Nijiiro Lamp make a Real 内覧会開催決定!

こんにちは。

先週末、旦那さんの祖母が他界しました。

数え95歳でした。

家族に見守られながら、安らかに旅立たれて行きました。

私も結婚して10年、大変お世話になりました。

感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございました。

ということで先週末からしばらくの間、お仕事をお休みさせて

いただいておりました。

ご迷惑をおかけいたしましたが、本日からまた通常のお仕事に復帰しております。

どうぞよろしくお願いします。

さて、ステンドグラス教室、Nijiiro Lamp make a Real では、この3月に内覧会

を開催させていただきます。

チラシを見たいけれど、お手元にない方、もっと詳しく教室の話が聞きたい方、

どんなところで実際にこれから学ぶのかちゃんと見て確かめたい方などなど、

ご興味のある方は是非この機会に足をお運びくださいませ。

また、真剣にステンドグラス教室で学ぼうと、もう決めている方は、是非他教室の

見学をしてから、どうぞよく見比べてみてくださいね。

どんな材料がどれくらいあるのか、作りたいものを実際にはいつ頃から

作らせてもらえるのかなどの質問は必須ですよ!

それでは詳細のお知らせです。

2013/3/8(fri)・9(sat) 10:00~17:00

場所:瀬戸市大坪町33-1
     愛知環状鉄道 山口駅より徒歩5分、瀬戸市コミニティバス大坪町バス停すぐ

内覧会の両日は、駐車場のご用意がございません。
公共交通機関のご利用をお願いいたします。

以下は、ステンドグラス教室、Nijiiro Lamp make a Real のチラシです。

 

教室の詳細はこちら ↓*

  

御入会の際はこちらのチケットを使ってくださいね。

有効期限付きです!

 
 


感謝感謝です!

こんにちは。

昨日ブログでチラシが届いたことをご報告させていただきましたが、

ブログを見て早速チラシを取りに来てくださった方がいました。

DEPOTさんです。

DEPOTさんは、愛知県三好市で雑貨屋さんもやっているんです。

それで、お店にチラシを置いてくださるそうなんです。

嬉しい~  ♥akn♥ きらきら

そして、先ほどDEPOTさんのブログを覗いてみると、なんと、私よりもブログに

大きなチラシを掲載してくださっているではありませんか!!

そのブログがコチラです ↓*

DEPOT(デポ)

とっても、ありがたい~   バンザ~イ! わーい わーい

3月に体験教室にも来てくださるそうなんです。

三好市近辺にお住まいのみなさま、是非カワイイ雑貨を見ながら、Nijiiro Lamp

のチラシも手に取ってご覧くださいね!

3月には教室を見てから決めたい!という方やステンドグラスのランプを

見てみたいという方のために、内覧会も開催いたします。

日にちが決まりましたら、またお知らせいたしますので、どうぞお楽しみに ラヴ

それから、昨日はDEPOTさんの他にも、チラシ配りにご協力くださる方や

チラシを置いてくださるお店の方、直接チラシについてのお問い合わせ

などもいただきました。

ありがとうございました。

みなさんに、感謝感謝の日々を実感しています。

今後もチラシを置いてくださるお店の紹介やイベントの紹介もしていきます。

どうぞよろしくお願いしますね!


ステンドグラス教室始めます22

おはようございます。
昨日は待ちに待ったチラシが出来上がってきました。

photo:01



とっても可愛くて、すごく気に入ってます。
このチラシと一緒に、私が作った教室の詳細が載ったチラシを重ねて配布する予定です。
チラシの配布にご協力いただける場所が決まり次第、またブログなどで報告していきますね。
それから、お店やお友達に渡してくださる方など、チラシの配布にご協力して頂ける方も募集中です!
どうぞよろしくお願いします。
(*^^*)
iPhoneからの投稿


3人よれば…

こんばんは。

今日は先日の小さな出来事のお話をしたいと思います。

先日お昼ご飯にトマトパスタを作ろうと思った時のこと、ど~してもトマトソースの

瓶の蓋が開かなくて、困ってしまったんです。

フキンを使っても、シリコン的なものを使ってもどうしても開かない。

まあ、大体こういう時、旦那さんはお仕事でいません。

じゃあどうする?

諦めて他のソースで作ります?

こういう時、私は叫びます!

「あ~、どうしてもトマトパスタが食べたいんだけど、瓶の蓋が開かない。

あ~っ、ダメかぁ~。」

すると長男と二男が駆け寄ってきて言います。

長男、「よしっ!貸して。僕が開けてあげるわ」

そしてがんばるのです。

 

長男も、タオルや鍋つかみを使うなど色々試しましたが、やっぱり

開きませんでした。

そして今度は二男が、「貸して、俺やってみるわっ。」と言って、瓶を

もらい受けました。

 
 
二男、「あ~、ダメだ―!!」

やっぱり瓶の蓋は開きません。

そして、「よし、もう一回母ちゃんやってみるわ!」と言って、命ぎり蓋を

回します。

それでもやっぱり開きません。

母、「じゃあ、今度は二人も瓶をしっかり押さえててっ!」

長男・次男、「うん、わかった!」

今度は二人の手と私の左手で瓶を押さえ、私の右手で蓋を回します。

う~ん、びくともしない。

よ~し、もうこうなったら最後の作戦だ!

母、「いい、今から二人で瓶をしっかり持っててよ。母ちゃんは二人を信じて、

両手で瓶の蓋を回すからね。

蓋がもし開いても、瓶をしっかり持ってないと、トマトソースが飛び散るよ!

それじゃあ行くよ。

せーのっ」

 

二人は協力して、しっかり瓶を握りしめました。

そして、

 
 
こぼれることもなく、瓶の蓋は開きました!

そして、トマトパスタが無事食べられたのでした。

「長男と二男がいて、本当に良かった。助かったよ。母ちゃんだけだったら

絶対に開かなかったよ。ありがとう。」

まさか開くと思っていなかったのですが、親も知らないうちに力も付いて

きてるんですね。

頼もしい二人です ご飯 ありがとう 

 

 


”ステンドグラス教室 Nijiiro Lamp” 始めます 21”

こんばんは。

最近、ブログをお休みしがちですが、毎日ステンドグラス作りと、教室の準備に

励んでいます。

ということで、今日は久しぶりにステンドグラス教室の工事のお話をしたいと

思います。

前回は1月1日元旦のお話までしましたね sei

我が家でも旦那さんがお休みの2日・3日はゆっくりお正月気分を味わいました。

そして、旦那さんがお仕事の4日から、私もお仕事再開です!

ということで、1月4日(金)

天井を眺めていたら、どうしても梁と天井の色が一緒ということが気になって、

悩みましたがいちかばちか天井を白ペンキで塗ることにしました。

思い立ったら即行動!

天井に余っていた白ペンキを塗り始めました。

しかし、天井の木は粗い木なので、なかなかペンキが上手く載りません。

それに、すぐにポタポタ床に落ちちゃうし、どうやらペンキも新しいのを買って

こないと、足りなさそう…。

そこで、きれいに塗りつぶすことは諦めました。

1月5日(土)

前日のペンキ塗りで、首、肩、腕が痛い!

なので、楽ちんな方法を考えました  sao☆

よし!スプレーにしよう  喜ぶ

キラキラ  じゃん  キラキラ

できました!

 

どうかな?! 梁はしっかりわかるようになったけど。

私は気に入ってます OK うん

苦戦したんで …

1月8日(火)

風邪でダウンしていたそうな電気屋さんが、復活してきてくれました!

 

これで、器具が色々取り付けられるようになりました。

レール用のシーリングも、なかなか普通の電気屋さんでは売っていないんですね。

知らなかった!

甘く見てた!!

コジマさんもギガスさんもヤマダさんも、カーマさんもアントさんも売っていなくて、

結局エディオンで見つけました!

3つ!

なんだか最近コンビニでも探し物をしているので、コンビニと電気屋さんと

ホームセンターに通いづめ …  暑い・・・ ふぅ。

アハハ。

また来週、エディオン行こう。

床も DEPOT さんが剥がしてくれました。

ステンドグラス教室は土足で入るので、分厚くて、丈夫な工事現場の

足場材を使うことにしました。

今は、足場材も木材をあまり使わなくなってきたそうで、古いモノは逆に

なかなか手に入らないんだとか。

でも木の香り、やっぱりいいな。。

1月11日(金)

足場材、とっても気に入っていましたが、このまま使おうか、ペンキを塗ろうか

迷いました。





で、迷った末に決めました!

 

オイルステンを塗ることにしました。

画像の色目を見て購入し、塗りはじめたのですが、なんだかとっても色が濃い。

慌ててうすめ液で割って、再度塗りはじめました。

いかがでしょうか?

それでもまだ濃かったか??   あっつー はぁ~

まっ、いいか!

什器や机を入れて、踏み踏みしていくうちに、きっといい味が出てくると信じましょ!

1月15日(火)

部品が届かなくて工事が伸びてしまった、屋根工事や雨どいの仕上げ工事が

始まりました。

 

この日も親子で分担して、手際よくやってくれました。

 

屋根って、案外丈夫なんですね!

この日で、DEPOT さんにお願いした工事は終了です。

工事にご協力くださったみなさま、ご近所のみなさま、そして家族のみなさん

本当にありがとうございました。

明かりが灯るとこんな感じです。

翌日、チラシ用の画像を即、デザイナーさんに送りました。

そして無事、印刷会社の手配も完了しました。

もうすぐチラシも完成です!

できたらブログの方でもご紹介しますね。

それでは今日はこの辺りで すやすや


三谷宏治さんの講演報告!

おはようございます。

昨日は1日、念願だった「お手伝い至上主義でいこう!」の著者、三谷宏治さんの

講演を聞きに行ってきました。

まずは午前中、瀬戸市文化センターで行われた瀬戸市小中学校PTA連絡協議会

の講演へ。

演題は「子どもたちの決める力と生き抜く力を高めよう」です。

金沢工業大虎ノ門大学院の教授でもあり、経営戦略コンサルタントでもある

三谷宏治さん。

一体どんな講演をされるのか、とっても楽しみにしていました。

するといきなりクイズのような問題から!

実はこの問題、三谷さんの著書で見たことがあり、”ふんふん!!私

知ってる知ってる  笑う

なんて思いこんでいたら、あっさりだまされました。

ここで正しく、知識というか思いこみの怖さを実感したのでした。

次に行ったのが、近くの席に座っていた方4~6人でのワークショップ。

こんな大きな会場で、どうやってワークショップやるんだろう???と

ビックリしましたが、できましたね!

というか、これで一気に会場は盛り上がりました。

会場に来ていた父兄に、一体感が沸き、ただ聞くだけの講演から一気に参加者

になり、この後の講演に引き込まれていきました。

このワークショップでも、私はひとりで考えたよりもみんなで考えた答えの方が

点数がよく、「三人寄れば文殊の知恵」を実体験し、考え方や話し合い方の

大切なコトを身をもって学ぶことになりました。

三谷さんの講演は実際のご家族での子育ての実践経験と調査によるデーター、

それに多くの笑いも交え、本当に楽しくも学びの多いものでした。

あっという間の1時間半!

そして午後からは、もっと近くで三谷さんのお話が聞けるという少人数の

セミナーを聞くために、せとっ子ファミリー交流館へ。

アットホームな雰囲気の中、午前中の講演では聞けなかったお話や、

ワークショップもあり、午後のセミナーは私にとっては更なる大きな学びの

時間となりました。

このセミナーでは、隣の方の持ちモノを同じチームの人にほめる、自慢する

というワークショップもありました。

これは私の1番苦手なことだったのですが、重要思考でほめる具体的な

ポイントを伺うことができました。

これはこれから私の子育ての課題でもあります。

たぶん、我が家の息子達は人一倍お手伝いをしています。

それをお手伝いとは思っていない息子達二人です。

我が家では、家族の仕事で自分のできることをするのは当たり前となりつつ

あるのです。

そんなにさせて可哀そうだと思われる方も見えるかもしれませんが、

子どもだって、家族の役に立つことは嬉しいことなのです。

だから、「あ~、長男がいてよかった。助かったよ。」と言うと、何も言わないけど

鼻高々の息子達です。

でもほめるとなると、難しいですよね。

これから私は、子どもを叱る前に3倍ほめようと思います。

我が家のオキテには”最初から無理と決めつけないで、やってみよう、

やらせてあげよう”というものがあります。

だから私も早速実践です。

今日から3倍ほめます 喜ぶ

がんばります!!

その後、今回ご縁をいただいて、なんと三谷さんとお茶をご一緒させていただく

貴重なお時間をいただきました。

講演やセミナーでは聞けない三谷家のお話や、多くの質問攻めに対して、

笑いを交えながらひとつひとつ答えてくださる三谷さんのお人柄に触れ、

昨日は本当に贅沢な1日となりました。

昨日の講演に行けなかった方も、是非三谷さんの著書

「お手伝い至上主義でいこう!」読んでみてくださいね!

 

とても読みやすくて、大切なことがたくさんまとめられていますよ。

それから、もう一つこの本がおススメなのは、お手伝い至上主義で育てられた

三谷さんの娘さんの声が載っていること!

実際そんな家庭で育てられるとどう思っているのか、気になりますよね。

是非手にとって、ご覧くださいね。
 

そして、そんな三谷さんのホームページがコチラ。

http://www.mitani3.com

ブログは必見です Good!

 


家族会議!議題は「長男の部活!」

こんにちは。

昨日は久々に夕食後、家族会議をしました。

まずは我が家にある、”みんなのおきてノート”をみんなで読み返し、おきての

再確認をしました。

みんな守れてるかな?!

忘れてることはないかな?

以外に、子どもたちは実践できていないことでも、決めたおきての内容はちゃんと

覚えているのでびっくりしました。

1番覚えていないのは誰だ?  笑う

そして、増やしたいおきてを挙手して発表!

3人賛成すれば、我が家の新しいオキテになります。

そんなこんなの後、昨日の大事な議題についての話が始まりました。

昨日は長男の野球部の説明会があったので、その話に伴い、これから部活を

どうするかというお話です。

長男は昨年5月、小学2年生にして仲のいい友達が野球部に入るからと、

野球部に入りました。

練習日は土日祝日と月曜日の授業後だったので、お手伝いと自分のことが

ちゃんと自分でできるならと、入部を許可しました。

しかし、来月からは高学年の野球部員が少ないので、現2年生も父親が

審判をしたり、市内、市外の遠征試合の送迎、練習時間も増えるため平日の

部活見守り当番など、保護者の仕事も増えてきます。

家族の時間も減り、二男を無理やり付き添わせなければならない場面も、必ず

でてきます。

それから試合に出ることもあるので、スパイクやユニフォーム、バットなど、

色々揃えなければならない道具類と部費の徴収もあります。

私たち夫婦としては、本当は10歳ごろまでは、もっと自由に、自分のしたいことを

したいようにする時間を大切にしてほしい。

生活の部分がちゃんとできるようになってから、次のステップに進んでほしい

という願いがありました。

身体を動かすことも、友達と一緒にがんばることも、もちろん大切だとは思うけど、

コーチや監督、上級生に指示されたことだけを、何も考えずにこなしていくのは

まだ早いという気持ちがありました。

それに、長男の本気度がイマイチ伝わってこない…。

しかし、野球部をやめさせたことで、今のいい友達関係を崩してしまうのは

心が痛む…。

そこで、長男が野球部を続けるためにはどれだけの家族の協力と、お金が

必要か、それから母ちゃんと父ちゃんの想いを話しました。

それでも続けたいという長男に、「どうして野球部を続けたいのか」を聞きました。

すると、「野球が好きだから」と。

母、「野球のどこが好きなの?」

長男、「キャッチボールとか、打つのとか、生き残りノックとか…」

父、「でも、今のままではこのまま野球部は続けさせれん」

母、「母ちゃんも、そう思う。野球部の用意が玄関に置きっぱなしだったり、

脱ぎっぱなしだったりすることもよくあるし、食べっぱなしや、やりっぱなしの

ことが多いから。

自分のことがちゃんとできていないのに、これ以上部活の時間

が増えるなんて…。」

長男、「ちゃんとやるから。部活の送り迎えもしなくていい。

ひとりでも歩いて行くし、歩いて帰ってくるから。」

父、「ん…。 じゃあ、〇〇君がやめるって言ったらどうするんだ?」

長男、「やる!野球上手くなりたいから」

母、「じゃあ、今月中にはユニフォーム関係と道具を揃えなければならないから、

明日から27日までの2週間、ちゃんと自分のことができたら、とりあえず部活を

続けることを許すってのはどう?

それでもし2週間の生活態度が合格したら、長男のお年玉で野球部の道具を

買うってのは?」

長男、「いいよ。分かった。」

母、「その代わり、1回でも学校の用具や部活の用意が自分の部屋まで

持って行ってなかったり、やるべきことを後回しにしてやってなかったら、

野球部は一旦休部。いい?」

長男、「わかった」

父、「いいか?この2週間、たとえ合格してもいつでも野球部はやめれるからな。

やりっぱなしや約束を守らないことがあったら、途中でもやめさせるからな。」

長男、「うん、わかった」

2年生の長男にはかなりハードな約束ですよね。

でも、部活やることに、お金出してもらって、送り迎えしてもらえるのが当たり前

だとは思わないでほしいんです。

色んな協力があって、好きなことをやらせてもらっていることは忘れないでほしい。

この2週間、彼がどんな行動に出るのか、どれくらい野球部を続けたいという

気持ちが本気なのか、私たち夫婦はしっかり見守っていく予定です。

2週間後、また家族会議をします。

がんばれ、長男!!

応援したい気持ち半分、もっと自由でのんびりした時間を持ってほしいと

願う気持ち半分。

親も複雑な気持ちです。


”ステンドグラス教室 Nijiiro Lamp” 始めます 20

こんばんは。

年が明け、ステンドグラス教室も出来上がっているのでは?と思っている

みなさん、残念ながら工事は遅れておりまして、まだできあがっておりません。

どこでどう繰るってしまったのかはわかりませんが、まぁ、何でも思い道りに

行くほど世の中甘くないってことですね。

はい。

というわけで、我が家のこのドタバタ年末年始のお話と共に、今日は教室工事

の続きのお話をしたいと思います。

12月28日(金)

この日は世間様では仕事納めの日になりますね。

実は工事の工期は12月29日までの予定だったんです。

「お正月にはゆっくり教室で暮らせますよ」なんて思いをはせていましたが、

だいたいこの辺りから、そんなお正月は迎えられない予感が

ありました。

しかし、年内にチラシのデザイナーさんに教室の外観写真を送る約束を

していたので、もしかしたら外観だけでも今年中に間に合うんじゃないかと

秘かに願っていましたが、これが私の失敗でした。

秘かに願うんじゃなくて、ちゃんと DEPOT さんに気持ちを伝えるという

コミュニケーションがかけていました…。

というわけで、それに気付かなかった私は、この日ちょうどお休みだった

旦那さんにお願いして、一緒に教室の壁の下地塗りをしました。

DEPOT さんによると、これはローラーでくるくる塗っていくだけだから簡単

だそうな。

で、私が養生テープ係と細かい場所の下地担当となり、旦那さんはクルクル

ローラー担当に役割分担してやることにしました。

うんうん、上手上手!!

あんまりさぼって写真ばっかり撮ってると、怒られちゃうからね、旦那さんは

手だけね。

ありゃ、偶然映っちゃったわ―っっ、旦那さん!!

下地だからどうせ見えなくなるから、できはイイの。

とにかく、今日中に終わらせなくっちゃ。

この日は長男は野球部、ということで保育園を休ませてしまった二男が

退屈そうにお掃除遊び。

しかしこの作業、全然楽じゃなかったんです。

大変でした。

左官屋さんをホントあらためて尊敬いたします。

ということで、暗くなるまでがんばりましたが、この日全部の下地塗りは

終わりませんでした。

12月29日(土)

この日は旦那さんお仕事、長男野球部、DEPOT さんの工事はお休み。

ということで、ひとり昨日の続きの下地塗りとペンキ塗りをすることにしました。

カメラマン、6歳になったばかりの二男!

ちょいとボケてますが、なかなかいいショットです。

こりゃ大変だ!

ポタポタ下地材が垂れるばかりで、ぜんぜん壁にくっついてくれないワン。

しかし、なんとかこちらは半日で完成!

こちらは旦那さんがやったところ。

こちらが私がやったところ。

うんうん、そんなに変わりばいなし!

お次はペンキ塗り。

翌日は雨予報なので、なんとか今日中に2度塗りしとかなきゃ。

高いところのペンキ塗りは難しい!

なんてったって、手が短いから、私 ahaha;*

あらあら、顔にも髪にも付いちゃって、これは白髪ではございませんので。

なんとか夕方までに下地塗りとペンキの2度塗り、終了 喜ぶわわ

12月31日(月)

魔の大みそかの始まり始まり。

この日は大みそかなのですが、以前DEPOT さんと予定してしまったので、

旦那さんに頼みこんで漆喰の壁塗りをすることになりました。

DEPOT さん曰く、3人でやれば午前中で済むということだったのですが、

DEPOT さんも前日の雨で、工事に遅れが出ていたようで、結局夫婦二人

塗ることになりました。

まずはお手本を見せてもらって、

旦那さんが漆喰の生地を作ってくれました。

そして壁塗りも午前中はびっしり、夕方はちょろり、

旦那さんも嫌いな仕事をがんばってくれました。

 

私一人だったらと思うと、想像がつきません。

本当に本当に感謝しているのですが、結局夕方暗くなるまでやっても

壁塗りは終わりませんでした。

大みそか、結局中途半端にきりもつかず、ドタバタに終わりをつげてしまった

1年に旦那さんのいらだちはマックスに…。

ということで、夜は大喧嘩で2012年、幕を閉じました。

2013年1月1日(火)元旦

旦那さんはいつも通り出社!

ということで、早朝からお雑煮作ってお年玉渡して、旦那さんを見送りました。

元旦ですが、ここが私の踏ん張りどころ。

気合いを入れて、これ以上旦那さんの機嫌を逆なでしないようにと、

朝からひとりで壁塗りをすることにしました。

力のない私はミキサーが使えないので、木の棒とお玉で必死に混ぜる

ことにしました。

手ではたぶん無理とDEPOT さんと旦那さんには言われてたんですけど、

ホットケーキ生地の要領で回したら、思いのほかいい生地ができあがりました!

じゃん

でけたーー!!

で午後はドアのペンキ塗り。

 

こちらもでけたーー!!

時々お散歩のおじさんおばさんに、「職人さんかと思ったわぁ~」と声を

かけてもらいながら、がんばりました。

大変な作業でしたが、きっとこの経験も誰かが教室や工房、小屋やお店を

を建てる時、何かのお役にたてるかもしれない。

そう思ったら、今回のこの大変さもとてもいい経験になりました。

DEPOT さん、旦那さん、そしておチビちゃんたち、色々ご協力

ありがとうございました。

ということで、工事は今年もまだまだ続きます。

長くなりましたが、今日はこの辺で。

おやすみなさい。


今年もよろしくお願いします!

こんばんは。
いえ、明けましておめでとうございます。でしたね!
我が家は年末からドタバタ続きで、新年のご挨拶がかなり遅れてしまいました。
改めまして、新年、明けましておめでとうございます。
今年もどうぞ、よろしくお願いします。
今年は、4月から次男が小学生に、私はステンドグラス教室を始めます。
どんな年になるのか、今からワクワクしてしまいますが、我が家では新年早々いいことと嬉しくないことがもうすでに起っています。
嬉しいことは、旦那さんのお父さんが4日に、家の父が本日無事退院しました。
「やっぱり家が1番!」と言っている父達を見ていると、本当に日々、家で家族とご飯を食べられることの幸せを実感します。
小さな幸せに気づく事の大切さを教えてくれた父達に、感謝の気持ちで一杯です。
さて、今度は嬉しくないこと!
 きらきら   じゃ~ん きらきら

photo:01

チロリーン、鼻から牛乳ダウン
‥‥ちっと下品でしたか?!         (^^;;
ガックシ、ガックリです‥。
次男君がIHの上に湯のみを落としてあえなく割れました。
湯のみが割れた程度だと思って、「大丈夫、大丈夫!」なんて言った後で気づきました。
さすがの母ちゃんも久々に悲鳴をあげてしまいました。
オール電化っていうのもどうなんでしょうね‥。
こんなに簡単に割れてしまうなんて‥。
かなりショックです。
凹んでます。
最近、次男君の失敗減って来たな~って、気、抜いてました‥。
へこたれるな!母ちゃん‼
次は、いいこと待ってるぞ~*\(^o^)/*
iPhoneからの投稿