我が家の好き嫌い王子、がんばれ!

こんにちは。

我が家には、好き嫌いがとっても多い王子さまがいます。

王子さまは、結婚前アレルギーのモノはあるけれど、好き嫌いは

ほとんどないと言っていました。

そして結婚してびっくり!

好き嫌いだらけでした 笑う

我が家では、というか、私の子育てでは「好き嫌いをすることは悪いこと

ではないけれど、好き嫌いがなければ人生何倍も楽しくなるよ!」が

もっとうです。

おチビちゃん達には、これから将来、どんな所で、どんな暮らしを

することになっても、好き嫌いがなければ食べ物のことで苦労

することはないだろうという親心で育ててきました。

8歳になったオウスケは好き嫌いがなく、何でも食べられるのが自分の

自信にもなっているようです。

5歳のリクは、好きではないものもありますが、食べられないものはなく、

食べることが楽しみの一つです。

二人とも、これまで嫌いなものがずっとなかったわけではありません。

ここまで育ってくる中で、「これ、まずい!」ということだって、何度か

ありました。

でも、だからといって、そのまずいと言った食材を食卓に出さなくなった

ことはありません。

味付けや料理法、食べ方を変えては、逆に頻繁に出してきたように

思います。

” たった1度、その時のその味がまずかっただけで、その食材がまずい

と決めつけてしまうなんてもったいない!”

私はそう思って、おちびちゃん達には苦手そうなものでも

何でも食べさせてきました。

ある時、アボカドが苦手だったオウスケが、アボカドご飯を食べて「うまい!」

と言いました。

それからは、アボカドが大好きになり、今では好物のひとつになりました。

リクは、旦那さんに似て、初めて食べるものなど見た目で「まずそう」と

思ったら、「いらない」というタイプですが、「まずは一口!どんな味か

食べてみてごらん!」と言っては一口食べさせてみて「おいしい!」という

経験を増やしました。

そこで「まずい」と言ったら、その時はそれ以上食べさせませんが、

世の中には見た目は悪くてもおいしいモノがたくさんあることを

知ることができたら、人生更に楽しくなるじゃん!と母は思っています。

二人とも嫌いだと言って、その後その食材が食卓に上がらなかったら、

その食材は嫌いなままだったかもしれません。

さて、話がずれましたが、そんな感じで我が家のおちびちゃんたちは

好き嫌いはないのですが、我が家にはもう一人厄介な好き嫌い王子が

います。

子どもは素直でチャレンジ精神も旺盛なので母ちゃんの口車に乗って、

創意工夫すれば食べます。

しかし、好き嫌いをして何十年も暮して来た王子さまは、なかなか手ごわい。

もうすぐ結婚して10年!

結婚してすぐの時は苦手だった、ピーマンもゴーヤもおくらも、

今は食べられるようになりました。

王子さま曰く、「あれっ?ピーマンとかゴーヤとか、おくら食べれんかったけ?」

はいっ!食べれませんでしたよ~ ♥akn♥

しかし、まだまだ苦手なものもある!

セロリをバリバリ食べるおチビちゃん達を見て、「よくそんなもん食うな~」

という王子さま。

ハハハっ!それで済むと思っているでしょ!

「さぁ、父ちゃん今日はがんばるよ~!みんな応援してあげてよ。

ひと口食べたら、褒めてあげてね 笑う 」

ちょっと強引ですが、母ちゃんは王子さまの成人病を心配しているのよ。

おチビちゃん達を巻き込んで、王子さまにチャレンジの場を!

セロリにコチュジャンとマヨネーズをたっぷりつけて、ガブリっ!

「父ちゃんがんばったね~」

笑うおチビちゃんたち!

まっ、60歳くらいまでにはセロリも克服できるかもね~ 笑


”仕事ノアル暮し”さんが来てくれました!

おはようございます。

昨日はしごと塾で同期の”仕事ノアル暮し”の加藤悦子さんと

職業指導員のAさんが Nijiiro Lamp へ訪問してくださいました!

 

ガラスカットや、ガラスを削る体験などをしていただきながら、

ステンドグラスのお話をチラホラ…。

夢中になると写真を撮るのをすぐに忘れてしまう私…。

またもやステンドグラスの体験中の写真は撮り忘れました あはは・・・

”仕事ノアル暮し”さんの車です。

車もスタッフさんと一緒に手作りでロゴなどを貼ったそうです。

ステキ!

初心者マークつけて、新人スタッフさんに色んな事を教えているえっちゃん、

頼りがいのあるアネゴのようです。

起業した同じ仲間ですが、私とは会社の規模が違い、スタッフさんが

たくさんいるえっちゃん。

「一緒に働けるスタッフがいると本当に助けられるよ~」と言ったえっちゃんの

言葉が、とても印象に残りました。

彼女の就労移行支援事業所は、明日を楽しみに眠りにつける人を増やしたい

と日々がんばっています。

就労支援を受ける方々への親のようなやさしさと厳しさの中には、えっちゃんの

深い愛を感じます…。

また来てね!

ありがとう 双葉


週末の1日!

こんにちは。

今朝の長男は、先週家族旅行でサボった分、やることいっぱいの

大忙しです。

 

 

以前の長男ならそんな時、「ギャオ―!!」と一発叫んでおりましたが、

最近の長男は少し様子が変わってきました。

 

 

まず朝1番に、母ちゃんと2人で洗濯ものを手際よく干し、

お次は上靴洗いです。

こちらも慣れてこればあっという間です。

お次は外に出て靴洗い!

こちらも手際がイイ!

お次は宿題の漢字の書き取りをさっさと済ませました。

宿題は3つ、計算ドリルと漢字の書き取りと日記があるようですが、

昨日計算ドリルをやって、今日は漢字ドリルをやって、明日日記を

書くと自分で決めたそうです。

 

 

そして毎日恒例の家の前の溝に行き、捕まえました!

あれ?!

ザリガニ捕まえるのやめたんじゃなかったの?って思いませんでしたか?

 

 

そうなんです。

 

実はザリガニを飼うことを再開するそうなんです。

 

 

何でも長男が言うには、ザリガニの様子をじっくり見ていたら、

ザリガニが生きているおたまじゃくしを食べていたそうです。

 

そこで、ザリガニに生きているおたまじゃくしを与えたところ、ザリガニが

目の前でおたまじゃくしを食べたそうなんです。

 

そこで、長男が言いました。

 

「母ちゃん、ザリガニはザリガニのエサを食べるんじゃなくて、生きてる

おたまじゃくしを食べるんだって。

長男それがわかったから、毎日おたまじゃくしも採って来るから、

またザリガニ飼いたい」

 

とりあえず、母はOKをだしました。

 

 

昨年までの、「飼う!」と言って虫かごに入れっぱなしにしているだけの

長男とは、今年の長男は違うと思ったからです。

 

 

後は父ちゃんを自分で説得できるかどうか。

 

でも、長男はとっても嬉しそうです。

「そうだ!せっかく飼うんだからな、名前も決めてやらなきゃな。

そうだ、強そうだから”ボス”にしよっと!」

頬擦りしちゃうほど、ザリガニさんいや、”ボス”がかわいいらしいんです 汗

 

 

この後、長男は帽子を買いに行く予定でしたが、帽子よりもザリガニを

友達に見せたいということで、歩いて友達のところへ行きました。

そしてお昼に歩いて帰ってきて、午後からは野球部の練習へ行きました。

忙しいながらも限られた時間の中で、自分で自分のしたいことをするために、

今何をして、何を選んで、何を諦めるかを少しずつ考えて行動するように

なってきた長男を見て、昨年のはちゃめちゃだった1年からの成長を

感じます。

 

 

どんなに一生懸命子育てしていても、すぐに結果が見えないことの方が

多いのが子育て。

 

 

でも、諦めないでちゃんと想いをもってすれば、時々子どもが親に自信を

与えてくれるのも子育てですね。

 

 

まだまだ、長い道のりですが、今日は長男にありがとうと言いたい

1日でした。

 


しごと塾の相談日!

こんばんは。

昨日は久々に、しごと塾の相談日に行ってきました。

ここのところ、しごと塾の相談日に行くのを少しお休みしていて、

ちょっと足が遠ざかると、だんだん行くのをためらうようになってしまいました。

” いつも元気に、前向きに!”

そういられたらいいな…と思っていても、そうはなれない時がある。

おチビちゃん達には、”自分を信じて、強い子になってほしい”

と思いながら、私自身はまだまだ弱いところがいっぱいあります。

嫌なことから逃げたくなってしまったり、嫌な思いをするかもしれない

と思ったら、そこを避けようとしてしまうところがあるからです。

昨日も相談日に行く前には、今日はどうしようかな~と少し悩みました。

頭の中ではやらなければならないことがたくさんあるのに、

それを思うように進めることができない…。

昨日までの私はそんな感じでした。

でも、やっぱり行ってみようと思いました。

頭の中が、整理できるかもしれない。

誰かに会って励まされたり、元気をもらえるかもしれない。

一歩だけでも踏み出せるかもしれない、そう思ったからです。

行って良かった。

昨日は胸に貯めていた上手くいかないことや、自分のマイナス面のこと、

自信のない部分も、塾長や担当者のKさんに話すことができました。

そしたら、びっくりです。

私自身が苦手だと思っていたことや私の弱いところを、塾長やKさんは

丸っと見抜いていて、そこを逆に受け入れてくれました。

そして、私の「弱みが、もしかしたら1番の強みになるかもしれません」と

言って頂きました。

これまで生きてきて、こんな風に言って頂いたことは本当に初めてで、

驚いたと同時に嬉しくてたまりませんでした。

”しごと塾”というこの場所に、自分が席を置くことができたことに感謝!

塾長やKさんという、生涯の恩師に出会えたことは、私の宝物です。

もうすぐしごと塾は第5期生さんを20名迎えて、95名の大所帯に

なります。

5期生さんも、是非ドンドン塾長やKさんにぶつかっていってほしいです。

わからないことがわからない時も、一歩も踏み出せない時も、

塾長やKさんが答えをくれるわけではなく、答えを導き出せる自分になる

ヒントがきっと見つかると思います。

そして私は、頭の整理も付いて、今日からまた一歩踏み出せそうです。

小坂塾長、Kさん、ありがとうございました。


Original Pendant Lamp " tit ティティ "

こんにちは。

今日は久しぶりにオリジナルペンダントランプのご紹介をさせていただきます。

イベントが終わって、書類の制作に追われ、家族の行事に重きを置いた

この1カ月。

気付いたらおよそ1カ月ぶりの新商品の入荷になってしまいました。

新しい商品を作り出すにはいつもたくさんの時間を費やしています。

作品としてショップに並べられるまでには、いくつもの失敗作ができるからです ahaha;*

今回もできてみたら、簡単そうに見えますが、ここに至るまでには

あ~だのこ~だのと七転八倒しました。

そしてできたのがこのランプです。

 

赤色のクリアーガラスと今年流行のシャーベットカラーのピンクガラスを

使いシンプルに仕上げました。

小さめのランプなのでお部屋にいくつも付けたい方や、小さなお部屋

例えば玄関ポーチやお手洗い、洗面所、最近はやりのママスペースなんか

にもおススメです!

 

今回はビーズがおまけではなく、ビーズの輝きを楽しめるような

ビーズを主役にしたランプにしてみました。

透明感のあるビーズの輝きに、見ているとドンドン引き込まれていきます。

夜になると電球色により、温かみのある薄いピンク色にみえますが、昼間は

ピンク色と赤色のコントラストをより楽しむことができます。

昼と夜、全く違った照明の楽しみ方ができるのもステンドグラスのランプの

魅力です。

サイズなど、詳しくはオンラインショップへ遊びに来てくださいね。

また、色違いなどのオーダーも可能ですので、気軽にお問い合わせ

お待ちしております。

オンラインショップ http://nijiiro-lamp.com
お問い合わせ普通のメール   info@nijiiro-lamp.com

   


暴風警報発令!

こんにちは。

台風のため、暴風警報が発令されました。

今日は二人とも引き取り下校です。

ラッキーと喜ぶ長男には、もちろん容赦なく宿題が ( ̄▽ ̄)

ipodfile.jpg

心優しい次男は、お兄ちゃんに気をつかって、「お兄ちゃんが宿題やる間、

次男も勉強する!」と。

 

 

頑張れ!

早く終われば自由が待ってるぞ (*^^*)

 

 

iPhoneからの投稿


撮影会!

こんにちは!

本日2回目!!

昨日は、自宅にてフォトデザイナーの林かなこ さんにお願いして、撮影会を

していただきました。

 

私のブログではおなじみのかなこさん!

しかし、本当はいつも”かなちゃん”と呼んでいます。

実はオウスケとかなちゃんの長女は、同じ月に同じ病院で生まれました。

彼女とはその頃からのママ友でもあり、しごと塾での偶然の出会いも重なって、

より最近は仲良くさせていただいている友人でもあり、私が尊敬する女性

でもあります。

かなちゃんは、いつもまわりの人を元気にしてくれちゃうような、う~ん、

ひまわりのような人 ひまコ

いつもその前向きで突き進んで行く姿には、たくさんのことを学ばせて

いただいています。

そして、かなちゃんが撮る写真には、かなちゃんのやさしい人柄が映し出され、

とってもあたたかい作品が作られています。

なので、私はかなちゃんもかなちゃんが作り出す作品も大好きです。

興味のある方は、ぜひかなちゃんのHP フォトデザイン キャラバンサライ

覗いてみてくださいね。

そんなかなちゃんに、今回は自分では撮れない、制作風景を撮影して

いただきました。

できあがった画像を使って、またオンラインショップのリニューアルを

していきたいと思っています。

どうぞ、お楽しみに!


親戚旅行!

おはようございます。

先週末、毎年恒例の旦那さんの実家の兄弟会なる親戚旅行に

行ってきました。

今年の目的地は三重県の鳥羽!

1日目のお天気は、あいにくの雨でしたが、雨なんか吹っ飛ばすほどの

おチビちゃん達の上機嫌ぶり ルンルン喜ぶ

何が楽しいって、下は1歳から上は68歳まで老若男女合わせて16人が集うことが

1番嬉しいようです。

1日目は、二見シーパラダイスへ。

 

アシカちゃんにエサをやって、挨拶したり回ってもらったり、普段できない

触れ合いが、とっても嬉しいようです。

リクの1番の楽しみは、いつでも宿泊先です。

いつもは、何歳になっても小さい子扱いされる末っ子のリクですが、

この旅行中だけはお兄ちゃんになれる!

一番小さい1歳のソーちゃんの面倒を一生懸命みて、満足そうなリクです。

そうそう、リクは親戚のおじさんも大好き!

「リク、今日は男湯に入る?女湯に入る?ソーちゃんは女湯だよ」という

母ちゃんに、リクは迷って、「男湯!」と決めました。

すると親戚のおじさんのところに行って、リクが言います。

「ねェねェ、女湯に入る?男湯に入る?」

ユ―モアのあるおじさんは「う~ん、どうしよっかな~ ahaha;*」と…。

2日目は雨予報からなんと、晴れました!

ということで、海ヘ!

何かいるかな?!

 

いたいたっ?

収穫物、カニ1匹(およそ3㎝)、あさり1コ、マテ貝1コ!

それでもおチビちゃん達も大満足!

いい旅になりました キラキラ


長男よ、困難を乗り越えろ!

おはようございます。

先週長男は困難にぶつかりました。

 

 

私の配慮も足らなかったのですが、、長男の自由が増えれば増えるほど

きっと長男自身で考えなければならない困難も増えるでしょう。

 

 

長男が自転車に乗って、いつものようにお友達の家へ遊びに行った

時のことです。

 

 

夕方だんだん雲行きが怪しくなり、お友達のお家に連絡したのですが

連絡がつきません。

その日の待ち合わせは、お友達の家と自宅の中間地点にあるグランドに、

5時半(お友達の家を20分に出る)でした。

 

 

もしかしたら雲行きに気付いて、早めにお友達の家を出るかもしれない!

それはさすがに期待しすぎでしたが、一応10分前から次男と2人で

長男が来るのを待ちました。

 

 

雨がポツポツと降ってきました。

 

 

”自転車置いて歩いてこればいいけど…”と思いつつ、

40分になっても姿が見えない。

 

 

これは家に帰って、車で出直すかと思った矢先、まっすぐの道を

子どもが歩いてくるのが見えました。

 

 

”長男か?”と思い、カッパを持って走っていくと、長男が

傘もささずに大泣きして走り疲れた様子で帰ってきました。

 

 

無事でよかった。

 

 

長男は自転車をお友達の家に置いて、歩いて間に合わなくて

泣いている、私は初めはてっきりそう思っていました。

 

 

しかしそうではなかった!

 

 

家までの道のりを、長男の話を聞きながら帰りました。

そしたら、こんな出来事があったそうです。

 

 

お友達の家の外で虫を探していて、探しているうちにだんだん自転車で

遠くの町内まで行ってしまった。

 

 

そしたら、そこがちょうど同級生の女の子のお家の近くだったので、

友達と女の子と女の子のお母さんと虫を探していた。

 

すると雨が降ってきて、自転車で帰ろうとしたら、自転車がすべって

溝に落ちた。

 

友達と自転車をすくい上げることはできたが、自転車が壊れてしまい

乗って帰ることができない。

 

そしたら、知らないおじさん(お友達は知ってるおじさん)が「自転車を

置いて行け」と言った。

 

知らないおじさんだし、大事な自転車は置いて行けない。

 

長男は、自転車を置いて行けないと踏んばったが、友達とおじさんは

置いて行けというし、自転車も動かない。

 

諦めてお友達の家に帰り、お友達のおばあちゃんに時間を聞いたところ、

もう5時半だというので走ってきたが、もう限界!、泣いて帰って来た、

ということでした。

 

 

話を聞いて改めて、本当に無事に帰って来れてよかったと、思いました。

自宅に帰り、私は父に連絡をして、軽トラで自転車を探しに一緒に行って

もらいました。

 

 

長男の説明ではなかなか見つかりませんでしたが、町内をグルグル

まわって、ようやく自転車を回収することができました。

 

危険なことがたくさんあって、大きな雷を落としてやろうかと思いましたが、

父や母になだめられ、雷を落とすのはやめました。

 

その代わり、「無事で帰ってこれて本当によかった」と長男に

何度もつぶやいてやりました(笑)

 

 

そして私の定番、お風呂でお説教です!

 

 

お風呂で話すと、イライラせずにゆっくりおチビちゃん達と話ができるので

考えさせたいとき、ゆっくり話がしたい時はいつもココ。

 

実は私も小学生の時、自転車で溝に突っ込んだことがあります。

だからそこは深く責められません!

雷は落とされなかったけど、今回のことは長男自身が1番こたえて

いたようでした。

 

 

こんな時、どうしたらいいんだろう。

 

雨が降りそうだったら、降ってきたら、どうしたらいいか。

 

自転車が壊れたら。

 

色々一緒に考えました。

 

 

そして、勘違いしていたこと「外で遊んでくるね」、「いいよ」は、どこへでも行っていい

と、言うことではないよ、と。

 

 

今の段階では、「外で遊んでいいよ」は、我が家のルールでは呼んだら

声が聞こえるところまで。

色々ぶっそうな事件もあって、親としては本当はおチビちゃんたちを

囲ってしまった方が安心です。

 

 

でも、男の子だから色んな困難を乗り越えて、自分で考えられる人に

なってほしいとも思うし、自由な時間も作ってあげたい。

 

 

これを機に、色々禁止したり、制限すれば親は楽ですが、それでいいのか…。

悩みが尽きないですね、母親って


ズボラ母は息子に助けれれる?!

こんばんは。

今日はズボラ母ちゃんがおチビちゃんたちに助けられました。

 

 

夕食後、すっかり洗濯物をしまうのも忘れお風呂に入ってしまった母ちゃんに、長男が言いました。

 

「母ちゃん洗濯物しまうの忘れてる!」

 

「あちゃ!忘れてた!お風呂出たらしまうわ」

 

すると長男が、「長男がしまっとくでいいわ」と。

 

「長男とどく?しまえるの?」

 

「うん」

 

「ありがとう!じゃあお願い!」

 

 
すると長男が次男にも手伝わせて、2人で協力して洗濯物をしまってくれました。

「長男、ありがとう。次男も手伝ってくれたんだね。ありがとう。」

 

 

得意げな表情の次男と、特別なことをしたつもりはないといった普段通りの長男の顔が、とても頼もしくみえました。

 

 

母はズボラでも、子はたくましく育つんですね (^-^)/

 

 

iPhoneからの投稿


1 / 212