ強い信念を持ってることには母ちゃんも負ける気はしませんが(笑)、それでも家族みんなが楽しく暮らしていくには、やっぱり多少柔軟に、みんなで相談しながら決めていけたらいいなと思います。

 

 

みなさんのお家でも、家族会議はありますか?

ルールもぜ〜んぶ、その家その家の方法でいいんですよね。

家族みんなで決めれば、それがその家のきっと1番いいカタチですよね    (^ ^)

 

 

 

1.2d2jpg

 

~ Nijiiro drops premium ~


我が家のおきてノート!

こんにちは。

昨夜から次男が、熱を出して今日は保育園をお休みしているので、

ちょっとお家時間を過ごしています。

 

 

そこで、”我が家のおきてノート”のお話を、今日はしてみたいと思います。

 

 

今年はマナちゃんフクくんで、”マリモのおきて”が流行ましたね。

我が家は寝るのが早いので、その流行に乗っかったのがドラマの最終回

でした。

 

 

長男もリ次男も最終回や続編を何度もみて、ちょっとあこがれるようになり、

我が家にも「おきてノートを作ろう!」と長男が言い出しました。

 

 

そこでできたのがコレ!

 

Nijiiro 夢への道のり

 

「みんなのオキテ」という題名は、長男が決めました。

 

 

我が家のルールでは、みんなで入れたいオキテを提案して、多数決で3人以上が

賛成したら、それが我が家のオキテになります。

 

ここでちらっと、我が家のオキテをご紹介します。

 

Nijiiro 夢への道のり

当たり前のことですが、これがおチビさん達から出た提案なので、

ちょっとびっくりしました。

 

 

お次はコレ!

 

Nijiiro 夢への道のり

 

あははっ!

いつもみんな、なかなかできないのに、おチビさんから提案されるなんて

多少は気にしているのかな~ 笑う

 

Nijiiro 夢への道のり

 

これは母ちゃんが、よく口ぐさんでた言葉だ ♥akn♥

 

 

これはほんの一部です。

我が家のオキテはドンドン増え続けます!

今のところ、旦那さんがいないので、3人で決めても全員が「いいねェ!」と

賛成したら、旦那さんの意思とは全く関係なく、オキテが増えます!!

 

 

帰ったらビックリするようなオキテが、いっぱいかもしれませんね えへ*