長男の1年を振り返ってみた!≪小学4年編≫

こんばんは。

もうすぐ今年度も終わりですね。

最近年が過ぎ行くのが毎年早く感じます。

 

さて今日は、この1年の長男を振り返ってみたいと思います。

昨年度小3だった長男は、担任の先生に「二大巨頭」と言われ、何が二大巨頭かは

よく分かりませんが、たぶん、授業中よくしゃべり、よく廊下に立たされ、忘れ物が多く、

机もロッカーもぐっちゃぐちゃということから、その名がついたと思われます。

そんな長男は、通知表のA,B,C評定で1,2年生の時には見なかったCもいくつかもらうようになりました。

そう、長男はギャング期を思いっきり満喫中だったんですが、母ちゃんは長男が1年生の時に

”太っ腹母ちゃんになる!” と決めたので、

そんなギャング期もできる限り、長男が自分で考え、自分で選択できるように見守ってきました。

 

 

3年3学期、長男は何か考えがあったのか、廊下に立たされることもなくなり、色んな場面で態度が変わり始めました。

そして3学期の通知表をもらった後、長男は担任の先生の所へ行き、「3学期頑張ったのに、どうして通知表が上がらなかったのか」、

と自分で直接質問したそうです。

すると、「三学期は一年間のまとめだから、三学期だけがんばっても通知表は変わらない。」と先生に言われ、帰って来ました。

しかし長男は、先生の言葉を聞いて、「4年生は最初から頑張ろ。」と言ったのでした。

 

 

そして今年度、4年生が始まりました。
長男は、しょっぱなからすごい勢いで飛ばしました。
4年生の担任の先生は勉強を面白く取り組ませるのがとても上手でした。
”ベリーグッド賞”なるものをいくつか集めると、給食のおかわり優先権や席替え優先権などを手にすることができたらしいのです。
そんなことと、「4年生は最初から頑張ろ」と思っていた長男の思惑が重なり、スタートダッシュは本当にすごかった。
毎日宿題以外に漢字の書き取りを何ページも書いていることもありました。
がしかし、そんな姿がず~っと続くはずもなく、だんだんその勢いは減速していきました。
そして母は、これが外的要因というものの成果なのか、と知ることになるのでした。

 

しかし宿題は帰ってすぐやることもあったし、「もう学校でやった」と言ってる時もありました。
朝、地べたに座り込んでやってる時もありましたが、自分のペースで勉強は取り組んでいるんだなと母は感じていました。

そんな1学期を見守りながら、夏休み、母ちゃんは「親と子の伝える技術」の著者である三谷さんの講座を受けました。

そして4年生になってがんばっているけれどなかなか成績につながらない長男について、質問をしました。

「テストが悪かったとき、親はどうしたらいいのでしょう。」

 

 

 

そこで三谷さんから頂いた言葉をヒントに、我が家でも2学期からテストの後に簡単な反省会をすることにしました。

質問することは簡単です。

「今回のテストは長男にとってどうだった?」

「なぜこの問題は間違えたの?」

「これからその反省を生かすにはどうしたらいいの?」

この3つです。

 

すると長男はその質問に答えます。

「今回は全体に合格者も少ない中、クラスで2番だったから大満足だ。」とか、

「今回は度忘れして、知ってったのに書けなかったから悔しい。もうちょっとで思い出せたのに…。」とか、

「今回は、時間がなくて確かめができなかった。だから今度はもう少し早くやって、確かめをしたい」

などなど。

 

点数に関わらず、長男が満足していることは一緒に喜び、悔しかったところは長男自身がなぜその問題を間違えたのかを自分で考え、

これからどう行動するのかを自分で考えられるように、母は質問をしました。

 

そして2学期のことです。
算数の時間に、割り算のひっ算を理解しているグループと、ひっ算をまだ習得できていない子の、
二つのグループに分かれて授業を進めることになりました。
ここで長男はまだ習得できていない子のグループに配属されました。
長男、たぶんここでまた、何か考えることがあったのでしょう。

ひっ算を習得していないクラスで、一人どんどんプリントを終わらせ、先へ進みひっ算を理解しているクラスの子達と同じプリントにすぐに追いついたのです。

 

 

そしてその後のテストで、だんだん長男の勉強に対する考え方や態度が変化してきました。

漢字コンクール、計算コンクール、これは合格するまで落ちたら何回でも繰り返すという、学校が取り組んでいる学期末の試験のようなものですが、

それにどちらも1回目で合格。

クラスで数番目、あとちょっとで100点というところまでやってきました。

そしてその他のテストもなかなかいい調子に仕上がるようになってきたのです。

そして時々、テストの前になると「母ちゃん、漢字テストやって」と、長男から言いにくる姿もみられるようになりました。

 

 

そんな時です。

調子に乗ってきた3学期、事件はそんな時に起きました。

友達の宿題を写させてもらっていたのが、先生にバレたのです。

それもこれまでに3回写させてもらっていたらしい。

みっちり担任の先生に絞られ、連絡帳に母ちゃんからも何か書くようにと言われ、母ちゃんは「これからは何のために宿題をやるのか自分で考えて、行動してください。」と書きました。

 

 

長男は力を入れて勉強するものと、手を抜いて適当に片付けるものを区別するようにんなったんです。

まっ、母ちゃんはそんなことも長男の成長の一つなのかなと思いピーチクガーチク言わず、相変わらず見守っております。

 

 

そして、先日、そんな長男からステキなお知らせが届きました。

「母ちゃん、百人一首全部覚えて、2回合格して名人になったよ!」

なんでも、全部先生の前で覚えて言うことができたら、シールが1個もらえて、2回合格すると名人になるらしい。

クラスでもまだ数人しかいないらしいが、長男はその名人になったらしいのです。

 

FullSizeRender(50)

 

振り返れば「百人一首なんて覚えんでもええ。」と父ちゃんに言われた日もありました。

ちゃんとファイルを片付けてなくてワンコにプリントを食べられ、自分で手書きで作ったこともありました。

 

FullSizeRender(48)

 

ホント~にこの1年、壁にぶつかって立ち上がり、転んで自分で考え、何かに気付き、また立ち上がり、失敗し、挫折し、成功するという試行錯誤を繰り返してきた長男。

 

 

そして今年度最後に掴んだ”名人”は、長男が自分の力で何かを成し遂げるということを経験できた素晴らしい機会だったと思います。

母ちゃんは、そんな長男が、誇りであり、自慢の息子で、大好きです。

 

 

そんなわけで、昨夜は長男のリクエストにより、家族みんなで百人一首をすることになりました!

 

FullSizeRender(51)

 

詠み人の父ちゃんが、何度も読み間違えて長男に言い方を直されていました ( ̄▽ ̄)”

わかるよ、父ちゃん。

父ちゃんが悪いんでない!

きっと母ちゃんが詠んでも一緒だべ。

 

 

今年も1年、母ちゃんは長男の試行錯誤や意思決定と実行の繰り返しを見守ることができたでしょうか。

来年度も、長男の問題は長男自身に考えてもらって、親は見守りと共感、褒めるところを褒めて一緒に成長していけたらなと思います。

でもきっと、これからもまた何度も転んで壁にぶつかりたんこぶもこさえるでしょうね。

それでも、失敗をして痛みを感じた分だけ、きっと長男は大きな人間になれると母ちゃんは信じています。

長男君、今年度も母ちゃんにいろんな経験をさせてくれてどうもありがとう。

 

あんたのおかげで、母ちゃん毎日楽しいわっ!

 

 

 

 


今日のメインディッシュ!

こんばんは。

今夜は最近我が家で人気急上昇のおかず、「やきとり」だい!

 

FullSizeRender(52)

 

めんどくちゃいから、串には刺しません!

野菜も一緒に焼いちゃいます。

本日のやきとりプレートと一緒に焼いたお野菜は、白ネギ、にんにくの芽、チンゲン菜。

うんうん、やきとりのたれと絡み合って最高じゃ!

もちろんやきとりのタレも自家製よん。

砂糖と、お酒と、醤油とみりん、すべて目っそです。

そして、副菜は、蕗の天ぷらに蕗の煮物、蕗の葉の味噌煮と、父ちゃんのきらいな蕗だらけ。

でもいいの。

父ちゃんのいない日に父ちゃんのきらいなもの三昧。

あ~ん♡

蕗の香りがたまりませ~ん

 


起業セミナーありがとうございました

こんばんは。

昨日一昨日と、連続で家を空け、セミナーのお仕事をさせて頂きました。

 

まずは日曜日、この日は朝からグリーンカレーを作り、掃除をしました。

 

FullSizeRender(47)

 

24時間の勤務明けに半日の残業を追加して帰って来る旦那はんに、快く午後からの少年達の面倒を見てもらうための、母ちゃんの作戦です。

いい雰囲気でタッチ交代を終え、午後からは気兼ねなく「せと・しごと塾」の起業セミナーへ

 

FullSizeRender(43)

 

せと・しごと塾のパネラーは何度かさせて頂いておりますが、実はこの大きな会場で務めさせていただくのは初めて。

緊張しましたが、「メモ書きもってっていいよ!」と言っていただいて、急に緊張感が溶けました。

 

FullSizeRender(44)

 

はい。

ありがたいことに、馬鹿笑いしているお写真をとっていただきました。

 

 

 

 

そして昨日は朝から家を空け、名古屋のウインクあいち18Fで女性起業家セミナーの講師を務めさせていただきました。

夕食が早めの我が家は、帰りは間に合わないので、旦那はんに夕食準備を頼みました。

できる時にできることをする。

旦那はんができる時は遠慮なくお願いする。

うんうん、だんだん我が家もいい関係ができてきたぞ ッ!

 

ということで、お家のことは安心して旦那はんに任せて、ちょうどこの日名古屋に来るという、

しごと塾7期生さんお二人と、ミッドナイトスクエアー???だっけ?素敵なビルで一緒にランチをしました。

 

FullSizeRender(45)

 

う~ん、美味しい!

久々に名古屋満喫した~!!

そして、ここで食べ過ぎた私、胸も腹もいっぱいな状態でこのままセミナーへ挑むことになりました。

 

 

女性セミナー、初めはものすごく緊張しましたが、ご一緒した講師の先生方の陽気で和やかなお話にどんどん引き込まれ、私も気づいたらめちゃくちゃしゃべってました。

女性ならではの起業のお話、子育てと仕事の両立の話、子どもが夢を持つには、なんて話も飛び交って、大変貴重な経験と時間を過ごさせていただきました。

 

最後は交流会までご参加された方だけになってしまいましたが、お写真をパチリッ!

 

FullSizeRender(46)

 

そして本日、朝起きてみると何人かの方からご感想のメールやメッセージをいただいていました。

本当にどうもありがとうございました。

 

二日間、ご一緒くださったみなさま、つたない話を聞いてくださったみなさま、講師の先生方並びに、スタッフのみなさま、本当にどうもありがとうございました。

 

 


今夜はおでん!

こんばんは。

今日は確定申告を終えて、久々にお昼から夕食の下ごしらえをしました。

今週末、来週の初めはセミナー講師などのお仕事のため、手の込んだ夕食は作れないという予想も含め、今夜は″おでん″!

 

FullSizeRender(41)

 

我が家は愛知県民なので、こんにゃくとゆで卵は甘めの赤みそを付けるんですよ~。

あったか~いしみしみのおでんは、やっぱりいいですね。

 

FullSizeRender(40)

 

そして、今日は特別デザートに、『RiruRiru』

さんの「ラムマロン」をいただきました。

瀬戸の隠れ家的大人のお菓子を作られている『RiruRiru』さん。

本当は教えたくないけど、めちゃくちゃ幸せな気持ちになれるお菓子を、月に数回とオーダーで作ってくれるお店です。

この「ラムマロン」お酒につけ込んだマロンがゴロンゴロン入ってて、たまりません!

大人のお菓子ですが、我が家の少年達も大ファンで、今夜もみんなで幸せを分け合っていただきました。

『RiruRiru』さん、どうもごちそうさまでした。

 


春ですね!

こんばんは。

まだまだ北風さんがぴゅ~ぴゅ~吹いておりますが、先日ワンコのお散歩中、春を見つけました。

 

FullSizeRender(38)

 

枯れ葉をかき分けグングン伸びて、花を咲かせたタンポポさん。

 

FullSizeRender(37)

 

小さくても、キレイな青を際立たせ、凛としているオオイヌノフグリさん。

 

FullSizeRender(39)

 

寒さに負けず、真っ赤な衣装で元気をくれるテントウムシさん。

 

どれも私に元気と春の訪れを感じさせてくれた、小さな小さな命たち。

もうすぐですね。

あたたかい日が待ち遠しいです。


合宿の支度は長男にお任せ!

こんばんは。

先週の土日、我が家の長男は野球部の合宿へ行ってきました。

本当は夏休みに合宿に行く予定だったのですが、台風直撃で延期。

いろいろ日程調整をされて2月に行くことになりました。

2月はインフルエンザやらなんやら、体調を崩す子も多いということで、4年生は半分くらいの子が合宿は辞退したようですが、我が家はいつもの通り、「どうするかは自分で決めてね。」ということで、長男が参加することを決めました。

合宿へ行くからには荷物の支度ももちろん自分でお願いねっ!

ということで、長男プリント見ながらせっせと荷物を詰めておりました。

 

FullSizeRender(36)

 

母ちゃんは、頼まれてもいないし、「〇〇がない!」とも言われていないので、今回は中身を確認する気もありませんでした。

が、長男が多少不安だったのか、話しかけてきました。

「母ちゃん、パジャマを2セット、パンツを3枚、トレーナーを3枚、 ……… 持ったよ。

いいよね?」

その数は、1泊の合宿とは思えないほど全体的にちょっと多めの荷物だったのですが、あの「忘れても何とかなるって!」の長男にしては珍しく、困らないようにと用意した量なのだなぁと、その変化に母はちょっと感心していました。

「うん。いいんじゃない?!」と言いつつ、密かに長男の成長をワクワク見つめる母でした。


三つ子の raindrop!

こんばんは。

実はここのところ体調を崩しがちだったのですが、徐々に徐々に復活してまいりましたので今日はブログを連投です!

今日ご紹介するのは、愛知県にお嫁入りします、ペンダントランプ『 raindrop』の三つ子ちゃん。

 

IMG_6209

 

『 raindrop ピンク、柿色、ライム』の三つがそろってお嫁入りします。

この三つ子ちゃん、並んでキッチンでご使用いただけるそうで、今から私もとっても楽しみです。

取り付けられた様子も、是非見てみたいですね!

 


ポテトを分ける!

こんばんは。

先日の土曜日のこと、母ちゃんはステンドグラス教室に、父ちゃんと少年二人はラグビーに行きました。

たまのことですが、この日はラグビーの帰りにマックに寄ってお昼ご飯を買ってきました。

ハンバーガーはそれぞれに、ポテトはなんか新しいやつが一つと、いつものLサイズがひとつ。

新しいポテトは、我が家の少年達には不評で、いつものポテトLを二人で分けることになりました。

 

父ちゃん、「じゃあ、このポテトは二人で分けやあ。」

長男、「うん!よしわかった。1、2、…」

父ちゃん、「そんな分け方じゃなくってさ~…」

と言ってポテトを触った瞬間、母ちゃんが父ちゃんの動きを制止する。

 

「ちょっと待った!!そこ、大人が口出すところじゃないから。父ちゃん我慢。」

 

すると長男が、「わかった!いい方法があるよ。」

と言って、新しいポテトの入れ物の蓋と底を使ってポテトを半分に分け出しました。

 

FullSizeRender(35)

 

そして、その後量りを持ってきて両方のポテトの重さを量りだしました。

「おお~!」という父ちゃん。

すると次男が長男にちょっかいをかけました。

「お兄ちゃんの方が多いんじゃない?!」

長男、「うん、本当にちょっとね。」

次男、「じゃあ交換して。」

長男、「いいよ~。本当にちょっとしか変わらんから。

あっ、だけど…。

そっかー!!入れ物の重さも量ればよかったな~。

どっちが重かったかな~?

まっ、いっか~!」

と言ってポテトを食べだしました。

 

どこのお家でもよくある光景。

だけどもし、大人が分けちゃったら、色んなこと気が付かずに過ぎて行っちゃうんだな~。

父ちゃんにも、何か気付きがあるといいのだけど、大人はなかなか難しい。

もうこの子育て戦争、10年してきてもなかなか変わらないっ!

がしかし、諦めたら負けじゃ。

我が家の母ちゃんはしつこいのじゃ!!


き業展ありがとうございました!

こんばんは。

お礼が遅くなりましたが、先週末の多治見ビジネスフェア『き業展』にて、Nijiiro Lamp ブースへお立ち寄りくださったみなさま、本当にどうもありがとうございました。

Nijiiro Lamp としては初めてのビジネスフェア、準備から、設営、懇親会、搬出と色んなことがあった2日間でしたが、本当にたくさんの経験を得ることがきました。

まずは初日、ビジネスマンが多い中たくさんの社会見学の高校生さんが、代わる代わる名刺交換と様々な質問や商品に関する感想をぶつけに来てくれました。

 

FullSizeRender(34)

 

ブログへの投稿も快く許可してくださって、思いっきりカメラ目線のお写真、頂きました!

驚いたのは、男子高校生にも Nijiiro Lamp のランプが受け入れられるということ。

どこのどういうところがいいのかとか、デザイン科の生徒さん方の声を色々伺うことが出来ました。

 

FullSizeRender(33)

 

はい、そして家具のデザインなんかを勉強しているという女子高生の方々にも色々ご質問頂きました。

ミツバチちゃん、カラフルちゃんは女子高生や小中学生の女の子にも悲鳴をあげて「カワイイ~」と言っていただきましたよ!

最近、女子高生とお話しする機会があまりないおばさんは、嬉しくって照れまくりです(#^^#)

 

さて、実はこのビジネスフェアには夜の部もあってですね、それが絶対参加が義務の親睦会です。

 

FullSizeRender(31)

 

およそ130社近くの会社スタッフさんや、代表の方から多治見市長さんまでおよそ150人近くの方がいたでしょうか。

しかも、ほとんどの方がビジネススーツに身を包む中、私、寒さに負けじとごっついセーターにロングスカート、毛糸のタイツまで履いてホッカイロ2個腰に入れて、出かけて行っちゃっいましたよ。

で、この130社近くの中から5社が選ばれて1分スピーチをするそうなんですが、なんと、その中の1社に選ばれてしまいました。

はい…、ちょっと緊張して途中頭真っ白になっちゃいましたが、ちゃんと Nijiiro Lamp 事業内容アピールしてきました。

 

そして二日目もお知り合いの方や懐かしい方、昔お世話になった方など、ブースへ寄って下さりました。

 

FullSizeRender(32)

 

二日間、みなさんどうもありがとうございました。