続!我が家のお犬騒動‼

おはようございます。

 

実は我が家、以前からお話してる通り、3年ほど前から犬を飼うかどうかと家族でずっと話し合い続けております。

しかし、これまではおチビちゃんにも私たち親にもいろんな意味で余裕がなく、ずっと話を引き延ばしてきました。

 

あれから3年、長男は小学4年生になり、随分自分のことができるようになりました。

そんなこの春、しびれを切らした長男が父ちゃんに言いました。

「どうして犬飼っちゃダメなの。

早起きして散歩もできるし、エサも僕が全部やれるのに。」

すると父ちゃんは言ったんです。

「お前を見とっても、本当にそれができるようには思えんのだわ。

もっとそれができるってことを父ちゃんが信じられるように態度で見せてくれ…?」

 

それから数ヶ月、最近の長男は、我が家ではかなり頼りになる即戦力になりました。

家ではお手伝いを積極的にこなし、学校では通知表に”意欲的に取り組んでいる”って先生に書いてもらったし、早寝早起き、そして部活…。

母ちゃんは、昨年のあの長男からは想像もできないほどよく頑張ってるなぁと思いはじめていました。

 

そんな中での介助犬の見学会。

母ちゃんは長男の変わりようをみて、”だんだん飼っても大丈夫かな…”という方向へ気持ちが変わって行きました。

その後の家族の話し合いで、長男はしびれを切らし、言ったのです。

「父ちゃん、ダメダメって、何がダメなのかってちゃんと理由を言ってくれんとわからん。

黙ってるだけじゃ、何もそこを変えられないし…。

早起きもできるようになったし、エサだって絶対長男がやるしさ…

父ちゃんは大変になることばかり言うけど、今よりもっと幸せになるために犬を飼うんだって。

大変なこともあるかもしれんけどさ、幸せなことの方が多いって」

 

だんだん、父ちゃんが何も言えなくなって行く様子が、この頃よく見受けられるようになりました。

そして先週、実はあるブリーダーさんのところへ見学に行ってきたのです。

父ちゃんは自分の思っている不安なことを直接色々ブリーダーさんに聞いていました。

そして他人事で、我関せずの次男。

お金のこと、旅行に簡単に行けなくなること、色々家族で話し合いました。

 

そしてついに、先週父ちゃんからオッケーが出たのです。

実はこの裏には、職場の先輩や同僚、同僚家族の色々な助言もあったようです。

犬を飼うということは、家族が増えるということ。

まぁ大学に行かない3人目ができたと思えばイイっか!

これが父ちゃんと母ちゃんの散々悩んだ答えでした。

オッケーが出て早々、長男と私は色々なブリーダーさんをあらためて調べ始めました。

 

そして長男は、

o0480048013019612389[1]

 

実家の外にほかってあった、数十年前のゲージを洗い始めました。

この汚れ、流石にかなり頑固でしたが、次男と母ちゃんも手伝い、随分キレイになりました。

そして、よくわかんないけど何かやり始めたふたり。

 

o0480048013019612393[1]

 

もしかして?

 

 

o0480048013019612400[1]

 

い、犬小屋???

まさかね… ( ̄▽ ̄);

って、ホントに犬小屋?!

ハハハッ…。

 

ってまだまだ数ヶ月先の予定が、急に縁あって、

 

o0480048013019614796[1]

 

昨日、来てしまいました。

 

o0480048013019614802[1]

 

我が家の末っ子、「サクラ」だそうです。

母ちゃんがステンドグラス教室やってる間に、名前、決まってました。

ちなみに誕生日は父ちゃんと一緒。

おじいちゃんの命日に生まれた子。

我が家の家族共々、これからどうぞよろしくお願いします!


みず!

こんばんは。

 

昨日親戚から、「みず」が届きました。

東北地方の方なら、ご存知方も多いと思いますがこの「みず」、我が家では母ちゃんとおチビちゃんの大好物なんです!

ただ、蕗のように皮をめくるのにちょと手間がかかります。

しかし、我が家には強力な助っ人がおります!

 

o0480048013018273972[1]

 

大好物のためならなんのその!

「食べるためなら働きますぞ!」と言わんばかりによく働いてくれるおチビちゃん。

こうして三人で皮を剥きながら、世間話をしてる時間が、母ちゃんは大好きです。

なぜだかこういう時って、みんな優しい気持ちになってケンカにならないんですよね。

 

さぁて、明日は冷え冷えのみずの昆布浸しを食べて、今年も夏を乗り切るぞ!


女だけの貿易ゲーム!

こんばんは。

 

おチビちゃん達の夏休み、いよいよ始まりましたね。

今週は旦那はんの夏休みにあわせて、友達家族と2泊3日の海の旅へ行ってきました!

そして帰って来て早々、今日は母ちゃんの夏休みを1日頂きました。

行ってきました、女だけの貿易ゲーム。

 

o0480048013015149389[1]

 

私のチームは経験者の方がリーダーとなり、5チーム中、発展途上国からの優勝です。

面白かった~。

またやりたい!

 

そしてこういうときの私のコミュニケーションの癖、ここで発見しちゃいました。

あゝ、私っていつもこうなのねって感じです!

国外では際どい交渉や修羅場が色々あったようなのですが、そんなことは露知らず、黙々と目の前にある仕事をこなす私。

あれ?!

そう言えば私、誰とも交渉してないわっ!

そして誰にも私の気持ち、伝えてないわ。

ってだいたい私の気持ちってなんなんだい?

ってやっぱりみんなの進むスピードからズレてて、飲み込むのに時間のかかる私でした。

 

しかし、その後の振り返りでは、言えてない、聞けてないと自己評価の低かった私に、グループのみんなが「でもこういうときこうやって言ってくれたよね。」と、私のいいところを見つけてくれました。

チームの力ってスゴイですね!

貿易ゲーム、とっても深いです。

 

そしてその後は猛獣飲み会へ。

あれ?!

いや、間違えた!

猛牛でした!

猛牛飲み会!!

猛牛とはなんじゃ?

猛牛女子にはいつから?

いつからそんなに強くなったのですか?

周りの目って気になりますか?

って、とにかく笑えてスッキリしまくった飲み会でした。

 

私も猛牛になるべく、頑張るぞ~と思う今日この頃です。


我が家のお犬騒動!

こんばんは。

 

昨夜は長男が久々に高熱を出し、今日は学校をお休みしました。

教室の生徒さんは「えっ?」って思うほど、長男の存在感、なかった

かもしれませんね!

 

実は今夜はお友達一家と野球観戦に出かけるつもりでした。

しかしもちろん長男だけ置いていくわけにもいきません!

ということで、今夜は母ちゃんと長男はお留守番。

色んな話をする時間が持てました。

 

以前ブログの記事で、長男が日本介助犬協会の見学へ

申し込んだことをみなさん覚えていますか?

先週の土曜日、我が家は家族総出でその見学会に行ってきました。

見学会では介助犬についての説明や館内の案内、実際の

利用者さんのお話があり、最後に長男が希望している

キャリアチェンジ犬の説明会がありました。

 

o0480048013003149421[1]

 

もちろん犬を飼うということは大きな責任も伴いますし、これまでの

生活スタイルも変わります。

お金もかかるし、すぐに決められることではありません。

もし、家族の誰かが一人でも反対するのなら犬を飼うのはやめよう

と以前から決めていました。

 

しかし、実際に会ってみると本当に可愛いですね。

本当は、もしかしたら犬の大きさやパワーにビックリして、

おチビちゃん達は尻ごみするんじゃないかなと母は思っていました。

ところが、尻込みするどころか長男も二男も、そして母ちゃんも心は

魅かれるばかり…。

 

家に帰ると、長男はまず自分の気持ちを整理し始めました。

・パピーホームは1年後に離れて、もう会えなくなるから嫌だ。

・キャリアチェンジ犬には、いろいろな条件があり、その条件

全てをクリアーすることはできないから、キャリアチェンジ犬は無理だ。

・犬の種類はラブラドールかゴールデンレトリバーかそのミックス犬

しか考えていない。

・今考えている方法は、ペットショップで買うか、里親募集で探そうと

思っている。

・犬の散歩は僕と二男で朝と夕方するし、ご飯も僕と二男が交替で

あげる。

・旅行は行けなくてもいい。犬を飼うことが優先だ。

 

そして、長男は言う。

「父ちゃんがダメな理由を教えて。」

父、「ん………。」

ん……、父ちゃん、長男、どちらの気持ちもわかる。

そして、みんながここ数日それぞれに考えている。

実は私も父ちゃんも、実家では小さい頃から犬を飼っていました。

母、「父ちゃん、犬を飼ってて嫌な思いをしたことってある?

私はひとつも思い出せない。

死んでしまった時、ボロボロ泣いて、学校行ってもずっと泣いてた

ことは覚えてるけど、嫌な思い出はひとつもない。

誰にも言えない悲しい気持ちを、隣で慰めてもらったこともあったし、

笑っちゃうような出来事や事件もあったし、野良犬と戦って勇気を

見せつけられたこともあったな~。」

 

すると、父ちゃんも言う。

「確かに、死んだ時が悲しすぎて、こんな思いは子ども達には

させたくないって思ってたけど、他に嫌な思い出はないね。」

それでも私も父ちゃんも、答えは出せず、ずっと考えています。

長男は見学会から帰った日から、毎日自分でネット検索し、犬の

里親募集を調べ始めました。

 

長男は以前、テレビ番組の「アンビリーバボー」で足にケガをおった

大型犬と、障害を持った少年の友情のドラマを見ています。

だから、たとえ足が不自由だったり、病気を持っていてもそれは

その犬の特徴だと捉えているところがあります。

そんな長男の様子を見た父ちゃんも、少しずつ動き出しました。

昨日は職場で犬を実際に飼っている人に、親の立場となって犬を飼うと

暮らしがどう変わるのかということをリサーチしてきた模様。

さて、どうなるんでしょうね。

我が家のお犬騒動!

答えはそんなに簡単には出せそうもありません。

 

それでは今日はおやすみなさい


生徒さんの作品!

こんばんは。

 

今日は防災訓練に行って来ました。

バケツリレーでちょっぴり腕が筋肉痛なワタクシ (^^;;

しかし、教室の生徒さんもどんどん作品を仕上げてくれていますので、今日は作品紹介をしたいと思います。

最初の作品はこちら

 

o0480048013002417647[1]

 

生徒Nさんの小さなおやすみランプです。

小さいながらもしっかりガラスの個性を主張している綺麗なランプです。

夜、足元のフットランプとしても使うことができますし、お皿を置いてアロマランプにもイイですね!

 

そしてお次は初めての立体に挑戦された生徒Yさんの作品!

 

o0480048013002417655[1]

 

落ち着いたクリアーガラスでとっても可愛く仕上がりました!

そしてYさん、初めての立体制作のお次は、初めての曲線カットに挑戦しました。

 

その作品がこちら。

 

o0480048013002417673[1]

 

クリアーガラスと花柄のアンバーガラスがとてもカワイイ、トレイができ上がりました!

どんどん作品が出来上がって来ると、本当に楽しいですよね ♪

 

さて、次は何ができるかな?!


“キミチャレ2014”選考結果!

こんばんは。

 

長男が応募していた”キミチャレ”の選考結果が、本日学校で配布されました。

さて結果は!!

 

o0480048012997283764[1]

 

ハッハハーッ!

残念ながら今回は選考から漏れました。

学校から帰宅後、直ぐに私が仕事をしている工房へ、長男は結果を知らせに来てくれました。

驚いたのは、なんと長男が残念そうに落ち込んでいたこと。

 

「残念だったね。」

と言うと「うん。」と肩を落としておりました。

が、夕食の時、選考に通った友達の話になり、「また来年、挑戦する」と長男は言っていました。

今年は選考から漏れてしまったけど、まずは自分で決めて、自分で考えて、1人で応募できたことは自信を持ってほしい!

残念ではあったけど、今年はきっとこれでよかったんだよ。

漏れたことで、きっと色んなことを感じて、色んなことを学んだよね。

夢を叶えるのはそんなに簡単なことじゃない。

けど、絶対に無理なんて母ちゃんは思わないよ。

どんなことだって、いつからだって本当にやりたいことが見つかったら
思いっきり挑戦してほしい。

 

今年の長男の瀬戸市教育委員会「キミチャレ2014」は、終わりました。

長男、しかし君のこの夏のチャレンジはまだまだこれからだ!

どんな夏休みになるのか、楽しみにしてるよ


母ちゃんのお務め!

こんばんは。

ブログをさぼり始めて一週間!

何をしてたかと申しますと、夜はセミナー、そして昼間はお仕事、それから合間に町内のお仕事に励んできました。

o0480064012995372066[1]

夜のセミナーは久々の連続シリーズ。

補助金の申請書の時にもお世話になった、女性中小企業診断士の先生のセミナーということで、参加することにしました。

o0480048712995372105[1]

セミナーは女性の視点がとても新鮮で、難しい言葉が苦手な私にも理解できるほどわかりやすく、とても勉強になりました。

そんなセミナーといつもの仕事、家事の合間に、今年は町内副会長と公民館運営委員という持ち回りの大役もあります。

o0480064012995372129[1]

昨日は雨の中お天王さんの灯しはじめ。

o0480064012995372154[1]

我が家は蛍にも数分で出会えるような自然もいっぱい残るところ。

昔ながらの行事もたくさん残っている貴重な町内なのです。

一応若い方の私は、年配の先輩方から風習やしきたりを学びつつ、新しい風もビュンビュン入れて行きたいなと密かに目論んでおります