せと・しごと塾5期生さんによる事業概要発表会!

こんばんは。

昨日は午後から、せと・しごと塾5期生さんによる、事業概要発表会に

行ってきました。

2年前、私もここで発表をしました。

大勢の人の目の前で、自分のことを発表するなんて、ものすごくドキドキしたのを

覚えています。

発表はひとり3分!

時間厳守で、自分の計画している事業の概要を発表します。

昨日は60名近くの方が見えたとか。

5期生さんの緊張が、なんだかとっても伝わってきました。

がんばれ!5期生さん!!

5期生さんの発表は、これまでと比べても、準備も整いみなさん素晴らしい内容!

パワーポイントやスライドの出来栄えには、驚きを隠せません。

しかし、なんといっても1番具体的に形がみえたのは、実際に販売したいものを

持って来て、見せてくれたり味あわせてくれたのには、説得力がありました。

 

タルトや焼き菓子などを販売したい、という塾生さんは、みんなに試食を

用意してくれました。

私も頂きました、ブルーベリータルト!

めっちゃくちゃおいしかったです!

今度はこの瀬戸でお客さんとして買いに行くことができたらいいなぁ~、

もっとたくさんの人にこの幸せな味を味わってほしいな~と

心から思うお味でした。

それからパステル画教室をしたいという塾生さん。

私もパステル画のやさしい色使いがとっても大好きなんです。

たくさんの人がパステル画を愉しむことによって、癒されたり心をあたためることが

できたら素敵ですよね。

それから烏骨鶏が可愛くって可愛くって仕方がないという塾生さんの発表や、

瀬戸焼そばをせとものの器に入れてのネット販売がしたいなど、とてもおもしろく

興味深い発表をたくさん聞くことができました。

私も5期生さんから、たくさんの刺激と学びをいただくことができました。

そして、夕方からは塾生、卒塾生、講師や市担当者さんなどが参加の

打ち上げ懇親会です!

おチビちゃんたちを旦那さんにお願いし、いざ出陣!!

いつもは車で行くんですが、今回はどうしても車がなく、旦那さんに

送ってもらいました。

ということで、久々に飲んじゃいました 喜ぶ

実はお酒の弱い私、いつもは350mlのウメッシュ半分で酔いつぶれると、

お風呂にも入れないのに…。

受付席に座って、グラス2杯もゆず酒のロックを飲んじゃいました!

おいしかった~ akn

でもしごと塾の懇親会は、みんなグラスを持ってあちこち動いていろんな人とお話を

するために動くのに~、私、今回お尻一コも動かさず…。

お尻に根っこをおろして、毒をはいていたような~よくな~い記憶が残っています 凹む

今日は朝から二日酔い。

昨日私とお話したみなさん、私、毒をはいていませんでしたでしょうか?

お付き合いくださったみなさん、どうもすみませんでした ペコリー

そして、ありがとうございました。

私、何か毒をはいていなかったでしょうか~???

昨晩から今日にかけて、なんだかココロがド~ンと重い、反省の1日となって

しまいました。

お酒は自分にあった量が1番ですね 汗☆


やっぱり買っちゃった!

こんばんわ。

昨日の釣具屋さん視察。

 

 

やっぱり数々の誘惑に負けて、一つ買っちゃいました。

ipodfile.jpg

お小遣い140円なり。

 

釣竿はいつになったら買えるやら…!

( ̄▽ ̄)

 
iPhoneからの投稿


目標を決めるために!

こんにちは。

今日午前中は、夏休み最後のお付き合い!

 

 

長男の体調もすっかりよくなり、今日は釣具屋さんに来ています。

 

ipodfile.jpg

 

お小遣いを貯めて、欲しい釣竿や道具を買うためには、いくらぐらい

するか下調べが必要です。

 

欲しいものみつかるかな (*^^*)

 

 

iPhoneからの投稿


息子を頼もしく思う日!

こんにちは。

今日は朝から大騒動!

 

 

久々にお米を精米しようと思って、袋を開けたら虫が大発生 びっくり

すると長男が「わぁ、ゾウムシだ!」と一言。

 

 

旦那さんも「うひゃ~!!」と言うものの、出勤時間のため職場へ

行ってしまいました。

 

ウヒョ~!!

 

かなり気持ち悪い…。

 

たぶん、数千匹はいるな、こりゃ… 緊張ブルブル

 

 

と言っても旦那さんは仕事場へ行ってしまったし、こりゃ私が何とかするしか

ない!

 

こういう時は、年のこう!

 

まずは実家へ電話をかけてみる。

 

母にお米の保管の仕方についてさんざん説教を受けたけど、仕事前の父を

とりあえず送りこんでくれることになりました。

それまで、米袋はお庭にGO!

 

ドンドン、ドンドン、ゾウムシ君が這い上がってくる 勉強

 

 

しばらくすると、父がやってきました。

 

 

父の指示道り、ビニ―ルシートにお米を広げると、出るわ出るわゾウムシ君。

 

 

すると、それを手伝ってくれていた長男が、「アリがゾウムシを

全部連れてっちゃうよ、ほら見てん。」と。

 

 

確かに、ゾウムシ君アリさんよりも大きいのに完全に負けてる!

今日は配送の準備もあったので、お手伝いしてくれるという長男に

後は頼んで、私は少しそこを離れることにしました。

 

 

長男は、お米を広げながらゾウムシ君とアリさんをずっと観察。

アリさんが自分よりも大きく、生きているゾウムシ君を運んでいく姿を見て、

アリさんをあらためて見直していました。

 

 

「アリってスゴイ!!」

 

 

1時間もすると、あの数千匹ものゾウムシ君はどこへ行ったのか、

ほとんどいなくなりました。

そして長男が、広げたお米を袋に詰めてくれました。

 

 

こちらも配送準備完了!

 

お米の精米と配送手続きに出発です。

でも実は、私には大の苦手なものがあります。

 

 

それはハト

 

 

精米コーナーにはいつもハトさんがいるので、いつもなるべく旦那さんに

行ってきてもらっていたんです。

 

 

でも、今日は私がやらなくちゃ!

 

そんなとき頼りになるのは長男です。

 

長男にハトさんをどかしてもらっている隙に、精米コーナーに入り、

次はお金を入れて、お米をシャッターの中へ入れます。

 

 

” は~ぁ、よかった。無事ここまでこれて。” と安心しきっていた私に、

長男が「母ちゃん、袋をお米が出るところに用意しないと」と言いました。

 

 

” あっ、そっか “と慌てて袋を用意する私に、長男は「まだそんなにすぐには

出てこないから慌てなくていいよ」と。

 

 

” へ~、長男すごいな~ ”と少し感心していると、今度は長男が

ペダルのようなものを踏み始めました。

 

 

するとお米がジャーと出てきて、また感心。

 

 

私一人だったら、お米は精米コーナーに溢れ出ていたなぁ…と恐ろしく思う

のと同時に、本当に長男は頼りになるなぁ~と頼もしく、

そしてありがたく思いました。

 

 

長男は旦那さんのやることを、ずっと見てきたんですね。

 

 

そしてその後、もう一度ハトさんをどけてもらっている間に、精米コーナーを

出ることができ、無事精米を完了することができました。

 

 

よかったよかった 喜ぶ


おチビちゃん達の手紙!

おはようございます。

青森から帰って1週間、次男の熱が下がらず、仕事がなかなか手に付きません。

 

 

熱は昨夜は40度を超えたのに、なんでこんなに元気なの?!

元気過ぎて、寝てくれない。

寝れないから暇過ぎて、ずっとしゃべり続けている次男。

どうか早く熱が下がりますように。

 

 

さて、先週1週間は青森の余韻に浸っていた我が家のおチビちゃん達。

おチビちゃん達にとっては、とても楽しい貴重な時間だったようで、

その楽しかった思い出は、長男は宿題の絵日記や、思い出の絵に

なりしました。

 

すると先日、そんな様子を見ていた次男から「お手紙が書きたい」と

言われました。

 

青森のおじさんやおばさん、いとこやいとこの家族、一緒に遊んでもらった

お兄ちゃんやお姉ちゃんにとのことでした。

 

それを聞いた、「長男も書きたい」と言い始めた訳です。

 

どんな内容になるのか、全くわかりませんが、様子を見守ってみる

ことにしました。

 

 

1日目、お手紙を書きながら、二人で青森での出来事をべちゃくちゃ喋りながら

書いているので、1時間たっても全く進みません。

1日目は、書き終えることなく就寝時間となりました。

 

 

2日目、夕食とお風呂が終わると、おチビちゃん達から「手紙早く書きたい」

と言われ、慌てて食卓を片づけました。

この日は青森のおじさんとおばさんにお手紙を書いていました。

次男はまだ、書きたいことはたくさんあっても、それを上手く字で書くことが

できません。

書きたい言葉が書けなくて、もどかしくなるたびに、グズグズぐずりだします。

 

「それならまずは、自分で調べて。それでもわからない時は、『わからないから、

助けて』って言ってごらん。

そうすれば、誰かが助けてくれるよ。

グズグズぐずってるだけでは、次男がどうしたいのか、みんなわからないから

助けてくれないんだよ」

と言うと、引き出しからひらがな表を持って来て、

調べながら書き始めました。

 

 

しばらくは、静かに書き進めていましたが、お次は「”ちゃ”ってどういうふう?」

とか「”しょ”ってどうやって書くの?」と質問が始まりました。

 

ゆっくりそれを教えて一緒に考えながら答えを見つけると、とっても機嫌のいい

次男です。

しかし、書き終えたものを二人で見せあった時、またもやひと騒動ありました。

「あれ、次男「け」が反対だよ」と長男に鏡文字を指摘されてしまったんです。

よく見ると、確かに鏡文字だらけです。

 

 

こうなると、またまた始まったグジュグジュ…。

 

 

私は、「リクがそれで良ければいいんじゃない?!」と言ったところ、次男は

「書き直す」と言って机に向かい出しました。

 

 

おっ、すぐにあきらめないところはいいところだぞ!

 

 

3日目、今度はいとこの家族にお手紙を書くそうです。

 

 

長男は、字はとっても汚いけれど、こういう時すらすら

書いていくことができます。

今回も、紙いっぱいにありがとうを書くことができました。

 

 

「長男は” ありがとう ” がたくさん見つけられたね。

” ありがとう ” がたくさん見つけられる人は、きっと幸せな人になれるよ」

 

正直、おチビちゃん達がこんなに ” ありがとう ” を見つけられるとは

思っていなかったので、びっくりしました。

 

 

私はここ数年で、やっと気づけたことなのに、子どもってスゴイですよね。

長男は青森での経験をきっかけに、今新たな夢を見るようになりました。

自分の釣りたいものが釣れる釣竿を買って、メバルとかソイを釣りたい。

いとこの師匠のように、大きな釣り道具セットが入るカバンを持って、

大きな魚が釣れる釣り具を集めたいと思うようになったようです。

 

 

そのために、お手伝いも励み、魚のことを新たに勉強し始めました。

 

長男の頭の中は、釣りのことでいっぱいです。

こんなに夢中になれる憧れの人ができたことは、長男にとっては宝物です。

 

 

今年はいい夏休みになりました。

 


Nijiiro Lamp を御紹介いただきました!

こんばんは。

お盆で、留守をしていた間に、以前パンフレット用に撮影していただいた

オフィス・キャラバンサライさんのHPにて、Nijiiro Lamp を御紹介して

いただきました。

オフィス・キャラバンサライさん、ありがとうございました。

よかったら、是非下のアドレスをポチっと押して、覗いてみてくださいね。

http://caravan-serai.net/20120813-1193.html

オフィス・キャラバンサライさんの、写真はとっても素敵ですよ~。

是非、他のお写真も覗いてみてくださいね。

あったか~い、お写真をとっていただける女性カメラマンさんです!


我が家の夏休み その3

こんばんは。

本日2回目の投稿です!

夕方から熱を出したリクが、やっとこさ落ちついて眠りに就いたので、

パソコンを開けたこの時に、一気に投稿しちゃいます 喜ぶ

そうそう、今日は先日の続きの青森からの帰り道のお話をしますね。

車で青森まで行った私達、行きはトイレ休憩と2時間ほどの休みを挟んで、

18時間ほどで愛知県瀬戸市から青森県つがる市に着きました。

が、帰りはというと24時間かかってしまいました。

なぜかというと、最近の道の駅がスゴイからです!

秋田県には、無料で遊べるアスレチックや遊具がたくさんありました。

しかも、ガラガラ。

やりたい放題!!

サイクリングや通常硬貨を入れて走る車も無料!

「出発するよ~!」とどんなに叫んでも、おチビちゃんたちは全く帰る気配なし。

 

こちらも眺めのいい道の駅でした。

ここには温泉もあったので、立ち寄りました。

 

夕陽のきれいに見える丘。

ここもきれいでした。

 

そして、無事にお家に帰れるようにお願いをしました。

行きは途中で入れる予定にしていたガソリンスタンドが、ことごとくお休みで

とってもヒヤヒヤしたので、帰りは給油も早めに完了!

無事帰宅することができました。

そうそう、青森県にはとってもおいしいおにぎりがあるんですよ。

 

すじこのおにぎり!

いくらじゃないんですよ。

どこのコンビニにも、イオンにもありました。

私も家族も大好物なので、いろんなお店の味比べもしました。

”何県まで売ってるのか” も県境のコンビニに寄って調査しちゃいました!

青森県まででした。

青森県へお立ち寄りの際には、是非食べてみてくださいね。

おいしいよ~ ♥akn♥


長男のトイレ掃除!

こんばんは。

今日は午後からお家でステンドグラスのワークショップでした。

 

 

ということで、朝から家中大掃除です。

 

普段からいつもきれいにしてればいいんだけどね…。

なかなかそうは運ばない。

 

で、一生懸命あちこち掃除して、さてトイレ掃除をしよっかなと思ったら、

「長男、トイレ掃除やるわ」と突然助っ人が現れました。

 

 

前に1度挑戦した時、トイレ掃除はなんて大変なんだと言って、半年

以上やらなかったのに、突然の申し出!

 

 

たぶん、まともにひとりでできないだろうけどと思いつつ、お願いしてみたら、

段取りだけ教えたら、全部ひとりでできちゃいました。

 

 

母は気付いてなかったけれど、この半年の間に随分成長してたのねと

びっくりしました。

 

おまけに「2回ぐらい拭けばいいよ」と言う母に、「母ちゃん、ぴっかぴかに

なるまでやりたいから、もう1回拭いていい?」と提案したり、

「奥のここが汚いからさ~、ここ掃除機でやってもいい?」と言うのでびっくり!

 

 

いつもは、泥んこ足で家に駆け上がってくる長男ですが、きっと何かを

一生懸命やりだしたら、トイレ掃除もおもしろいんですよね。

 

長男は、もしかしたらイケ面になるかもしれません 笑う

(「トイレの神様」より)

 

 

トイレの神様、男の子でもべっぴんさんにしてくれますかね?!


我が家の夏休み その2

こんにちは。

夏バテなのか、我が家のおチビちゃんバテなのか、とにかくお疲れモード

の私です。

今朝も朝から、リクが牛乳の入ったコップをぶちあけました。

リクはどうして牛乳の入ったコップの手を離しちゃうんだろう…。

年長になってもう5回ほど同じことしてるもんだから、片づけ方法もバッチリ

だけど、できることならそんなところで褒められるより、同じミスを繰り返さない

方法を見つけてほしい…。

ここ数日、ドリンク剤に頼ったりして、おチビちゃん達のパワーに完全に

負けています。

しかし、あと1週間とちょっと乗りきれば、2学期もすぐそこ!

がんばれ、母ちゃん!!

ということで、今日は青森でのお話の続きをしたいと思います。

青森のおばさんの家には、家の前にも後ろにも、横にも畑があります。

おばさんの家では、その日食べる分の野菜を採りたてで食べます。

そんな畑は、オウスケとリクにとっては最高の楽園です。

 

ししとう、ピーマン、パプリカ、きゅうり、オクラにトマトにナスにトウモロコシ。

「食べる分だけとっていいよ」と言われ、二人は夜更かししているにもかかわらず、

毎朝早起きをして、野菜の収穫に行きます。

青森のおじさんは、毎朝4時半に起きます。

その次は青森のおばさん。

20人近く集まる親戚のうち、オウスケはだいたい3番目に起きて、野菜の収穫に

励んでいたそうです。

オウスケが1番収穫したかったのは、スイカです。

 

そして、スイカ息子は念願のスイカ畑で、収穫のお手伝いをさせてもらいました。

ちゃんと、おじさんにおいしいスイカの見分け方を聞いたそうです。

今では、私よりも頼りになるおいしいスイカの見極め士です!

 

じゃがいも掘りもしました。

 

少し掘るだけなら楽しいけど、本当の収穫は大変なものです。

リクはすぐに諦めてしまったけど、オウスケは最後まで掘りきりました。

楽しいだけじゃない、大変なことも経験させてくれて、オウスケにとっては

本当にいい経験になりました。

そして、オウスケはいとこの師匠にツブ貝のお造りの作り方も教えてもらいました。

金づちで貝を割ります。

きれいに殻をとって。

 

実だけを取り出します。

 

きれいなお造りができました。

食べたいものは、自分で作る。

オウスケには師匠のいいところがたくさん伝授されました。

そして帰る日の前日、台所では料理教室が始まりました。

 

みんなが大好物のなすのシソ巻きを、姉である青森のおばさんに、

2番目と3番目(母)の妹が頼んで作ってもらっています。

なんかこの3姉妹の後ろ姿、いいなぁ~。

 

とても手間がかかるからと、みんなで料理教室に参加しながら手伝います。

来るたびに、習っているような気もするけれど、どんなに習っても、

1番お姉ちゃんの青森のおばさんの味にはならないんだって。

いくつになっても、お姉ちゃんはお姉ちゃんなんですね。

 

みんなでいくつ巻いたかな。

おばさん、5回は焼いてたな~。

 

みんなが一気に味見するから、一皿はご飯前になくなっちゃっいました。

どんなごちそうよりも、おばちゃんの作ったシソ巻きは大人気!

本当に、おいしい~ ♥akn♥

こうして青森での6日間はあっという間に過ぎました。

帰り道、車で24時間かかりました。

そのお話は、また後で!

さて、そろそろご飯の用意をしよっかなっと。


我が家の夏休み その1

おはようございます。

毎日暑いですね~ 汗☆

ちょっと夏バテ気味な私…。

で、かなりブログをお休みしてしまいました。

ブログをお休みしている間、何をしていたかと申しますと、家族で私の母の

実家である青森県津軽市に行ってきました。

ここは私の祖母がずっと住んでいた場所。

そして、私の母が生まれ育った場所です。

家の玄関を出て、数歩歩けばこんな田んぼ畑が広がります。

建物と言えば、ビニールハウスぐらいかな…。

ここは私の大好きな場所。

小さい頃は、毎年家族で車に乗り、丸1日2日かけて来たものです。

そのころに比べれば高速道路は延びてるし、SAや道の駅も充実していて、

順調に行けば18時間ほどで愛知県から青森県津軽市までたどり着くことが

できるようになりました。

とはいっても、やっぱりとても遠い所なので、今では毎年訪れることはできません。

今年は旦那さんのお休みを、希望通りに取らせていただくことができたので、

青森のおじさんやおばさんにお願いをして、青森の夏を満喫させて

いただきました。

私の母は5人姉妹。

弟もいたけれど、私が生まれて間もなく、事故でなくなったそうです。

それから5人姉妹がそれぞれ家族を持ち、子どもが生まれ、私達いとこが

愛知や神奈川などから、夏にここに集まるようになりました。

みんな仕事や家の事情もあって、毎年顔を合わせることはできないけれど、

数年ぶりに会っても、ついこないだ会ったみたいに会話が弾むのが、ここの

居心地のいいところです。

親戚一同が集まるといつも定番行事がこの家にはあります。

バーベキュー!

父や母もおじさん達もおばさん達も、親戚一同随分高齢化してきたので、

私達子ども世代(と言っても今や30代~50代)が準備・用意して、食料を焼いて

テーブルまで運びます。

これを、おばさん達は”バイキング”と呼んでいます。

本当はバイキングは食べる人が取りに行くんだけどな…。

と、いとこ世代は笑いながら焼けた食料を運びます。

これを1番喜んでいるのは母達です。

普段、家では子どものため、孫のため、旦那さんのためにと休むことなく

働いている母達。

この日ばかりは、どっしり座り込んで、お酒を飲んで食べて、はしゃぐ母達を

見るのもいいものです。

翌日は、いとこの釣り名人親子が子ども達のリクエストに応えて、魚釣りに

連れて行ってくれました。

これにはオウスケも大喜び。

私のいとこと、おじさんは、本当に釣りが大好きなんです。

そんな二人が、おチビちゃん達のために、自分の釣りを諦めて、釣りを

楽しませてくれました。

 

釣好きの旦那さんも大満足!

 

オウスケもリクも、旦那さんも、その日釣りをしたみんなに、魚がジャンジャカ

釣れました。

普段オウスケはなかなか魚が釣れないので、どんな小さな魚やフグでも

持ち帰ろうとします。

しかし、師匠(いとこ)に「小さい魚は逃がしてあげて、また大きくなってから

釣りあげるのも釣りのだいご味だぞ~」というようなことを教えられると、

すぐに言うことを聞きました。

さすが、尊敬する師匠です!

 

持ち帰った魚は100匹以上!

さてどうするかな。

さすが師匠!!

料理も上手い。

旦那さんも師匠に魚のさばき方を伝授してもらいました。

オウスケは、もう師匠にクギ付けです!

さばき方から料理の仕方まで興味深々です。

そして、ぜ~んぶ師匠が料理をしてくれました。

 

アイナメの煮付け。

タナゴの塩焼き、アジとサバのから揚げ。

これらは、人気のため、写真を撮り忘れて食べるのに夢中に

なってしまいました 汗

そしてメインはこちら。

 

38センチの鯛のお造り!

師匠のお父さんが釣りあげました。

スゴイ!!

青森での夏休みのお話には、まだまだ続きがあります。

続きはまた今度!

では、今日も1日暑さに負けず、がんばりましょう  がんばるよ


1 / 212