我が家のサバイバル生活!

こんばんは。
 
突然ですが、みなさん缶詰めは開けられますか?
 
以前テレビで”最近の若者は缶切が使えない人が多い”という話題
を見て、我が家では缶切の使い方を長男に教えたことがあります。
 
 
 
昨日はラタトゥユを作ろうと「トマト缶を開けて」と長男に言うと、気軽に
「うん、いいよ!」と言ったものの、なかなか缶が開けられない。
 
そういえばプルタブの缶詰は開けるの初めてだったな… ahaha;*
と思いつつも、せっかくなのでなんとか開けてもらおうと、放っておくことにしました。
 
しばらくすると、「母ちゃん、これあけれ~ん。」と言い出す長男。
 
「あっ、そう?なんとか開けなきゃ食べられないけど…。」と手伝う気のない母ちゃん。
すると長男は、「二男、ちょっと手伝って」と二男を呼び、二人で試行錯誤を始めました。
 
photo:01
 
 
まずは、二男が缶を手と足を使って支え、長男が懸命にプルタブを引っ張ります。
 
お次は二男がプルタブを引っ張ります。
photo:02
 
おっ!!
 
プルタブ取れちゃった!?
 
しかし、缶詰は1センチほど口を開けているだけで、完全には開いてない。
 
そこで、長男は缶切を持ってきました。
 
少し缶切を使い始めると、二男が「二男もやりたい。」と
 
言い出しました。
 
すると、長男がやり方を説明しながら、二男が缶切を使います。
photo:05
 
おおっ!!
 
うんうん、上手いうまい!
 
上手上手、その調子   ena
 
photo:03
最後は長男がこじ開けて、

photo:04
開きました!

サンキュー Good!Good!
 
いつでもいつまでも、父ちゃんや母ちゃんが助けてあげられる
 
わけじゃないからね。
 
できないことはどうしたらできるかを考える力をつけて、たくましく
 
育って行っておくれ ハートvV


お客さまからの贈り物!

こんばんは。

今日はオーダーメイドでステンドグラスのランプを作らせて

いただきましたお客さまからいただいた、メールとお写真を

ご紹介させていただきたいと思います。

「ありがとうございます」


主人共々、本当に感謝しております。
毎日、ランプを眺めては“ほっこり”した気持ちになります。
山田さんにお作り頂けて本当に良かったです。


ずっと大切に致します。
我が家の自慢の一品です
ありがとうございました!!


東京都にお住まいのM様より



こちらのランプはこれまで"ペンダントランプ 木漏れ日”として、


直径20センチでお作りしてきたランプを、今回はおよそ1.5倍の


ビッグサイズでお作りさせていただきました。


色々道のりは険しく、試行錯誤しながら、何度もモデルとなる型を


製作し、四苦八苦しましたが、イメージ通りのランプに仕上げる


ことができ、お客さまに喜んでいただけてホッとしています。

このお仕事を通じて、私も一歩成長することができ、このご縁を

頂いたお客様には大変感謝しています。


東京都のMさま、このたびは素敵なご提案にご感想、お写真まで、


本当にどうもありがとうございました。

いつまでもM様邸の自慢の一品として活躍してくれる事を

願っています。


ありがとうございました。

花 花 花





生徒さんの作品「フォトフレーム」!

こんばんは。
今日はステンドグラス教室の生徒さんの作品を紹介します。

photo:01



壁掛け用のフォトフレームです。
生徒さんの屋号はかっぱちゃん!
なんだかとってもカワイイ屋号ですね。
フォトフレームもシンプルで、どんな暮らしにもそっととけ込む素敵な作品に仕上がりました ♪
iPhoneからの投稿


激推し本「ルークの冒険」で我が家もトライ!

こんにちは。

我が家の長男は、今年5月で10歳になりました。

実は私、10歳の誕生日に贈ろうとぬくぬく温めてきたものが

ありました。

それが、この本!

photo:01
三谷宏治さんの著書「ルークの冒険」です。
三谷宏治さんと言えば、私のブログでも時々登場する、あの
「お手伝い至上主義」を書いた尊敬する先生なのですが、これは
今までの大人向けの子育て本とはちょと違うんです。
私がいつも子育ての師と仰ぐ先輩ママや先輩パパが、
「これはイイよ!」と進めてくれた本で、子どもが楽しく読めて、
大人もモノの見方が変わるんだとか。
といっても、いつもマンガばかりを読んでいる我が家の長男、
実は渡した後にペラペラっと見て、数日間置きっぱなしでした… なみだ
しかしそういう行動を見ると、負けじと作戦を練りたくなる母。
…ん、と考えつつ本の帯を見ていると、「お母さん・お父さんへ」
という記載を発見!
そこには、子どもに渡しっぱなしにせず、一緒にページを

進めてください。

と書いてありました。

そしてその理由もちゃんと書かれている。

そっかー!!

ということで、我が家の「ルークの冒険 カタチのフシギ」

チャレンジ編が、始まりました♪

まずはおチビちゃんと3人での病院の待ち時間で、一緒に

読み進める。

なんと、予想外に乗ってきたのが小学2年の二男!

時折出てくる問題に、二男も長男もココロ揺さぶられ、

ワクワクにドッカ―ンと火がつきました 炎

いったん火がつくと、どんどんおもしろくなってくる!

photo:02
もう、車の中でも勝手に読み進めている。
長男は、一番最初の問題で、ある絵の中から円柱を探すという
問題で、母ちゃんも父ちゃんも二男も3つしか探せなかったのに、
4つ見つけました。
そのちょっとした優越感が、おチビちゃんココロをくすぐります。
それから毎晩、夜寝る前に少しずつ本を読み進めながら、
問題の答えを次の日の夜までに探すことになりました。
例えば、円柱を探そう!という問題では長男はこれを
見つけてきました。
photo:03
水筒。
それから、学校で見つけてきたものは消火器、窓際の手摺、
カ―テンのポールなどなど。
そして二男が家で見つけたもの。
photo:04
DVD-Rのケース。
photo:05
お菓子のカンカン。
他にも、ストローに壁掛け時計、チョークに鉛筆…。
うんうん、おもしろい!
これは、子ども達の思考力や発想力のトレーニングになるらしい
んですが、母ちゃんはまだ始めたばかりなのにたくさんの
発見をしました。
長男の冷静で、人の意見に流されず自分で自分の答えを出すところ。
もっと他にもあるんじゃないかと確認するところ。
これは今まで学校のテストなどでは見たことのない集中力で、
長男にもこんなところがあるんだな~と初めて知りました。
そして、きっと二男は難しくてすぐに飽きるだろうと思っていた
母ちゃんの想定を思いっきり覆したのが二男の行動力!
そして発想力!!
おチビちゃん達に ”ごめん!” って謝りたくなるほど、
おチビちゃん達の力を完全になめてましたね  すんまそーん
子どもってこんなに知ることや、見つけること、探すことや、
考えることが好きなんだなと、なんだかそんな姿を見ていて
嬉しくなりました。
それから、お互いが見つけたことを認め合うことで、互いの信頼感が
増しているような気がします。
自分の伝えたいことが伝わらないと、”どうしたら伝わるのか”を
考えている様子も垣間見られます。
我が家も「ルークの冒険」へのトライはまだまだ始まった
ばかりですが、これからもドンドンおチビちゃん達と一緒に
読み進めて行きたいと思います。
さて、そんなすんごい本をお書きになっている三谷宏治さんですが、
この夏、瀬戸市で子育て講座がありま~す!
すでに託児枠は満席という噂もありますが、瀬戸市民でなくても
参加できるそうなので、お申し込みはお早めに。

8月1日 10:00~   瀬戸蔵ですよ

詳しくはこちら ↓*
私も行きま~す がんばるよ

生徒さんの作品!

こんばんは。
今日は、先日ステンドグラス教室の生徒さんが作られたペンダントトップをご紹介します。
こちらは春日井市からお越しの I さんの作品です。

photo:01



コラージュのペンダントトップです!
英字の印刷された紙とシックなスパンコールがちょっと大人の雰囲気漂う素敵なペンダントトップに仕上がっています。
そして裏もあります!

photo:02



こちらはイニシャルレースが入ってこれまた清楚でステキ!
ナチュラルなお洋服に合わせて、これから活躍しそうな予感です 音譜
iPhoneからの投稿


お客さまからの贈り物!

こんばんは。


今日は先日Nijiiro Lamp にお客さまから頂きましたメールをご紹介


させていただきたいと思います。


大阪府にお住まいのTさまからメールです。





Nijiiro様
昨日、注文させていただいていました商品が無事に届きました。

ご丁寧な対応をいただき、お世話になりましてありがとうございました。

想像通りでとってもかわいい素敵なランプです!!!

新居に飾る予定でいまからとっても楽しみです。

大切に使わせていただきます♪
ほかの商品も可愛いのがい~~っぱいで!!HPをみてるだけでも

楽しくなります♪

また検討させていただきたいと思いますっ♪

ありがとうございました。


Tさま このたびは温かいメールをどうもありがとうございました。


またTさまとお話ができる機会を楽しみにお待ち申し上げております。


素敵な新居ができますことを、お祈り申し上げております。


ありがとうございました。


土曜日のステンドグラス教室!その時チビちゃんは!

こんばんは。
最近、色んな方にこんな質問をされます。
「夜とか、土曜日とか、ステンドグラス教室の間、お子さんは
何をしているんですか?」
「んー?!何をやってるかな~。
好きなことをやっています。
夜の教室は、教室の前にごはんを一緒に
食べてしまうから、後はお風呂に入って寝るだけだし…、」
他に答えが見つからない私、今日は土曜日教室だったので、
教室の合間にちょっぴり二男の行動をチェックしてみてみました。
今日は、長男は部活に7時50分集合!
旦那さんは仕事で7時50分出勤!
私は教室の準備でした。
二男は朝食を食べて、週末のお決まりの洗濯パンパンお手伝いを
始めます。
二男がパンパンした洗濯物を母ちゃんが干す!
この連携は忙しい朝にはとっても助かります。
そして、母ちゃんの教室はいつも時間ピッタリには終わらないので、
お昼御飯の打ち合わせをしました。
すると、二男が米とぎをしてくれるというので、お昼は冷凍の
中華丼を食べることに打ち合わせ完了!
すると、二男がそそくさと米とぎを始めました。
photo:06


「母ちゃん、お米どんだけいれるの?」という二男に「3合炊いて。」

という母。

「3合って3杯ってこと?」

「うん、そう。白米の3までお水入れてね。」

「白米って?」

「しろ、こめって書いてあるところね。」

photo:01
といって、仕事へ行く母。
しかし母も、準備に家と工房を何度も行ったり来たり。


途中様子を隠し撮り!

photo:02
うんうん、がんばっとるな~!
photo:03


お米のとぎ汁は栄養たっぷりだから、オリーブさんにもあげて!

photo:04
もちろん、大好きなブルーベリーさんにもあげます!



そんなこんなしている間に、生徒さんが集まってきました。

生徒さんが「二男君何してるの?」と聞きます。

どうやら玄関掃除を始めたらしい…。

そして教室開始時間にはトイレ掃除を始めた二男。

しかし、母ちゃんはほかりっぱなしです。

そう、あえて言えば「トイレ掃除してくれるの?助かるわ。」

と一言。

我が家のお手伝いは修業期間が終わったら、終わるまでは

口を出しません。

だって、口を出されたら大人だってやる気が失せますもんね!

さて、そんなこんなのうちに、教室が始まりました。

photo:08
今日は6月から入会の新しい生徒さんも一緒に!
鏡を製作中の生徒さんと初めてトレイを作っている生徒さん、そして
これからウェルカムプレートに挑戦する生徒さんです。
そんな中、時々ではありますが、どうしても困った二男が質問に
やってきます。

「こんにちは。中華丼は大きいお皿と小さいお皿どっちに

のせたらいいかな?」

「好きな方でいいんじゃない?」と母。

心配事を聞いて戻って行く二男。

そしてもう一度来て、「母ちゃんの分も作る?」と聞きに来きました。

「ありがとう。母ちゃんの分は自分でやるからイイよ。

先にお兄ちゃんと二人で食べててね。」という母。

生徒さん達も、温かく見守ってくれたり、おチビちゃんに

話しかけてくれて、いつもとても温かい雰囲気作りをしてくれます。

生徒さんには心から感謝しています。

教室が終わって戻ってみると、一旦部活から帰ってきて

お昼ご飯を食べた長男はまた部活へ。

二男はトイレ掃除を2つしてくれていました。

トイレはとてもきれいに掃除されていますが、もちろんまだまだ

忘れん坊なところもいっぱいあるので、洗剤が出しっぱなしだったり

トイレクリーナーのごみがちらかっていたりもします。

そんな時は、「トイレ掃除してくれてありがとう。とっても助かったよ。

でもね、後かたずけが忘れてるものもあったから、

もう一度確認してきてね。」というと、

「あっ!!忘れとった!」と片づけに行く二男です。


そして午後からは、何か外でやっている…。

photo:05


何をやってるんだい?

腰曲げて、大きな株でも抜いとるんかい?

photo:07


おおっ!!

草むしりかい?!

ありがとう!

実は二男、今日はとってもお手伝いがんばってますけど、

自分のことは全くやっていないんです。

上靴洗いは明日、宿題も明日、自分の部屋の掃除機かけも明日

だそうです。

でも、それは二男が決めたことなので、母は黙って見守っています。

いつもこうしてお手伝いばかりをやっているわけでもないんです。

自分がしたいことを、自分がしたい場所で、自分がしたいように

するには、暇な時間がないとできません。

だから我が家の二男は、大人が今日は何をしようと決めない日が

多いので、暇な時間がたっぷりあり、自分で”今日は何をしよう~”

と考えているようです。

そうです!

家のおチビちゃん、夜とか、土曜日とか、ステンドグラス教室の間は、

好き勝手しています!

ルールは、どこへ誰と行くかと何時に帰って来るかを伝えること!

それだけです。

大人が何をさせようって考えなくても、子どもは遊びの天才ですね!

自分で自分の時間を楽しむ方法、見つけられるまで、あたたかく

見守ってあげたいですね  ラヴ


二男に届くか、母の想い!

おはようございます。
最近次男が自主勉に、はまっていると先日お話しましたが、彼もまた

手のかからないいい子では決してありません。
母は昨日、二男にブチ切れました!
小学2年生と言ったら、色々ありますよね。

子どもの成長成長で、色んな時期がありますが、小学2年生って、

学校にも慣れてきて、自分達よりも小さな1年生が入学してきて

ちょっとお兄ちゃん気分。

大人も気の張ってた1年を過ぎて、ちょっと手綱を緩める時期ですね。

そんなお調子に乗ったおチビちゃん達が数人集まれば、

怖いモノ無しとばかりに冒険心に火がついて、まぁ色々やりますわっ!

そう言えば長男も当時色々ありました。

友達の家へ遊びに行くと言って出かけ、そこから友達とまた

出掛けて行き、だんだんだんだん遠くへ行ってしまって、ついには

校区外の公園まで遊びに行ってしまった。

で、そろそろ帰ろうと思ったら、思った以上に遠くに来てしまって、

帰るのに時間がかかり、母が探しまくったこと。

友達10人位で話し合い、みんなでおこずかいを持ってこようと決め、

コンビニにお菓子を買いに行き、おごったりおごられたりしてたこと。

この時も、悪いと思っていたのかひそひそ隠れて何やら

やっていたなぁ~。

あの時もお母さん同士の情報網でおチビちゃん達がやっていることが

わかり、家族会議を開いて、何はよくて何がいけないのか、

どうしてそれはやっていけないのかって、みんなでよく話合いました。

おかげで、長男も色々たくさん事件はあったけど、同じ失敗を2回

繰り返してすることはなく、みんながやるからするのではなく、

その都度自分で考えて行動できるようになってきた気がします。

さて本題ですが、二男はそう、正に色々失敗して経験を積む時期の

真っ只中にいます。

友達関係も拡がってきて、行動範囲も拡がり、家族で決めた

ルールの中で上手くそれをすり抜けて遊ぼうと色々考えて

いる様子。

我が家には、遊びに行く時に約束事が二つあります。

どこへ遊びに行くかと、何時に帰って来るのかを言ってから

遊びに行くこと。

もし、予定が変更して移動して遊ぶ場合は、誰か大人にどこへ

行くのかを伝えてから別の場所へ行くこと、ということを家族会議で

決めました。

あとはもう、その都度大事なことを伝えて行くのが我が家の

やり方です。

これまでには、学校帰りに近所の資材置き場にランドセルしょって

入って行くところを、洗濯物を取り込んでた母に見つかりアウト!

先日は雨上がりで増水した溝に友達と靴で入って遊んでるところを

父ちゃんに見つかってアウト!

昨日はというと、グランドに遊びに行くと言って出かけ、靴も靴下も

泥んこで帰ってきたところを母に見つかりました。

どうやら、友達数人と盛り上がり、橋の下に降りて川の近くへ行って

遊んで来たらしい。

って、これは絶対にアカンでしょ 怒

靴が泥んこだからじゃないよ。

靴下がベしょべしょだからじゃないよ。

何があかんって、あんた死にたいの?

母は久々にブチ切れました。

どれだけ母ちゃんが二男の命を大切に想っているのか、泳げない

子ども達だけで誰にも言わず勝手に川へ遊びに行ったらどんな

危険が待っているのか、みんながやろうと言ったら何でもやることが

正しいのか…。

今日は本気。

本当にいけないことは子どもでも鬼のように叱ると決めています。

旦那さんとはいつも話しています。

子どもがわからずにやってしまったことは、叱らずに

教えてあげようね。

子どもが一生懸命やって失敗したことは叱らないで

認めてあげてね。

でも、人として絶対にやってはいけないことをした時は、

命ぎり叱ろうね。

子どもが命にかかわる危険なことをした時は、命ぎり叱って、

そしてどれだけあなたがたくさんの人に愛されてるか、

どれだけ私が大事に想っているかを命ぎり伝えよう。

昨日の母ちゃんの気持ちは二男に届いたかな。

まだまだ2年生は始まったばかり。

母ちゃんも体当たりでぶつかって行くよ 花


おチビの気持ち

こんにちは。
今日は地域のイベントに行って来ました。

photo:01



おチビちゃん達にはやりたいことがあり、数日前から楽しみにしていました。
それは「環境教室」といい、実際に川に入って生き物を捕まえて学ぶというもの。
最後には、金魚すくいコーナーの金魚も放たれて…

photo:02



たくさんの金魚と

photo:03



ハゼを捕まえてきました。
ハゼは、かなりお疲れのようだったので、すぐに川へ逃がしてあげました。
金魚はというと、「前に近所の◯◯さんにメダカをもらったから、お礼に金魚あげようと思って。◯◯さん喜ぶかなぁ~。」とおチビちゃんたち。
ん…、たぶんいらないだろう~と大人は思いつつも、気持ちは伝えなきゃ伝わらないだろうと思い、成り行きを見守ることにしました。
すると長男、すぐに走って近所の◯◯さんの家へ。
しばらくして帰って来ると「◯◯さん、メダカの世話だけで忙しいって。」と。
そうかそうか、でもきっと気持ちは伝わったね。
いつもたくさんのご近所さんに可愛がってもらっているもんね。
その気持ちはいつまでも大事にしてほしいな!
ということで、金魚さんは実家の父が好きなので、実家に持って行くことになりました。
子どもって、大人が考えてるよりも、色々考えているんだね~ [みんな:01]
教えられることの方が多い大人です!
iPhoneからの投稿


何してるの?

こんばんは。
先日のことです。

photo:01



長男がズボンも履かずに何かやっている。
どうやらズボンはお風呂掃除の後で、面倒だから履いていないようです。
何をやってるのかな?
何をやっているんだろう?

photo:02



ん?
んん?
むむむ?
もしかして、もしかして…
足の爪を切ってる?
長男が自分で爪を切るのは初めてのことです。
しかも黙っていきなり切っている。
切り方を聞くこともなく、許可を取ることもなく、勝手に初挑戦している!
だから、母も知らん顔しておくことにしました!
困ったら、助けを求めて来るじゃろう!
何かあれば、悲鳴をあげるじゃろう!!
何分やってたかな。
30分位かかったかな。
すると長男がやってきました。

photo:03



「母ちゃん自分で爪切った。」
母「おおっ!すごいじゃん!!手の爪切るのは難しかったでしょ?!
でも上手じゃん。
上手に切れたね。」
すると長男は満足そうに去って行きました。
知らぬ間にどんどん成長していくんだねぇ~。
iPhoneからの投稿


1 / 212