わく・WORK・パークありがとうございました!

こんにちは。

昨日は Nijiiro Lamp make a Real 初めての屋外イベント、”わく・WORK・パーク”に参加してきました。

 

FullSizeRender (8)

 

Nijiiro Lamp ブースにお立ち寄りくださったみなさま、昨日は本当にどうもありがとうございました。

 

FullSizeRender

 

総勢15名の生徒さんと共に参加した今回のイベントは、生徒さんそれぞれが課題を持ち、取り組むことができた、実りあるイベントになりました。

 

FullSizeRender (11)

 

初めてイベントに参加し、自分の作品を販売してみた生徒さんは、価格を決め、値札を取り付け、そして販売と、初めてのことづくしでした。

しかし、みなさん戸惑いながらもちゃんと商品を完成させ、楽しんでイベントに参加してくださいました。

 

FullSizeRender (7)

 

昨年の雑貨屋さんでの販売イベントに引き続き、2回目のイベント参加となった生徒さんは、展示や営業トークに苦戦しながらも、普段なかなかお会いすることのできない他コースの生徒さんとの交流や情報交換を楽しんいる様子が伝わってきました。

 

FullSizeRender (9)

 

「よし!今度は松本のクラフトフェアへ行こう!!」なんて話が盛り上がってる生徒さん達もいて、いつの間にかものすごくたくましくなってる生徒さんに、私もビックリ仰天です。

 

FullSizeRender (10)

 

また、今回はディプロマコースの生徒さんが初めてのワークショップに2名名乗りを上げて、トライしました。

 

FullSizeRender (6)

 

当日準備してたものが行方不明になったり、お客様が同じ時間帯に重なって押し寄せたり、予想していたよりも低年齢のお客様が来て下さったりと、ハラハラ、ドキドキすることも色々ありました。

がしかし、全て乗り越えた生徒さん、今はきっとたくさんの自信につながっていることでしょう。

 

 

そして今回のイベントの主役、キッズ達にも驚かされましたよ。

午前中来てくれたキッズは低学年女子ふたり。

「お母さんが勝手に申し込んだ」と言って、やる気もそぞろ。

テーブル前に座り込んでしまうという場面もありました。

が、そんな事言ったって、仕事は仕事です!

楽しいだけじゃないんだよ。

っということで、まずはお手本をおばさん(私)が見せて、「いらっしゃいいらっしゃい!!」って大声出してみたり、楽しくお仕事する姿をみてもらうことにしました。

 

んー、このおばさん、恥とかないのん?

でもなんかこのおばさん、楽しそうじゃない?

声、出して見る?

ふんふん、案外なんてこともないんじゃない?!

へ~、なんか声出すってスッキリするじゃん。

全然平気じゃん!!

 

っと思ったかどうかは定かではありませんが、なんと修了10分前からふたりで大きな声張り上げて、しっかり営業してくれました。

 

それから午後から来た4年生の女子は、しっかりワークショップの宣伝をしてお客さままでとってきてくれました。

ケーブルテレビのインタビューをしてくれた6年生の女子は「お仕事大変」とテレビ局の裏側に驚きながらも、しっかり言うべきことを覚えて、インタビューをしてくれました。

 

私自身も、今回のイベントはたくさんの刺激をいただきました。

しごと塾の仲間がそれぞれの立場でそれぞれが責任を全うしようと努める姿に感動し、人が成長していく姿をまじまじとみさせていただきました。

 

また、新たな発見もありました。

ステンドグラス教室に通う生徒さん方のお家で、小さな変化が現われてきている様子。

なんでも、お母さんがステンドグラスをやるのを見て、ステンドグラスをやりたいという娘さんや息子さんが何件もあるようです。

しかしそんな簡単にはお母さんがやらせてくれないので、”お母さんいいな、お母さん楽しそう、なんだかお母さんスゴイ!”と、お母さんへの憧れのまなざしが増してるようです。

私的には、お母さん達がいつ子どもたちにやらせてあげるのかも気になるところですが、お母さんが”子ども達にはまだまだ抜かされないぞ”と踏んばってる姿も、またカッコイイな~なんて思っている次第です。

それからステンドグラスを通して、お父さんやお母さん、そして旦那さんとの会話が増えたなんて話も最近よく聞きます。

教室を始めて1年半、こんな話を聞くと、なんだかとってもあたたかい気持ちになりますね。

これからも幸せな人、幸せ家族、ステンドグラスを通じてたくさんの方のお手伝いをしていけたらと思います。

 

 


ステンドグラスが400点!!

おはようございます。

いよいよ明日は我が教室、Nijiiro Lamp make a Real の生徒さんたちの作品がおよそ400点が並ぶイベント、「わく・WORK・パーク」の開催日です。

お天気も雨予報がなく、暖かくなりそうです。

今日はその商品の一部を紹介したいと思います。

 

FullSizeRender (5)

 

こちらはリンゴちゃんと洋ナシちゃんのオーナメント。

立体的で可愛いでしょ?!

 

FullSizeRender (1)

 

こちらはお花とチョウチョのトレイ。

何を乗せようかな~!!

 

FullSizeRender (3)

 

こちらは開閉ができる宝石箱?!

大切なものを贈る時にも、大切にしまっておきたいものがある時も、こんなBOXに想いを詰めたらステキですね…。

 

FullSizeRender (2)

 

こちらは生徒さんの初めての立体作品。

とっても大変でしたが、ステキなトレイができました!

 

FullSizeRender (4)

 

こちらはパネル!

カッコイイですよね。

これからお家やお店をお考えの方、壁や扉の一部にいかがでしょう?!

是非イベントでオーダーのご相談など遠慮なくしてくださいね。

 

写真 3 (1)

 

こちらはキャンドルホルダー。

LEDライトがついているので、お家ですぐに試せますよ。

 

写真 4

こんな置き型ランプも登場します。

夜が楽しみになる、お家のランプです。

 

 

当日はワンコインでお買い上げできるモノから、ランプやパネルなど大きなものまで、生徒さんおひとりおひとりの個性に満ち溢れた作品がズラリと並びます。

見ているだけでもウキウキしちゃいますよ。

そして当日はワークショップも開催します。

是非、Nijiiro Lamp ブースへ遊びに来てくださいね!

 

 

 

わくWORKパーク

日時:2014年11月22日(土) 10:00~16:00 雨天決行

場所:品野陶磁器センター芝生広場(道の駅しなの隣接)
   瀬戸市品野町1-126-2

http://わくworkパーク.com/

是非みなさまのお越しをお待ちしております。


ディプロマ授与式!

こんにちは。

昨日はステンドグラス教室 Nijiiro Lamp make a Real  から初の卒業生がでました!

そして昨日はその卒業式&Diploma授与式。

 

FullSizeRender (1)

 

おおよそ1年半の間、厳しい宿題にも負けず、こわ~い講師のダメ出しにも負けず、よくがんばり通してくれました!

 

FullSizeRender (2)

 

娘は産んだことはありませんが、娘ちゃんのように可愛いカワイイ生徒が、これから一人旅立ってゆきます。

って、私本体がブログに載るの、一体何年振りだい?

何年振りかの掲載で、口紅塗るの忘れて撮っちゃいましたが載せちゃってええかい?!

あっ、どっちかわかるかな~?!

って、私がおばさんの方でございます…。

 

FullSizeRender (3)

 

お渡ししたディプロマは、Nijiiro Lamp make a Real の力作です。

この日のために、受け取った卒業生の方々が一生誇りに思えるようなディプロマをと、信頼あるデザイナーさんに作って頂きました。

いかがですか?

ちゃんとロゴも入ってるんですよ。

 

FullSizeRender (4)

 

彼女はこれから嫁ぎ先の新たな地で、”玉虫堂”として作家活動をしていくことになりました。

“玉虫堂”という名をお見かけしましたら、「おっ!あのコだ!!」と作品を見ていただければ幸いです。

とってもカワイイ作品の数々、きっと20代から40代の乙女ゴコロをくすぐること間違いありません!

ちなみに今週末瀬戸市で開催されます「わく・WORK・パーク」というイベントでも、彼女の作品が50作品以上並ぶ予定です。

瀬戸市での出展はこれが最後になるかも?!

是非 Nijiiro Lamp ブースへ遊びに来てくださいね。

お待ちしていま~す。


苦手が自信へ変わる時!

こんばんは。

今日は長男が鼻歌を歌って帰ってきました。

そんなこと、時々ない訳ではないのですが、なんか今日は変!

だって、ソプラノみたいな声でクラッシックみたいな歌、歌ってるんだもん。

その理由は数時間後にわかりました。

その話は後ほど。

 

 

さてさて話は変わって、先日、長男が食事中に驚くべきことを報告してきました。

「今日音楽の時間にリコーダーの発表があって、長男がクラスで2番目に上手だったって言われた。」

「ふ~ん…。

って、えっ?

誰が? 何で? えっ? どういうこと?」

って、母も父も自分の耳を疑いました。

 

だって、ブログを長い間見てくださってる方、覚えてますか?

小学3年生の昨年の夏休み、長男がリコーダーができないって相当くじけて、悩んで、自分自身と格闘したのを。

あの彼が、クラスで2番?!

「それって、どうやって決めたの?」

とまだ耳を疑いつつ、再度長男に確認する母。

「クラスの全員でリコーダーを聞いて、一番上手だと思った人の名前を紙に書くの。

それで、みんなが上手だと思った人の名前が多かった順で、長男が2番目に多かったってこと。」と長男。

「えっ!ええっ!!

長男の名前2番目に多かったの?」

何回聞くんじゃい!!

と自分に突っ込みを入れながら反省する母。

「す、スゴイじゃん!

リコーダーいつからできるようになったの?!

あんなに嫌いだったのに。

母ちゃん見なおしたわ!」

 

驚きを全く隠し切れていない母でしたが、よ~く考えたら確かに4年生になってからの長男は何かが違う。

自信に満ち溢れているし、落ちても落ちても果敢に色んなものにチャレンジしている。

キミチャレにリレーの選手、応援団に学級委員。

そして落ちる度に言う。

なぜ落ちたのか。

それを自己分析して、次に繋げている。

もしかしたら、そんな小さな繰り返しが、リコーダーの時にもあったのかもしれない。

そうやって、苦手で嫌いだったリコーダーがいつしか自分の自信の持てるモノに変わっていったのかな。

 

 

そんなことを思った数日後の、今日の鼻歌。

実は今日、音楽の時間に先生に「高い声がきれいだね」って褒められたらしい。

それで似合わないソプラノの歌声で鼻歌!

笑っちゃいけないけど、笑える。

決して馬鹿になどしていないけど、母ちゃんはそんな長男を見ていると面白くて笑える。

まだまだズルしたり、ごまかしたり、適当だったり、イイとこばかりじゃないけれど、長男は長男なりに考えて、成長してるんだなって思うこの頃です。

 

 

今月は個人懇談があります。

数年前、悩んでいたのを思い出しますね。

二男は只今、長男の時に悩み悔やんだあのやんちゃクソ時期の真っただ中です。

が、長男の成長に教えられたように、あの頃決意した「肝っ玉母ちゃんになる!」という気持ちを新たに、また明日からもがんばって行こうと思います。

 

FullSizeRender


我が家のおきてノート第2弾!!

こんにちは。

久々の投稿になってしまいました。

この1週間、母業に娘業、そして作家業に講師業と色んなお仕事をしておりました。

イイこともあれば、予期していない事件も突然起こる!

ちょいと沈んだ夜もありましたが、そんな日は早く寝るに限ります。

私は最近3日経てばまた立ち上がれる自分に気がつき始め、今日も元気に過ごしています。

 

さて、ここ最近おチビさんネタから遠ざかっておりましたので、今日は先日行われました我が家の家族会議のお話について綴ってみたいと思います。

 

我が家には、数年前からおきてノートというものがあります。

簡単に説明しますと、家族のルールは家族みんなが暮らしやすいように家族みんなで決めようと言うことで、それを綴ったノートです。

もちろんルールは誰が提案してもイイ!

ただし、多数決の結果4人家族の我が家では3人が賛成しないとそのルールは我が家のルールにはならないってこと。

兄弟で協定結んだって、夫婦で悪だくみを仕掛けたって、もう一人誰かが賛成してくれないとそのルールは成り立ちません。

 

そんなおきてノートが、ここ最近リビングから失踪してしまいました。

ちょうど、初めにノートを作った頃からおチビさん達も成長してきて、そろそろルール―改正も必要だなと思っていた時期だったので、

これをチャンスに、新たなおきてノートを作ろうということになりました。

じゃん

 

FullSizeRender (3)

 

これがその”我が家のおきてノート 第2弾”です。

ちょうど年間行事予定も入れれるし、家族4人の個々の予定も毎月書けれて、フリースペースもいっぱいある!

うんうん、ふむふむ。

よしゃっ!

これに各自がちゃんと予定を書くことにすれば、「おい!聞いてないぞ!」「え~、何回も言ったのに~。」なんて行き違いもなくなるはず。

そう、もう母ちゃんだけでは全員の全ての予定、把握しきれませんから。

 

そしてもちろんおきてノートの1ページ目はアレです。

アレ!

ほら、最近朝ドラでもよく口ぐさまれてた…、

 

FullSizeRender (4)

 

はい!正解!!

古くからブログを読んでくださっていた方には、お見通しでしたね!

そうなんです。

我が家では、働かざる者食うべからず。

お家のお仕事(家事)はみんなで協力してするのが当たり前。

生まれた時は、できないから大人が手伝ってあげてるけれど、家事は母ちゃんだけの仕事じゃありません!

だから、できるようになったことはみんなで分担したり、協力したり、助け合うのが我が家の基本!

できない人がいたら、できる人が助ける。

やってくれたらありがとう。

ちなみに「情けは人の為ならず」、アレも母ちゃんのお気に入り。

噛み砕いておチビさん達によく言ってるな。

 

さて、ここからが今日の本題!

新たにルールを作り直すことになって、母ちゃんはここのところずっと気になってた部活の用意の話を提案することにしました。

週5日ある長男の野球部の後、玄関はいつもぐちゃぐちゃ。

それに腹立てる父ちゃんのイライラが家族に向うのが母ちゃんは嫌い。

しかし、二男もこの秋から週1の野球クラブを始め、長男ぐちゃぐちゃに輪をかけている。

この悪循環をなんとかするべく、母ちゃんが提案する。

「部活の用意なんだけど、疲れてるのはわかるけど、そのまま家に入って来ると家中砂だらけになるし、玄関で脱いで、カバンもスパイクもベルトも、全部玄関のフックにかけてくれないかな~。

そうすれば、砂だらけになるのは、玄関からお風呂場までの廊下だけだし、それなら父ちゃんもイライラしないでしょ?

どう?」

すると、長男から意外なコメントが帰ってきた。

「部活の用意を玄関のフックにかけるのはいいけど、フックが高くて届かないんだって。」

母、「じゃあ踏み台を用意してはどうだろうか?」

長男、「踏み台を置きたいけど、母ちゃんのでっかい段ボールが邪魔でフックまで通れないんだって。」

母、「おっと!それは気が付かなかった。

それは母ちゃんが悪かったね。

じゃあ、母ちゃんが明日中に段ボールを片づけるから、そしたら野球部の用意これから家の中に入れずに玄関に片づけてくれる?」

長男、「いいよ。わかった。」

 

そうだね~。

思えば母ちゃんが悪かった。

全く気付いていなかった。

相手のすることは気になるのに、自分のしてることは案外気づきにくいモノです。

今回は、それを長男に気付かせてもらいました。

反省します…。

 

こんな感じで我が家のおきてノートには、新ルールが徐々に加わりつつあります。

 

FullSizeRender (5)

 

おきてノート、楽しいです。

これをきっかけに、普段お互いに伝えきれていないことを、家族で話し合うのもいいですね。