突然の質問!

こんにちは。

今日は先日、夕食の時に突然オウスケからあった、質問がきっかけとなって

始まった話についてのお話をしたいと思います。

先日家族そろっての夕食をとっている時のこと、突然オウスケが

「ストーカーって何?」ということを聞いてきました。

おっと、びっくり!

私も旦那さんも一瞬ひるみましたが、私がこう説明しました。

「相手が嫌がっているのに、後をつけたり、待ち伏せしたり、何度も電話したり

することだよ。

相手が嫌がっているとわかったら、それは絶対やってはいけないこと

だよね。」

するとオウスケは「じゃあOO君はストーカーだ。」と言い始めました。

「なんで?」

オウスケがお友達のことを悪く言うのを、実は私は初めて聞きました。

どちらかというと、かなりの―天気で、以前合わないグループの子達に

集団でからかわれていた時も、彼は遊んでもらっていると思い込んでいた

し、”本人がそう思っているなら幸せだわっ”とずっと私も見守ってきたのです。

そんなオウスケが自分からそんな話をするなんて、私も旦那さんも

心を落ち着かせて、ゆっくり話を聞く構えを見せました。

オウスケ「OO君は、いつもA君やB君やC君を叩いたり押すんだもん。」

母 「それはストーカーとはちょっと違うと思うけど、OO君にも何か理由が

あるんじゃない?

OO君も一緒に仲間に入れて遊んでるの?」

オウスケ「遊んでるよ。今日だって30分放課に外で一緒に鬼ごっこしてて、

オウスケがOO君をタッチしたら、ここ(胸ぐら)を持たれて壁に思いっ切り

”ガンッ”って押しつけてきたんだもん。」

父 「そこで胸ぐらつかまれるなよ。ちゃんとガードしろ!」 あはは…

母 「それで、オウスケはどうしたの?」

オウスケ 「ん?先生に言った。」

母 「それで、先生はどうしたの?」

オウスケ 「関係者は来なさいって言って、AくんとかBくんとかDちゃんとかも

見てたから、みんな行った。」

母 「それでOO君はどうしたの?」

オウスケ 「もう出てけって言われとった。」

母、父…。

母 「そっか…。OO君はさ、自分の気持ちを人に伝えるのがまだ苦手

なのかもね。

リクもさ、まだ上手く言葉で伝えられなくて、すねたり、泣きわめいたり、

手が出たりする時あるじゃん。」

オウスケ「うん…。」

母 「だからさ、OO君がどうしたいのか聞いてあげるとかさ、後はとりあえず

手を出しそうになったら逃げるとかさ…」

父 「そうだぞ、いいか。空手やってるからにはこっちから手は出しちゃいかん

けど、ガードしたり守ったり、スキができたら後は逃げろ。」

母 「そうだね。時間をおけば、落ちついて話ができるかもしれないし、

嫌なことは伝えなきゃいけないけど、OO君だってさ、人をなぐったら嫌な気持ちに

なるけど、殴らずに済んだらその方がイイんじゃない?」

私も旦那さんも正解の回答なんてわかりません。

でも、私たちができることは、オウスケの話をしっかり聞いてあげること、

一緒に考えてあげることぐらいかなと思いました。

もしかしたら、私達のアドバイスも間違っているのかもしれません。

親ってこうして試されてるんだな~と思う瞬間でした。

でも、私達に学校でのこと、友達のことを話してくれたことは本当に

嬉しかったです。

いつかは、そんなことも話してもらえなくなる日が来るんですよね。

今、この瞬間がとても大切な時間に感じられる出来事でした。

今後もずっと見守っていきたいと思います。


おでん!

こんにちは。
今日は今シーズン初の手作りおでん!

photo:01



銀杏も入れてみました!
iPhoneからの投稿


”ステンドグラス教室 Nijiiro Lamp” 始めます Ⅲ

おはようございます。

朝夕ホント寒くなってきましたね。

昨日はせと・しごと塾の相談日に行ってきました。

チラシを作るための掲載内容を確認してもらうためです。

ここに至るまでにも何度も相談してきた内容を、まとめていったつもりでしたが、

愛情あふれる塾長に、ダメ出しいっぱいしていただきました。

塾長の愛情はしっかり伝わっているのですが、ダメ出しいただくと、どうしても

一度は谷底に落ちます ↓ ありがちなキラキラ

しかし、ここで這いあがらなかったら塾長の愛情を無駄にしてしまうので、

”絶対に塾長に「イイじゃないいですか~!」と言わせてやる!”

と昨晩から必死でダメ出しと課題克服に向けて、励んでいます。

昨日の話はさておいて、今日も引き続き ”ステンドグラス教室 Nijiiro Lamp”

始めます のお話をしたいと思います。

教室の物件探しを始めたところからでしたね。

教室の物件探し、私も全くわからないので手探りで始めました。

まずは、人づてに評判のいいところや希望している地域にある、

不動産屋さんに直接行って、条件にあった物件を探してもらいました。

条件は立地、家賃、それから広さとか駐車場の有無とか…。

おチビちゃんがまだ小さいので、できるだけ学区内とかその周辺とかを

希望して探しました。

が、そんな好都合な物件、すぐに出てくるわけありませんよね。

そんな時、運命の出会いかと思う希望通りの夢のような話が

舞い込んできました。

自宅前にある400坪の広大な土地に建つ古民家が、ひとつの団体に貸し出され、

その団体が、そこに入るお店や施設を募集しているというのです。

家からは近いし、国道沿いの大きな交差点角地で人目も集まる最高の

立地、駐車場もたくさんあるし、家賃も入店するいくつかの店舗で出し合うので、

本当に私にとっては最高のお話!

すぐさま手を挙げることにしました。

店舗の予算計画や事業計画、想いを綴った資料を作り、団体さんの会議にも

参加しました。

もう私の頭の中は教室を開催する妄想だらけです はははははははフフッ

しかし、何日たっても、何週間たっても、連絡は来ず…。

人づてにその話は白紙になったことを聞きました。

それでも、もうここまで妄想したら諦めきれません!

ということで、ここからご近所さんの空き家や空き倉庫を、直接まわったり、

市が行っている空き工房の情報も調べ始めました。

その間にも、たくさんの方の情報やご紹介、ご協力をいただきました。

本当にいい方で、「貸してあげたいけど、雨漏りもするし戸が開かないところも

あるのよ」とお話してくださる方もみえました。

「ちょっと遠いけど」と貸して下さるという物件をご紹介いただいたことも

あったのですが、おチビちゃんの下校時間や急な一大事を考えて、

丁重にお断りさせていただいた物件もありました。

もう見に行くところがなくなると、アパートやマンションも視野に入れて、

ネット検索したりもするようになりました。

アパートやマンションはこちらの条件が合っていても、住宅として使用しない

場合は、断られることもしばしば。

物件探しを始めて数か月、全く有力な物件は見つかりませんでした。

ということで、今日はこの辺で。

続きはまた次回、ブログへ遊びに来てくださいね!

教室情報はコチラ ↓

” ステンドグラス教室 Nijiiro Lamp ” 
2013 年4月  瀬戸市に開講予定です!
コンセプトは、目指す未来に向けて、暮らしを笑顔いっぱいにする
お手伝いをします。やりたいことを楽しむ時間を一緒に過ごしましょう!

新着情報は随時ブログにて発信していきますので、時々遊びに来てくださいね!
お問い合わせはコチラ info@nijiiro-lamp.com


”ステンドグラス教室 Nijiiro Lamp” 始めます Ⅱ

おはようございます。

今日は朝から久々に大騒動!

寒くなってきてなかなか布団から出られず、遅刻スレスレのオウスケと

ひともんちゃくです。

時間を守らないこと、軽い気持ちで人に迷惑をかけることは絶対に許さない

母と、オウスケの大戦争でした。

が、無事なんとか決着!

みんな登校、出勤、登園できました はぁ~ ふぅ。

ということで、今日も ”ステンドグラス教室 Nijiiro Lamp” 始めます

についてのお話をしたいと思います。

ステンドグラス教室を始めようと決めて、まず初めに取り掛かったことって

何だと思いますか?

私が最初に取り掛かったのは、事業計画書を作ることです。

経営理念から始まって、競合他社との比較や資金計画まで、2年前に

せと・しごと塾で学んだことをフル活用して作り上げました。

2年ぶりなのに、すっかり忘れていた専門用語あり、2年の間に

進歩しているIT活用ありで、この事業計画書を作るのにも

かなりの時間を費やしました。

作っている間に出てくる疑問を調べたり、競合他社のことを調べたりと、

作りながら調べて行くことや、疑問に思ってから人と話していてアンテナが

ビビビッときたり、事業計画書を作ることで色んなコトを深く考えられるように

なった気がします。

そしてその次は、せと・しごと塾の相談日や5期生さんの座学に来ていた講師の

先生などにお願いをして、できるだけ多くの専門家の方に、作った事業計画書を

見ていただき、ご意見をいただきました。

いつも突っ走っているとよく思われるんですが、実はトンカチでつり橋を

カチカチ叩きながらでないと、怖くて渡れないんです。

しごと塾の塾長や、市役所担当者のKさん、それから講師の先生方に

いただいた意見を参考にしながら、事業計画をもう一度立て直します。

事業計画書を作ると、だいたいどのくらいの家賃ならやっていけるのか、

どういう計画を立てれば、その家賃を支払っていけるのかということが

わかってきます。

ここから、教室の物件探しが始まりました。

ということで、続きはまた次回、投稿しますね!

教室情報はコチラ ↓

” ステンドグラス教室 Nijiiro Lamp ” 
2013 / 4  瀬戸市に開講予定です!
新着情報を随時ブログにて発信していきますので、時々遊びに来てくださいね!
 お問い合わせはコチラ info@nijiiro-lamp.com


”ステンドグラス教室 Nijiiro Lamp” 始めます Ⅰ

こんにちは。

今日は晴天ですね。

さてさて本日は、私にとっては新たな挑戦であり、みなさんにとっては小さな

お知らせがあります。

と言っておきながら、もういきなりお題に書いてしまったので、お気づきの方も

いるかと思いますが、”ステンドグラス教室 Nijiiro Lamp” を始めようと

一大決心いたしました!

ここに至るまでには、実は数々の紆余曲折がありました。

イベントやショップの方へ「ステンドグラス教室はやっていないのですか」という

お問い合わせも、これまで何度かいただきました。

しかし、おチビちゃん達もまだ小さかったこともあり、急な病気やケガ、行事などを

考えると、まだまだ時間的な制約をかけるのは難しい時期でした。

それがこの春、単身東京に赴任していた旦那さんが帰ってきたこともあり、

オウスケが1年生の頃よりも落ちついてきたことや、リクが随分自分のことが

できるようになったこともありで、私自身、自由に使える時間が増えてきました。

それと同時に、オンラインショップでの注文が増え、ガラスなどの材料や

お取り置きのランプが増えてくると、知らない間にお家の中がステンドグラス

関連のモノで覆いつくすようになってきました。

それから、せと・しごと塾から始まったご縁で事業所さんで、ガラスカットや

ル―タ―の指導に行かせていただいたことや、自宅ワークショップで生徒さんたち

と一緒に時間を過ごさせていただいたことも、私の心を強く動かしました。

できなかったことができるようになった時の喜び、人に認めてもらった時の

嬉しい気持ち、自分が丹精込めて手を入れたものができた時には、本当に

そのモノが愛おしく、幸せな気持ちになります。

そんな姿を見せていただいた時、一緒に乗り越えてきた私も、幸せでいっぱいの

気持ちになります。

そんな時間をこの教室で、一緒に生徒さんと過ごすことができたら素敵だな~、

そう思うようになりました。

とはいっても、これはまだ夢や希望の段階で、ここからそう簡単に

事は運びませんでした。

ということで、今日から少しずつ”ステンドグラス教室 Nijiiro Lamp” ができるまでの

紆余曲折や取り組んできたこと、これからのことをお話していきたいと思います。

教室の具体的なことも、少しずつお話していきますので、これからも是非

ブログ読んでくださいね~!

よろしくお願いします。

それでは今日もがんばりましょう グー

今日は入荷商品のアップと、オーダーいただいている商品の制作に

励んでいきます。

昨日アメブロアプリで Iphon からの投稿も成功したので、これからはもう少し

ブログの投稿アップを目指しますよ~ バンザ~イ!


できるかな!?

こんばんは。

iPhoneからアメブロアプリを使って、初めて投稿します。

今まではブログカメラというのを使っていたけれど、画像が大きくて、

ずっとみんなはどうしているんだろうと思っていました。

思っていたけどなかなか行動に移せず、今日やっと

知恵袋で調べて実験です!

ちゃんと画像小さく載せれるかな?

photo:01

ちなみにコレ、昨日オウスケの宿題の教科書読みを聞きながら

チンして、電子レンジとオーブン間違えて、溶かしちゃったジップロック!

もうひとつ画像をアップします!

photo:02

iPhoneから画像二つ目掲載できたかな?

ちなみにこの画像は、先日旦那はんの先輩のお家にお邪魔して、

池で釣りをさせて頂いた時の様子。

今家のおチビちゃん達は釣りにはまっています。

さてさて今から投稿します!

うまくできたら嬉しいな [みんな:01]

うまくできたら、これから投稿増えるカモしれませんね!!

iPhoneからの投稿


オウスケの授業参観!

こんばんは。

秋は行事が目白押しですね!

先週もオウスケの授業参観に地域の運動会にと、お母さんのお仕事

がんばってきました。

特にオウスケの授業参観は、毎回期待というよりは、何かやらかすんじゃ

ないかとハラハラドキドキ!

今回は、ちょうど旦那さんのお仕事とも重なったので、まずは一安心です。

なんで一安心かと申しますと、オウスケの予想もつかない言動に、いつも

眉をひそめて旦那さんは見ているから、こちらは爆発しないかハラハラドキドキ

なんです!

しかし、今回は実際に目にすることはないので、私が上手く報告すればOK!

というわけです。

今日の授業参観は、算数の2の段(掛け算)です。

授業を見ていれば、先生が今答えてほしい答えは、大人には想像がつきます。

みんなが答えやすい問題でも、誰も手をあげない問題でも、オウスケは

いつも手を挙げています。

そう、ピンピンに!

なんとかあててもらおうと必死!!

 

こういうところは1学期と変わってない!

先生、「ゴ―カートって知ってるかな?さて問題です。

このゴ―カートは一体何人乗れるでしょう?」

初めはみんな手を挙げます。

答えはあたった順に、「1人!」、「2人!」

はい!ここで多くの子は手を下げました。

先生、「他には?」

そうそう、一応聞いとかないとね。

って、あ~っ、やっぱり手挙げてるよ~、オウスケ あはは…

そりゃ先生もあてるしかないね 汗

オウスケ、「はい!がんばれば30人ぐらい乗れると思います。」

あはははっ…  悩む

やっぱりね。

相変わらず、ノー天気というか、楽天的というか、マイペースね!

おまけに、どうやら後ろの子が気になるらしく、どんだけん後ろ向いて女の子に

話しかけとるネン?!

 

両脇の女の子は全くオウスケのちゃらんぽらんな動きには動じませんが、

後ろの女の子は、どうやらオウスケの話にやさしく笑い返してくれるらしい…。

って、授業中じゃっちゅ―の!

迷惑かけんな グー

ということで、色々ありましたが、なんとか無事、授業参観は終わりました。

その後、めったに書かない連絡帳に、いつもこんなオウスケをあたたかく

見守ってくれている先生に感謝の気持ちと、人に迷惑をかけた時にはどうぞ

遠慮なくド叱って下さいと、書いてみました。

が…、どうやら連絡帳を先生に見せずに帰ってきました。

「よっしゃ、わかった!

明日も先生に見せなかったら、直接学校に電話しとくからね!イイよ!

イイよ~!」

母とオウスケの頭脳合戦!

まだまだ絶対に負けてたまるものか 頑張る

というわけで、連絡帳も無事先生の元に届きました。

そしたら、”授業参観ではかなりキョロキョロしてましたが、国語の授業や

みんなが手を挙げない時はオウスケくんがいて助かっている”とお返事を

書いていただきました。

日々の忙しい中で、一言お返事をいただけて本当に感謝ですね。

親はこの一言で、とっても心が救われます。

オウスケにはまだまだ課題はたくさんありますが、明るく元気にたくましく

育ってくれているだけで、まずは花マルです!


笑顔があふれる場所、み~つけた!

こんばんは。

今日はなんだかとっても久しぶりにじっくりパソコンの前に腰を

下ろしたような気がします。

ブログ、さぼってしまって、ごめんなさい!

秋は色々行事が目白押しですよね。

さぼっている間に、おチビちゃん達の運動会あり、秋祭りあり、野球部の

お当番あり、夫婦喧嘩あり、健康診断ありとなかなか充実した日々を

過ごしておりました テヘッ

あっ!夫婦喧嘩は毎度のことですが、ちゃんと仲直りもしております 手

というわけで、今日は朝1でバリュームや乳がん検診など、一通りの

健康診断を受けた後、”仕事ノアル暮し”さんにお邪魔してきました。

以前、”仕事ノアル暮し”さんについてはお話したことがありますが、

こちらは” うつ病・ひきこもり・精神障害の方の為の就労移行支援事業所 ”です。

こちらに7月下旬から月に数回、訓練生さんにステンドグラスのガラスカット

の指導に行っています。

始めた当初は、「ガラスが怖いです」とか、「怖くてできません」なんて言っていた

訓練生さん達。

みんなひとり一人、できなくてやぶつかるところや悩みも違います。

でも、いつも「練習してもっと上手になることはあっても、下手になることは

ないから大丈夫!大丈夫!」とか、「さっきはココはできなかったけど、

ココができるようになってるなってる!イイよ!イイよ~!」な~んて話してると、

すごく嬉しそうな顔を見せてくれる人ばかりなんです。

私が発した言葉ひとつで笑顔を見せてくれるなんて、本当に心が綺麗で繊細な

人が集まる場所なんだな~とつくづく感じます。

そんな場所だからこそ、私もここに来ると、なんだかいつも心が癒されます。

今では、行くとみなさんが寄ってきてくれて、積極的に声をかけてくれるように

なりました。

「先生!まっすぐは切れるようになりました!」とか「これ、僕が削ったんです!

見てください!!」とか、少しずつ自信がついてきていることが目に見えて

分かります。

そして、最近は「ステンドグラスを最後までやってみたい!」とか

「楽しくなってきました!」とか、「どんなものができるか楽しみ!」という声まで

聞こえるようになってきました。

今のみんなの目標は、Nijiiro Lamp の厳し~いチェックを経て、これを使って

商品を作って販売することです。

そうそう!

Nijiiro Lamp さんは教えるときは親切丁寧で、と~ってもやさしいけれど、

商品に関してのチェックだけは、と~っても厳しいからね、そんな簡単には

商品にはしてくれません!

でも、いつかきっとそんな厳しいチェックも乗り越えて、たくさんの人に喜んで

もらえる商品作りができる日が絶対に来る!

そんな日がとっても楽しみなのでした。


リク保育園最後の運動会!

こんばんは。

今日はリクの保育園最後の運動会でした。

お天気も良くて、涙あり、笑いありのとっても素敵な運動会でした。

今日は、初めて私の父も運動会を見に来てくれました。

私が中学生の頃から入退院を繰り返してきた父。

父の体にもやさしい野菜おかずと、リクからのリクエストに応えて

お花にんじんと肉巻き、カキを入れました!

ipodfile.jpg

父から「おっ!知らん間にタカコ、料理の腕上げたな~」と

めったに褒めない父におほめの言葉を頂き、何だかやっと大人になった

気分ですっ!(ってそろそろアラフォーなんですけどね (^^;;
iPhoneからの投稿


地域清掃活動!

こんばんは。

昨日も今日もいいお天気でしたね。

昨日は朝から地域の清掃活動におチビちゃん達と行ってきました。

おチビちゃん達を連れて行くのに深い意味はありません。

年に数回あるこの地域清掃活動ですが、なぜかいつも旦那さんが仕事

の日が多い!

というわけで、おチビちゃん達が小さい頃からやむを得ず二人を連れて

私はこの活動に参加してきました。

おチビちゃん達が小さい頃は、本当にチョコマカ動いて、ヒヤヒヤドキドキ

しながら参加していましたが、ご近所さんのご理解やご協力があって、

なんとか無事ケガもなくやってこれました。

しかしその甲斐あって、おチビちゃん達はご近所さんに声をかけてもらえる

ようになり、かわいがってもらえるようになりました。

そんなおチビちゃん達も、今では少しは役に立てるようになってきました。

これは年長のリクです。

まだまだ危険なこともしばしばあるので油断はできませんが、

やる気だけは人一倍あります。

これは小2のオウスケ。

力も出てきて随分頼りになる存在になってきました。

お年寄りが多い地域なので、是非ともこのまま手伝い続けてくれたら

嬉しいな…。

全部で3時間ほど行った清掃活動ですが、リクは1時間ほどがんばって

そこからは遊びです。

そんなに長くは集中力が持ちません!

しかし、オウスケは2時間ほどがんばりました。

やればやるほど、ご近所のおじさんやおばさんが草や木、虫の話など

私たちでは教えてあげられないお話を聞かせてくれるので、

それが面白いようです。

そこで、いつも保育園への行き帰りに見かける不思議なものについての話を

聞いてみました。

 

いつもここを通るたびに不思議に思っていた自転車のカゴ。

「なんでこんなところに自転車のカゴがあるんだろう」

「誰が飲んだジュースの缶なんだろう」

オウスケに聞かれても、何も答えることができなかった不思議なカゴ。

そしたら先日、保育園の帰りに3人で見てしまったんです。

この道の前を走る車から、運転しながらおじさんがジュースの缶をこのカゴに

投げ入れるところを…。

私たち3人、目を丸くしてしまいました。

そしたらオウスケが、「車からジュースの缶を投げるなんてダメだよねェ?

入らんかったらどうするの?

あの缶は誰が片づけるんだろう…」と言いました。

私は何も答えられなかったけど、「オウスケはどう思う?」と聞いたら、

「大人なのにおかしいよね。オウスケはやらない。」と言っていました。

そこで、このカゴについてご近所さんに聞いてみたところ、このカゴを

付けるまで、いつも溝いっぱいにジュースの缶や瓶が投げ入れられて

いたそうなんです。

そこで、このカゴを付けたところココに投げ入れるようになり、溝の缶や瓶が

減ったそうです。

でも、この瓶や缶はいつもご近所さんが片づけてくれているそうなんです。

1週間もすると、缶や瓶はこのカゴ一杯になります。

自分が良ければ、後は知らないというのはなんだかとっても淋しい、

悲しいことだな~と思いました。

子ども達に注意する前に、まずは大人から気を付けなければと

大人として反省し、恥ずかしく思う瞬間となりました。

でも、その後お昼からはしごと塾の芋煮会で、おチビちゃんも私も

おしゃべりとみんなのお手製料理を満喫、思いっきり羽を伸ばしてきました!

楽しかった ごあいさつ


1 / 212